シーバス釣りの「リール」の選び方

daiwaリールのフリームス

シーバス釣りでロッドとともに必要なタックルにリールがあります。

リールは多くの種類があり、LT2500S-XHなど、表示も複雑で迷いますよね。でもシーバス釣りに合わないものを買ってしまうと糸が巻ききれなかったりとトラブルにもなります。

ここでは、初めてリール選びをする方が失敗しないようにどのような予算感で、どのような基準でリールを選べばよいのかを解説します。

スポンサーリンク

スピニングかベイトか

リールの種類はスピニングリールとベイトリール、2つあります。

スピニングリールとベイトリール
スピニングリールとベイトリール

上記写真の左側がスピニングリール、右側がベイトリールです。それぞれ取り付けるロッドが違うため自分が持っているロッドと違うリールを買わないよう注意が必要です。

初心者はスピニングがおすすめ。ベイトリールは巻きつけの時、糸が巻きつけてあるスプールごと回転するため力が伝わりやすく、大物でも難なくやり取りできるのが利点なのですが、投げる場合はバックラッシュという糸絡みが多く、初心者には難しいリールだからです。

プロを含め多くの方がスピニングを利用しているため、特にこだわりがなければスピニングを選択したほうがよいです。

スポンサーリンク

シーバスリールの「基準」

リールはスピニングかベイトかと言った2種類の他、主に番手ギア比ブレーキリールの有り無しで選びます。基本的に魚種は番手で分けるため、あまり「シーバス専用」「アジング専用」といったリールはありません。

シーバスリール選びの基準
  • 種類:初心者はスピニングがおすすめ
  • 番手:2500番~3000番(PE1.2号が150m以上巻ける)
  • ギア比:ハイギアが◎(ローギアでも○)
  • ブレーキリール:不要(上級者はあってもよい)
スポンサーリンク

リールの見方の基本

番手と糸巻量でみる

リールには番手という4桁の数字があります。スプールの大きさを表したものです。大体糸巻量と比例しています。

番手は実は規格がなく、メーカーによって様々ですが、シーバス釣りであれば2500番~3000番であれば問題ないでしょう。心配な方はPEラインの1.5号の太さの糸が150m巻けるもの、と覚えておいてください。

重さでみる

ルアー釣りはぶっこみ釣りのように、どこかに竿を固定しておけるわけではないため、重さは意外と重要です。重いリールだと釣行が長くなるとキツくなってきます。重量は価格が高くなればなるほど軽くなってきます。

まずは正しい番手のリールにすること。そして、予算との兼ね合いになりますが、同じ番手ならなるべく軽くなっているリールを選ぶのが重要です。

ギア比でみる

ギア比というのはハンドル一回転で巻き取れる糸の量のこと。ローギア(ノーマルギア)、ハイギア、エクストラハイギアなどがあります。ローギアの場合、ハンドル1回転で75㎝ほど。ハイギアは85㎝、エクストラハイギアは90~1mとなります(巻き取れる糸の量は製品によって若干異なる)。

主流なのはハイギアです。なぜなら早く巻けて手返しがよく、ファイトにも有利だから。早巻きが求められるデイゲームが主流の方は特におすすめ。

ハイギアがローギアのように遅く巻くことはできますが、ローギアがハイギアのように早く巻くのは大変です。そのため、まずはハイギアを選択するのがよいのではないでしょうか。

詳しくはこちらの記事も併せてご覧ください。

レバーブレーキのありなしでみる

普通リールは逆回転はしないものですが、あえて逆回転をさせてそれをレバーブレーキというブレーキでコントロールする方法があります。

ウキフカセ釣りではメジャーな方法ですが、価格も高くなりますし、高度なテクニックが必要なため、最初はレバーブレーキ無しでよいでしょう。

スポンサーリンク

執筆者おすすめリール

おすすめシーバスリールに関しては是非別記事で詳しく書きましたのでご覧ください。

低価格で揃える信頼できるシーバスリール3選
私は初めてシーバスのリールを買うときはその予算にとても迷いました。可動部品が多いので、安すぎるとすぐに壊れそうだし、かといって2万も3万も出せません。そこで、これまでの経験から、1万円以内の定番シーバスリールをご紹介します。結論か...
スポンサーリンク

まとめ

リールは稼働部品の多い釣り具であるため、故障が多い製品です。そのため、3000円以下などのファミリーフィッシング向きの安すぎるものは止めた方がよいでしょう。

ただ、ルアーのように釣果に直結するものではないですが、効果を実感できるものであるため、番手さえ守ればいろいろなリールに挑戦すると面白いでしょう。