【夜釣り】シーバスのナイトゲームの釣り方のポイント

シーバスはナイトゲームの方が簡単という人がいますが、逆に、ナイトのほうが難しく感じる人もいます。

ナイトでは、デイゲーム以上にポイントチョイスとリトリーブ速度が重要になってきますが、デイに慣れている人だとなかなかそれが実感できない人もいるんですよね。

実を言うと、この私がそれです。

そんなナイトゲーム苦手マンだからわかる、ナイトゲームで陥りがちな釣りの注意点と釣るための方法をご紹介します。

なお、安全な夜釣りにおける注意点に関してはこちら。

スポンサーリンク

1にも2にも場所チョイス

全く個人的な感想ですが、シーバス釣りのデイゲームは選ぶルアーとレンジの問題なら、ナイトゲームはポイントチョイスの問題だなと感じています。

デイゲームであればバイブレーションやワームなどアピール力の強いルアーを投げて回遊しているシーバスに発見してもらうという釣り方が可能ですが、ナイトではそれはほぼ見込めません。

それよりも、「ここに居そうだな」という場所にルアーを通す意識がデイゲーム以上に重要になってきます。

明暗部の暗部にいる!

ナイトゲームでは、広々した港湾よりも、河川や運河をおすすめします。

なぜなら、シーバスがいるストラクチャーや明暗部がわかりやすいからです。

当たり前ですがシーバスは暗くてルアーが見えないという点があります。一方、シーバスは泳ぎが下手で暗い中で激しい動きをするルアーにはついていけません。

そこで明確にココ!と思える場所にダイレクトにルアーを流す必要があります。

それの第1候補が明暗部になります。

本当は潮目や流れの変化のあるところ、なども含まれますが、夜だと見えませんし、「流れのヨレ」というのも抽象的で具体的にどのようなものを指すのか、初心者には難しいですよね。

だから明確に変化のわかる明暗をまずは狙います。特に暗い部分には必ずと言っていいほどいますので、適切なルアー操作があればかなりの確率で釣り上げることができます。

>>>>ナイトゲームでの適切なルアーのリトリーブ速度についてはこちら

おすすめは河川や運河。東京であれば隅田川や荒川、旧江戸川など、好ポイントがたくさんありますので調べてみてください。

>>>>隅田川についてはこちら

個人的には多摩川は探れる橋脚が六郷橋くらいしかないので初心者であればもう少し東京都の奥にある川に行かれることを推奨します…。

まずはベイトの多い橋脚下を狙うべき

河川は河川でも明暗のかなりはっきりした背の低めの橋脚下をまずは探してください。

ここまでははっきりしているのが理想ですがそうでなくても◎です

水面を見て、ベイト(小魚)がいればなおよしです。まずはそこの暗いエリアに必ずいると考えましょう。

そこにレンジの違うルアーを二種類、アップクロス(上流側に投げて下流に引いて行く)をすると結構な確率でヒットします。

まずは暗部の「暗いエリア」を探ろう

シーバスに「明るいところから迷い込んできた小魚」に見えるようイメージしてルアーを流します。

有名なナチュラルドリフト(ルアーを河川の自然な流れに任せて流す方法)がベストですが、できない人はタダ巻きでも構いません。河川の流れより少し速さで流していきます。

>>>>ナイトゲームでの適切なルアーのリトリーブ速度についてはこちら

シーバスは暗いところに潜んでいて、明るいところを泳いでいるベイトを捕食するため、明暗の「境目」にルアーを通すと釣れる、とよく言われます。でもルアーがどこを泳いでいるかなんて初心者は見分けられないと思います。

だから、自分のルアーの居場所の感覚がつかめるまでは、上流に投げた後、自分自身が橋の下まで静かに移動して巻くことで、ルアーを暗部に通すというやり方でもいいと思います。

明暗での釣りイラスト
イメージ

流れの変化や明暗があれば広いところでも

都市部の河川は同時にスレている個体が多いというのも難しいところ。

そのため、流れの変化や明暗がはっきりしているようなところであれば広いところでも◎です。例えば東扇島西公園城ヶ島など。

シンキングペンシルなど、引き抵抗の弱いルアーを使って引いてみてみると、巻き心地が軽くなったり重くなったりする点があります。そこが「流れの変化」のある場所です。

そういった場所にもシーバスはよくいます。明暗部などのわかりやすいストラクチャーは先行者がよくいますので、埋まっている場合には身につけておきたい技です。

リトリーブ速度の3つの誤解

ナイトゲームでよく指摘されるのはリトリーブ(ルアーの巻き速度)です。ですが、速度の目安はブログや動画で言われている通りにすると陥ってしまう3つの重大な誤解があります。

1 巻きが速すぎる

多くの人は「速く巻きすぎ」と言われています。1秒にリールのハンドル3~4回も巻いてルアーをブリブリさせないと気が済まない人がたくさんいますが、それだとシーバスは食ってきません。

夜はルアーの「巻き感」がなくても大丈夫です。むしろそれが最も良い状態と言われます。

それだとアピール力が弱くて釣れないと思われますが、大丈夫です。だから明暗を通すのです。

昼間のように速く巻きすぎているなと感じた人は遅くする努力をしましょう。巻き速度については後述します。

2 巻きが遅すぎる

1をいうサイトはたくさんあるのですが2がなかなかないんですよね。

ルアーがほぼ止まっていると思われるくらいゆっくり巻く(いわゆる「デッドリトリーブ」)…と書いてあるサイトもたくさんあります。

しかし、それは真冬の本当に厳しい時などで流れがほとんどないような特殊な条件下に限られます。

流れのある所でそれをやると糸だけバンバン流されてどこかに引っかかったり、傷ついたりします。

シンキングタイプのルアーなら水中に落下して根掛かりします。

どんな時もルアーをコントロールできる程度(ある程度のラインの張り)の巻き速度は必要になります。リールを巻かないということはありえません。

3 巻き速度は流速に合わせる

では、いったい何回転させればいいの? と疑問に思いますが、流速に合わせるため、一律に何巻きとは言えません。有名な「1秒間にリールのハンドル1回転」というのは流速ゼロの場合と思っておいてください。

