初めてのシーバスロッドの選び方

無数にあるシーバスロッド。安い買い物ではないので後悔したくありませんよね。

そんなたくさんのシーバスロッドのなかから、どのくらいの予算感で、ロッドの何をみて選ぶとよいのか、その選び方をまとめました!

これから初めて選ぶ!という方は是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

初めてのシーバスロッドの仕様

ロッド表記の読み方

ロッドは意味不明な表記が並んでいますが、あれにはみんなちゃんとした意味があるんです。

例えば、以下のような表記。

ダイワ シーバスハンターX86MLS

あれはこんな意味があります。

シーバスロッド選びで注目すべき指標は、ロッドの長さ硬さ、そして上記にはないですが軽さです。ブランドやメーカーは慣れてきてから好みで決めればよいでしょう。

これと、ご自身の予算の範囲でどこまで選ぶのかを決めるとわかりやすいでしょう。

初めてのシーバスロッドでおすすめの基準

初めてシーバスロッドを買いたい場合は、大体以下の基準で選ぶとよいです。

初めてのシーバスロッドの基準
  • 硬さ(パワー)は L~ML
  • 長さは 8.6~9.0フィート
  • 予算は7000円以上は欲しい
  • スピニングモデルが○

※「軽さ」がないですが、これは値段が高ければ高いほど軽くなるため割愛です。

ですから、先ほど示した『ダイワ シーバスハンターX 86ML』などは、大変おすすめできるエントリーモデルだと思います。

さて、どうしてこの基準がよいかというと、これが最もオールラウンドで、初心者が扱いやすいからです。

シーバスは河川や磯、砂浜から海釣り公園に至るまで、いろいろな場所で釣れます。そうした広さや場所の性質によってロッドの硬さや長さを変えます。

隅田川で釣れたシーバス

そして、上記で示したロッドであれば河川や岸壁など、幅広く使用することができます。

初心者にとっても短すぎず長すぎず、またシーバスとのやり取りのしやすい硬さですので、最初の1本としては、このくらいのものがおすすめです。

スポンサーリンク

もう少し詳しいロッドの選び方

では、軽さや硬さなどについて知りたい方のために、少しだけ詳しく書きます。

メーカー・ブランド名

メーカーはシマノかダイワがおすすめです。

なぜなら規模が大きく、豊富なラインナップがあるから。ただ1万円前後出せれば、どのメーカーも素晴らしい商品群があるので、最初はどこでもよいでしょう。

同じ理由で、最初はブランドも、1万円前後出せるなら、名前がかっこいいとか、デザインがかっこいいとか言った理由で選んでいいと思います。一度やってみて違いがわかるようになってから改めて考えればよいです。

正直釣果にはあまり影響しません。

>>>>2万円以下の低予算で揃えるシーバスロッドはこちら

長さと硬さ

最初は短めで、柔らかいロッドがおすすめです。

ロッドは長い・硬いと飛距離が伸びますが、コントロールがしづらくなります。また、硬いロッドはシーバスが暴れたときの衝撃を吸収してくれないために、口切れやラインブレイクを起こしやすく、結果的にバラしやすくします。

磯やサーフなどに挑戦したい方は、まずは河川や海釣り公園などでキャストコントロールやシーバスとのやり取りに慣れてから行くことを強くお勧めします(あれは上級者の釣りです)。

ちなみに、フィールドごとにどのくらいのロッドが良いかについては以下の通りです。

場所長さ(フィート)硬さ(パワー)
磯・サーフ9.6以上MHやH
岸壁や海釣り公園8.6~9.6ML~MH
河川や運河8.0~8.6L~ML
小さな池・小河川7.6前後L

ちなみに、M=メディアム、H=ヘビイ、L=ライト と読み、Lに行くほど柔らかく、Hに行くほど硬く・強くなります。

リールタイプ

リールタイプはスピニングがよいです。

リールには「スピニングリール」と「ベイトリール」の2種類があり、取り付け方が違うためロッドもそれに対応します。

スピニングリールとベイトリール
スピニングリール(左)とベイトリール(右)

