【夜釣り】シーバスのナイトゲームの釣り方のポイント

シーバスはナイトゲームの方が簡単という人がいますが、逆に、ナイトのほうが難しく感じる人もいます。

実を言うと、この私がそれです。

そんなナイトゲーム苦手マンだからわかる、ナイトゲームで陥りがちな釣りの注意点と釣るための方法をご紹介します。

なお、安全な夜釣りにおける注意点に関してはこちら。

スポンサーリンク

デイとナイトは「違う釣り」

私は仕事の関係でシーバス釣りは必然的にデイゲームが多いのですが、デイはVJを知ってから、苦手意識がなくなりました。

>>>>デイゲームではVJを投げていれば釣れる?詳しくはこちら

ワームやバイブなど、ハイアピールルアーを投げて「魚に気づいてもらう」という偶然釣れる」確率がデイはナイトより高いです。もちろん潮目や流れの変化など、狙っている上級者と比べると釣果は段違いに下がりますが、回遊が多い日は入れ食い状態もあり得ます。

一方で、ナイトゲームは暗いために早巻きでアピールするタイプのルアーが使えず、デイのように「魚にルアーを見つけてもらう」という釣りができません。

六郷橋ナイトゲーム
これは比較的明るい方

しかし、デイで脳死状態でルアーを投げるクセがついてしまうと、なかなか「ナイトの釣り」に釣り方を変えられず、毎回一回もアタリなく終わる‥‥そんなことにもなりかねません。

もし、私のようにデイの「悪い癖」がついている方は、同じシーバス釣りでも、デイとナイトでは全く違う釣りという認識を持つことが大事です。

そのうえで、ナイトゲームではどのように釣ればよいのかを考えていきましょう。

ナイトゲームでは何が違うのか

上述したように、ナイトゲームはルアーのアピール力に依存した釣り方ができません。そうではなく、「あそこに潜んでいそうだなぁ」という場所を判定し、そこにルアーを流し込んで釣ります。

このためには、「あそこ」を明確に予測できるシーバスのサーチ力と、「あそこ」に的確にルアーを投げ入れるキャスト力が必要になります。

キャスト力

サーチ力のまえに、先にキャスト力について。

キャスト力は本当に大事です。それはデイ以上に「シーバスのいる範囲」が狭いから。橋脚付近も数m単位で着水エリアを変えないといけない場面があります。

それに加え、ミスキャストは事故にもつながる恐れがあるというのも理由の1つ。実際に人にルアーがぶつかってトラブルになり、釣り禁止になる場所が実際に出ています。

(ちなみに人が通っているときはキャスト力に自信があっても投げるの禁止です)

人に当たらなくても、公共物に引っ掛かればルアーロストするだけでなく、その施設への迷惑にもなります。そういった実際上の懸念からもキャスト力向上は急務です。

スポンサーリンク

どこを狙えばシーバスはいるのか?

それでは、シーバスはどこにいるのでしょう? これは、多少シーバス釣りをしたことある人なら知っていることですが、改めて、どんな場所でどんな釣り方をしたらよいのかお伝えします。

ナイトのシーバスを狙う場所
  • 橋(上流・下流どちらも)
  • ボイル
  • 潮目と流れ・水質の変化

とにかく橋!橋!橋!

橋の間際を狙いましょうとはよく言われることですが、これは本当です

橋付近が釣れるのは

  1. 橋脚によって流れが複雑になっている
  2. 橋げたによって明暗がはっきり出ている
  3. 橋脚そのものがストラクチャーになっている

という3つの理由が主になります。そのため、釣り場に着いたらまずは橋に人がいないかチェックし、いなかったら迷わず入ってください

ナイトゲームは場所取りが本当に大事

ナイトゲーム初心者の活路は橋にあります。それくらい、橋を攻めることは大事です。

橋の攻め方

橋はよく「上流側に立って明暗の境目を攻める」といわれます。ルアーを流れに乗せて(ドリフト)ちょうど暗くなる部分に潜むシーバスのところにルアーを通すのです。

確かにこれが一番釣れます。ですからまず、橋を見たら上流サイドに立ちましょう(下記画像でいえばAです)。

橋の上流か下流か

ドリフトは難しいので、最初はタダ巻きでもいいと思います。厳寒期でもない限り、タダ巻きでも確率は高めです。基本はアップクロス(上流(画像で言う左側))に投げて巻いてくる感じ。

ただ、この上流サイドに固執してしまうのはとてももったいないです。

なぜならこのやり方は上記の『2)橋げたによって明暗がはっきり出ている』ところを狙っているにすぎないからです。シーバスは明暗部の暗部以外にも橋脚部や橋の後半の流れのヨレにも潜んでいます。

したがって、上流部に投げて釣れないとか、先行者がいたからと言って落胆する必要はありません。次は下流部(画像で言うところのB)に移動して投げてみましょう。

橋の上流か下流か
再掲

下流部の場合、暗部→明部にルアーを通すのもアリですが、橋脚から10~20m離れている地点でも橋脚にぶつかった流れがまだ乱れていますので可能性は十分にあります。むしろ、橋脚前後は大量の釣り人によって叩かれて、下流のそうした部分にシーバスが避難している可能性もあります。

