シーバスルアー釣りの始め方/揃える道具から釣り場の選び方まで

シーバスのルアー釣りは最近になって注目されているルアーフィッシングの一つです。都会の真ん中にいながら50cmを超える大型魚を狙え、かつ、自分の狙いにシーバスがかかるかどうかのやり取りが最高に面白い!

でも何から始めていいのかわからないという方も多いはず。今回はそんなシーバスルアー釣りの魅力と、釣りの始め方を解説します!

スポンサーリンク

シーバスルアー釣り入門

シーバスとは

シーバス(Seabass)とは鱸(スズキ)のことです。日本近海に生息し、春夏秋冬釣ることができます。突き出た下あごと鋭いヒレが特徴で、性格は獰猛。成魚はサメなどを除けば日本近海では生態系の頂点に位置する存在です。

シーバスは出世魚で、30cmまでをセイゴ、60cmまでをフッコ、それ以上をスズキといいます。

釣り人は60cmを釣ると「シーバス釣った!」といい、60cm以上になると「スズキ釣った!」と言うとか言わないとか…。

知能も警戒心もかなり高いことで有名ですが、どう猛でなんにでも口を使うこと、遊泳が得意で引き方が尋常じゃないほどに強いことから、釣り人の間では人気の魚です。

食べてもうまい

スズキは食べてもおいしい魚です。旬の時期以外は安く売られるそうですが、私は一番好きです。白身に脂がのっていてほんのり甘い味がします。刺身はもちろん、フライやアクアパッツァなどにしてもおいしい魚です。

ただ、ルアー釣りの場合、釣ることが目的化している人が多く、リリース(逃がす)人も多いです。東京湾奥の汚染された水に居着いている個体は黒くにおいが気になるといわれています。

スポンサーリンク

シーバス釣りの魅力

都会でも30cm以上の大型魚が狙える

シーバスは運河や河川にも生息しています。アクセスのいい都会を流れる多摩川や荒川などにも生息しているので、都会のど真ん中で数十分で30cm以上の大きな個体を狙えるのが魅力の一つ。エサ釣りでは20cm未満のアジやイワシなどを釣るという印象を持つ方からすると、これはとても驚きですよね。

引きが強く、興奮する

シーバスはフィッシュイーターと呼ばれる、ほかの魚(ベイトフィッシュ)を捕食する生き物です。そのため、遊泳力が非常に高く、かかったときのファイト(魚とのやり取り)はとてもスリリング。特に引きが大変強く60mを超えるものになると大人の男性でも取り込むのに一苦労です。

再現性が高くゲームとして楽しめる

ルアー釣りは釣り方に一定のセオリーがあり、1回釣れたパターンをやり直すと再度釣ることができることがあります。したがって、「たまたま」釣れた、ということではなく「狙って釣る」ことが可能です。

これは、『エサを垂らして待っているだけ』という一般的な釣りのイメージからはかけ離れています。しかし、これこそがシーバス釣りの人気の理由の一つ。自分の狙った通りにシーバスが釣れた時の喜びは、単純に釣れた時よりも大きいです。

スポンサーリンク

シーバスルアー釣りの始め方

シーバスルアー釣りの始め方を簡単にご説明します。詳細はそれぞれ関連リンクから見られます。

シーバスルアー釣りの場合のタックル

シーバスルアーのタックルは上記の通りです。詳しくは下記記事もご覧ください。シーバスロッドの下の数値は長さ(慣例に沿ってフィート単位)、ラインとショックリーダーの「号」は太さ。「フロロ」「PE」というのはラインの材質のことです。

初心者が選ぶべきルアーとその理由

シーバスの道具を揃えるにあたり、一番迷うのはルアーです。種類も豊富で、何を選べばよいかわからなくなるからです。

初心者に断然オススメなのはワームです。実はシーバスは海をぐるぐる回る「回遊性」の個体と一定の個所にとどまる「居着き」の個体との2種類に分けられるのですが、初心者は回遊性を狙うほうが簡単です。なぜなら、居着きの場合、シーバスの居場所を推測し、ルアーチョイス&コントロールを同時にする必要があるからです。

でも、それじゃいつまでたっても、居着きの個体を仕留められないのでは?