ベイトは巨大な魚とのやり取りに大変有利なのですが、シーバスサイズであればスピニングで十分に対応可能です。

ベイトは初心者が大変扱いづらいリールで、しっかりと「サミング」という技術ができなければ、バックラッシュという糸がらみがキャストごとに発生し、釣りになりません。

興味がある方でも、慣れるまではスピニングで頑張った方がよさそうです。

ロッドの表記ではリールタイプは大体末尾(もしくは最初)に書かれています。「S」がスピニング、「B」がベイトです。

スポンサーリンク

ロッドが釣果に与える影響

ロッドは安い買い物ではないので選ぶのに慎重になりますよね。そして一番気になるのはどのくらい釣果に影響するかだと思います。

これにはいろいろな考え方があり、これといった正解はないのですが、少なくともロッド選びを間違えても全く釣れなくなるとか、逆に大爆釣できる…ということはないです。

何を選んでも釣れるときは釣れるし、釣れない時は釣れない…

なぜならそんなことよりも、『シーバスがどこにいるのか=ポイントチョイス』と、『シーバスが好きなルアーは何か=ルアーチョイス』の方が大事だからです。

ただ、正しいポイントチョイスをして、シーバスのいる環境でルアーを自由自在に操るためには、ロッドの性能がものを言います。

ルアーの繊細な動きが必要なときに硬いロッドだと上手に動かせないし、飛距離が必要なのに短いロッドではよいポイントには届きません。

したがって、あまり神経質になる必要はないですが、自分がどこでどんな釣りをするかについて、先ほど挙げた軽さ・硬さ・長さで適切な水準に合わせることはしたほうがよいと思います。

スポンサーリンク

結局どんなロッドがよいか?

いろいろ御託を述べましたが、結局どんなものがよいのか? 参考がてら、初心者に人気のロッドをご紹介します。多くの初心者シーバサーはこのロッドから入ります。

私も「シーバス釣りがしたいな~。ロッドって何がよいの?」と友人に聞かれたらおすすめする3つのロッドをご紹介します。

シマノ ルアーマチック86ML

エントリーモデル定番の「ルアーマチック」7000円前後という価格からはありえないほど、ルアー釣りに適したキャスト性能、コントロール性能を誇ります。

自社工場生産品でデザインも高級感があるため、多くのルアーマンが最初の一本に選びます(釣り場でよく見かける)。シーバスだけでなく、エギング(イカ釣り)やタチウオ釣りなど、他のルアー釣りにも応用しやすいです。

シーバスハンターX 86ML

先ほど少し上げたシーバスハンターXですが、私が長らく愛用していたのがこのロッドです(ちなみ今は『ディアルーナ』を使用しています)。

1万円以上するモデルですが、シーバス専用に作られていて、本格的にやりたい人にはおすすめのロッドです。ラインを通すガイドもKガイドと呼ばれる糸がらみしにくいものを採用し、安心してキャストできます。

もっと本格的に…という意味で、これより上の3万円近くするブランドであるラテオというロッドがあるのですが、あれは脆くて折れやすい気がするのです。そういう意味ではハンターは丈夫で、根掛かりの多い初心者でも折れる心配が少なく、安心です。

アブガルシア カラーズSTCS-805MT-SB

最後にモバイルロッドという、5本継でコンパクトになり、手軽に運べるロッドをご紹介します。

5本継となると、しっかりとバランスよく曲がるか、うまくしなるかといった点で技術が必要で高価格帯のロッドが多いのですが、こちらは1万円ちょいのモデルで、しっかりとルアー釣りにおいてそん色ない性能を発揮します。

気になるのは少々重いのと、MLなどのモデルがなく、Mという少し硬めのパワーであることですが、「会社帰りにちょっと近くの川によって行く」という魅力にあらがえない方は是非ご検討ください(笑)

>>>ちなみにあらがえなかった私の釣行記・このロッドの詳しいインプレはこちら

スポンサーリンク

使って慣れていくしかない

正直、最初はロッドの何がよいのかとかよくわからないと思います。人間、何かと比較しないとそれがいいのか悪いのかわかりません。

実際に使ってみて、「もっと飛ばしたいな」とか「もっとルアーコントロールができるようになりたいな」とか「シマノよりダイワのデザインのほうが好きだな」といった自分自身の課題や好みがわかるようになるまで慣れるしかありません。

その慣れが釣果にもつながってくると思います。

ただ、その中でも大事な要素はここで取り上げた「軽さ」「硬さ」「長さ」ということだと思います。

この点を意識しつつ、いくつかロッドを試してみるとよいでしょう。

コメント