ボイルに備えて万全の準備を

暖かい時期やバチ抜けの時期などはシーバスがベイトフィッシュ(やバチ)を追い回して水面をバシャー!とやる「ボイル」が起こることがあります。

ボイルが起こったら、投げているルアーを急いで回収し、ボイルが起こった海面にルアーを投げましょう。

注意すべきは、ルアーはボイルが起こったところではなく、ボイルの先十数メートルに着水させること。ダイレクトに投げ込むと逆に逃げてしまいます。

そうすると、ボイルが起こったあたりでガツーン!とくることがあります。

これをやるには常に集中して水面を観察しておく必要があります。ぼーっとしていると、それがボイルなのか、ただのボラジャンプなのか、見分けがつかないことがあるからです。

ボラジャンプ
ボラジャンプ

それに、水面は目印がないので、どこでボイルしたかもわかりづらいです。正直私も、投げてから「あれ?もうちょっと奥だったかな?」と迷うときもあります。

潮目が見えないナイトゲームでは、ストラクチャーや明暗以外でシーバスの場所がわかるのはとても貴重なことですから、そんな機会を逃さないようにしたいものです。

潮目や流れ・水質の変化は「巻き感」の違いで感じ取る

橋も明暗も取られ、ボイルもない…そんなときは流れや水質の違いが交差するところ(境目)を攻めましょう。

デイなら潮目という形ではっきり見えますが、夜間は難しいですよね。

そんな場合はルアーの「巻き感」で判断します。

例えば流れに対してアップクロス(上流)に投げた場合、流れの速いところは巻き抵抗が少ないですが、流れの遅いところに入ると巻き抵抗は強くなります。

中川の平井大橋

同じように水質…塩分濃度など、密度が濃いと抵抗は強くなり、薄いと弱くなります。潮目は主に流れや塩分濃度の違いで出るため、そこが潮目の境目と同義です。

これは集中していないとわかりませんので、ロッドはできるだけ感度のよいものにし、リールも巻き抵抗の少ないものにしておく必要があります。

>>>巻き抵抗の少ない初心者用シーバスリールはこちら

ルアーはリップがついているものよりはシンキングペンシルなどの水流に対してスムーズに泳ぐルアーが良いでしょう。

ちなみに同じシンペンでも水質感知に関してはスラローム系ルアーやスイッチヒッターなどはアクションが大きめだったり重かったりするので、ワンダーなどのルアーの方がおすすめ。

ワンダーは「釣れるシンペン」として、かなり人気の高いルアーでもあります。

ただ、正直これはめちゃくちゃ難しいので、慣れてくるまでは橋やボイルを優先的に狙いましょう。

スポンサーリンク

しつこくルアーチェンジ/ポイント移動

ナイトゲームの成功率を高めるのは「こだわりを捨てること」です。

デイならば、しつこくルアーを投げていればシーバスが回ってきてバイトする…ということはありますが、ナイトではほぼ見込めません。今挙げたいくつかのポイントで反応がなければすぐにルアーかポイントを変える(ラン&ガン)…そういう姿勢が大事です。

ルアーチェンジのタイミング

ルアーを変えるかポイントを変えるかは迷うところです。平均的には2~3個ルアーを変えて反応なければ私は移動しますが、よく釣れるような場所であれば多少は粘ります。

その日のパターンに合ったルアーをいくつか見繕い、色と形でローテーションをします。

>>>>パターンに合わせたルアーの選び方についてはこちら

私は色より形を重視することが多いですが、逆の人もいます。例えば秋ならば、イナッコパターンなのでチャートかパール系の色で固定し、大きいルアーのワスプスラロームと小さめのコスケ85Fを使い、汎用性の高いスイッチヒッターに変える…というのが最近はやりのローテです。

ポイントチェンジのタイミングとコツ

激戦区のポイントにはいるとどうしても移動したくなくなりますが、それこそが罠です(笑)

ルアーをいくつか変えても釣れないのに何時間いても効率的ではありません。見切って他に行く勇気が釣果を左右します。

また、ラン&ガンにいたっては、ランガンしやすい釣り場をチョイスするのもポイントです。

例えば狭いところや海釣り公園などは人が多すぎてなかなかランガンは難しいです。比較的ランガンしやすい河川でも、多摩川や荒川の場合、浅かったり草木が茂って入れなかったりと、入れるエリアが少ない場合もありますので注意が必要です。

事前にそういった点まで調べたり、明るい時間に何回か訪れてみるのもよいでしょう。

>>>>ラン・ガンにおすすめの鶴見川

>>>>ラン・ガンにおすすめの隅田川

スポンサーリンク

「変化」のランガン攻めが功を奏す

いろいろと語ってしまいましたが、ナイトゲームはストラクチャーや潮目などの「変化」にルアーを通し、反応が無かったらすぐ次に移動するという「変化のランガン攻め」がもっとも釣果を上げてくれると思います。

慣れてくると、いることはわかっているけどルアーの通し方が悪いのか…?といろいろと応用を利かせられるようになると思いますが、慣れるまではこの方針で言った方がよいでしょう。

したがって、夜は身軽な格好で靴もスニーカーなどを履いて移動しやすくしましょう。