例えば流速1m/秒の川でアップクロス(上流に投げる)の場合、1秒間にリールのハンドル1回転では、川の流れの方が速いため、ルアーは放置された状態になり、ルアー本来の動きが出ず釣れません。

この場合はたとえ夜でも1秒間に1回以上、2回転や3回転というのもあり得ます。

ルアーによって流速より遅くする技や必要性などもありますが、初心者のうちは基本的には流速に対して少し速い程度がオールラウンドでよく釣れます。

是非そのフィールドでの「流れ」を把握することを最優先にしてください。

詳しくは下記の記事もご覧ください。

流れの把握の仕方

風が反対に吹いていると水面を見るだけでは水流の向きすら見誤ることがあります。

流れは、他に浮いているゴミなどの漂流物を眺め、どのくらいの速度でどちらに流れているかで確認できます

漂流物がない場合、フローティングルアーを浮かべてみて(もちろんタックルにつけてですよ!)確認するのも手です。

ナイトゲームは明暗を探すのと、流れを把握することがまず第一に大切です。

スポンサーリンク

ナイトゲームで選ぶルアー

ミノーとシンペンを基本に

ナイトはデイよりスローで巻くことが多いのと激しい動きでは釣れることが少ないため、バイブレーションなどよりはミノーやシンペンなどのほうが向いています。

場合によってはほかのルアーを使うことがありますが、初心者ならまずミノーでよいのではと思います。

その日の場所やパターンによって選ぶべきルアーは異なりますから絶対に釣れるルアーは選べません(デイならVJと答えるけど)。

ただ、どうしても選ばないと殺されるくらいの状況なら、間違いなく次の2種類を選びます。

上記2種類はまず、飛距離が大変に素晴らしいのと、使いやすいという点。

スイッチヒッターは固定重心(ルアーの中にバランスを変えるタマが入ってない)ですし、サイレントアサシンはそのタマを磁石で自動的に制御してくれるARーCという機能が入っています。

このため、着水後こざかしいテクニック不要でタダ巻きで釣れるのです(いわゆる「立ち上がりが良い」)。そしてスイムアクションもシーバスが好きだけど、強調しすぎない奥ゆかしさもあり、どのパターンに強いというよりは、オールランドでいつでも持っておきたいルアーという感じ。

ただし、真冬やバチパターンなど極端な環境ではさすがにこのルアーでも通用しない時がありますので、やはりパターンに合わせたルアーチョイスは重要です。

>>>>バチパターンの釣り方についてはコチラ

>>>>ルアーのもっと詳しい選び方はコチラ

「変化」の探索力とルアーコントロールが求められる

ピンポイントで狙うために、シーバスがいそうな「変化」を探る力がデイゲーム以上に求められます。

先ほど申し上げたように、ルアーの引き抵抗の違いで感じ取ったり、昼間のうちにストラクチャーや深さなどを把握しておくのもコツです。

ルアーも、落としたいところに落とせるキャスト力はもちろんのこと、ドリフトと言ってルアーを流れにのせてシーバスのいるところに届かせる手法を使うために、流れを把握して水の流れやラインの流れを利用してルアーを流す技術も必要になります。

不器用な私はこれが苦手で…

これらはデイゲームのときの釣れない時間帯等に練習するとよいですよ。

ナイトでもワームは大活躍

デイでもナイトでも、ワームは必ず持っていったほうがいいです。ワームは柔らかく、リアルなベイトフィッシュに最も似ています。デイでもナイトでも、あらゆるパターンに広く対応できます。

隅田川で釣れたシーバス
ナイトでワームで釣れたシーバス

ワームはレンジ(水中での泳ぐ深さ)を自由に調整できるのが良いところ。ボトムや中層を攻めたい場合に大いに活用できます。

レンジはジグヘッドの重さで調整します。季節にもよりますが5g~15gくらいまでの重さのジグヘッドを3~5gずつ重さを変えて持っていくとよいです。

夜釣りで選んでおきたいカラー

夜に釣れるとされる王道カラーは、チャート(蛍光色)、ブラックパール(真珠みたいな白に透明の加工がされているやつ)、コットンキャンディ(レインボー)、レッドヘッド(頭が赤で胴体がパール)などです。

チャート
チャート色のルアー

基本は前述した通り、そのフィールドのパターンに合わせた色にしますが、釣れやすい色であることは間違いないので迷ったら上記の色にしてみましょう。

スポンサーリンク

通いこめるかどうかが分水嶺(のような気がする)

人間は外界の情報の80%を視覚から得ているといいます。そのため、夜は暗いので水流の変化などが昼間以上になかなかわかりづらいです。

もっともよいのは、そのフィールドに通いこむこと。そうすると、どの場所にどんなストラクチャーがあり、どこに水流の変化ができやすいかなどを把握しやすくなります。危険な場所なども把握できるようになり、安全性も高まります。

ナイトゲームであれば平日などでも仕事終わりにも通えます。最近では職場にも持って行けるほどコンパクトなパックロッドもありますので、装備を揃えてぜひ何度も通いこんでみてください。