そんなことはありません。回遊性のシーバスであっても、狙うレンジ(水深)を考えたり、使用ルアーの色を考えたりする必要があります。かかったときのファイトの仕方も練習できます。最初から居着きを狙って1年間ボウズだった…となるよりまずは1匹釣り上げる方がより学びになるのです。

初心者がまず最初に選ぶべきルアーついては下記の記事もご覧ください。

初心者が行くべき場所

魚は人間がいけなさそうな場所(入り組んだ磯や沖など)によくいますが、初心者はとりあえず足場のよい場所に行くべきです。なぜなら、ルアーコントロールもおぼつかないうちは、釣ることよりもキャストやコントロールの仕方を覚えるべきだからです。

最近、初心者の人と釣りに行って感じたのは、初心者はキャストがとても下手だということ。当然ですね。キャストがダメだと見ていて全く釣れる気がしませんでした。したがって、いろいろなテクニックの前に、まずは自分の狙った場所の近くにルアーを届かせることができるようになることが最も大事です。

とはいえ、海釣り公園などは人が多すぎてルアーを投げられません。平日や夜間など人のいない時間に立ち入ることのできる広い岸壁などを探してみましょう。詳しい探し方やオススメポイントについては以下をご覧ください。

スポンサーリンク

シーバスルアー釣りの「コツ」

シーバスルアー釣りは通いこんで練習をすることが大切ですが、ただやみくもに通いこんでも釣れるものではありません。最後に、釣れるようになるための「コツ」をお伝えします。

シーバスに限らずルアーは「狙って」釣る

先ほどもお伝えした通り、ルアー釣りは「狙う釣り」です。ただやみくもにルアーを投げ続けるのではなく、今そのルアーを選んだ理由と、それをそこに投げる理由を1回ずつ明らかにすることが重要です。

例えばあの障害物の壁には弱った魚が迷い込むポイントになっているからシーバスは必ず狙っているはずだ、濁りが強いからナチュラルカラーよりド派手なカラーだなど。

いくつかパターンを覚えれば、食いが立つときなどはかなりの確度で釣ることができるようになります。ただ投げるのではなく、考えて投げる、これを徹底することです。

狙うべくは「変化」のあるところ

では、どこを狙えばよいのか? ということですが、実はいろいろなパターンがあります。ただ、共通するキーワードがあります。それは「変化」のあるところです。

例えば水流の速さが変わる場所、海流と海流がぶつかる場所、水中と地面のぶつかる場所(つまり岩場の周りや橋脚、テトラポッド、水底、岸壁際(ヘチ)までも!)などです。

どうしてかというと、変化のある所は酸素濃度が高く、魚の活性が高かったり、シーバスが捕食するベイトフィッシュが逃げ込むポイント、もしくは遊泳力のないベイトフィッシュが流れ込んでくる場所だったりするからです。

海の観察力とシーバスの知識がものをいう

これらを徹底するためには海(川)をより注意深く観察する力が必要になります。釣りをしたことのない人としたことのある人では水面の見え方が全く違います。

潮目がある、あそこは流れがヨレている、水の色がいつもより赤系だ、あそこは深そうだ、波が立っているから●●だ…など

それに加え、シーバスの生態や習性を把握することも必要です。プロのシーバサーである小沼正弥さんは「シーバスは自分よりも上にあるものを捕食する傾向にある(だからワームはティップを立てて上向きにしたほうが良い)」とおっしゃっておりますが、これはどの図鑑にも載っていない知識です。

プロになるとより専門性の高い知識が求められますが、アマチュアの私たちであっても、図鑑レベルシーバスの生態や習性でも、それを知ることで、どんな釣り方をすればよいか見えてくることがあります

海(川)の観察力とシーバスの知識、ぜひ、つけてみてください。

スポンサーリンク

通いこんでこそうまくなる!自然相手の壮大なゲーム

なんだかんだ申し上げましたが、シーバス釣りは何度も通いこむことでうまくなります。なぜなら、行くたびにキャストなどの釣り技術も向上しますし、得た知識を実践に移せるからです(前提に、再現度の高いシーバス釣りの特性があります)。

まさに自然相手の壮大なゲーム。本記事での知識も活用し、ぜひ最初の一匹をとらえてください!

コメント