シーバス初心者のためのデイゲームで使えるルアー5選!

ルアーたくさん

シーバス釣りのためのルアー選び、たくさんあって大変ですよね。そこで、とりあえずこれだけそろえておけば…というルアーを5つご提案します。どれも実績のある有名ルアーです。

ただ、提案されたルアーを揃えるだけでは釣果は伸びません。釣果を伸ばすためのシーバスルアーの選び方はこちら。

スポンサーリンク

ルアー選びの際に気を付けること

ここでご紹介するのは個人的な経験やSNSなどの反応から本当によく釣れるルアーをそろえています。

そのため、これからルアーを買う、という方には大いに参考になるはずです。

ただ、どのような場所でどう使うのか、といった使い方も同時に見ておきましょう。

エサ釣りと違い、ルアー釣りは場所や時間帯、ベイトなど、状況によって使い分けないといけません。他人がおすすめするものを右から左に買っているだけではたまたま釣れることはあっても一向に上手にはなりません。

だから、解説も読んで、「どんな場面でどんな理由で使うのか」を一通り把握したうえで購入するかどうかご検討ください!

スポンサーリンク

デイゲームで揃えたいルアー5選

1)VJ-16(ジグヘッド)

デイゲームで一つだけルアー選ぶならどれ? と聞いたら100人が100人「VJ-16」と答えると思います。それほど釣れることで超有名なルアー。

VJ-16の使用場面
  • 推奨季節:春~秋(場所によっては冬も○)
  • 使い方:ただ巻き
  • 使える場所:海を中心に河川でも使える
  • 推奨使用場面:オールラウンド

VJ-16は、ワームとジグヘッドを組み合わせたルアーのひとつ。「ワーム」というシリコン製の柔らかい素材を「ジグヘッド」というオモリ付きのフックに突き刺して使います。VJは、バイブレーションジグヘッドというジグヘッドに、「アルカリシャッド」というワームをつけています。

コアマンVJ-16

これがシーバスの好きな「イワシ」にそっくりに見えるため「シーバスがいれば釣れる」状態を生み出しています。

使い方は簡単。投げて、着水したら、1秒間にリールのハンドル1回~3回くらいの速さでタダ巻きするだけ。潮目や流れのヨレなど、変化のある場所を意識するとより釣れますが、まずは複雑なことを考えずにやってみてください。

>>>VJ-16の詳しい内容と使い方についてはコチラ

釣れなかったら、着水して3~5秒カウント(沈める)して、巻いてくる、次はまた3~5秒…とどんどんレンジを下げていくとよいです。それでだめならもう場所移動です(笑)

問題は人気すぎて売っていないこと。実売価格1400円ほどですが、ネット店舗では3000円を超える高価格商品となっています。

個人的には、みんなが「VJは釣れる」という集団催眠に掛かっているから釣れるように感じているだけで、他のジグヘッドでも釣れるのでは?と思っています。

>>>そこで、VJの代替となるジグヘッドを考察・一部実釣した記事はこちら

2)IP-26(鉄板バイブレーション)

こちらもVJと同じコアマンの製品。コアマンのキャッチコピーは「デイゲームのコアマン」。そのコピーの通り、IPとVJはデイゲームルアーの金字塔です。

IP-28の使用場面
  • 推奨季節:春~秋
  • 使い方:ただ巻き、ジャーキング
  • 使える場所:海、河川でも深い場所、広い場所なら○
  • 推奨使用場面:釣り場に着いて1投目のルアー

IPは鉄板バイブレーションというルアーの種類です。メタルバイブとも呼ばれています。比重が高く、遠くまで飛ぶのが特徴の一つ。そして、その名の通り水中でブルブル震えます。

ブルブルのおかげで魚へのアピール力(ここにいるよ!と伝える力)が非常に強いので、雨の後や夏場の赤潮など濁っている環境や、沖堤防など広くて深い場所で使用します。重いので底に落ちるのが早いです。この特徴を生かし、底を探りたい場合に効率的です。

鉄板バイブたち
右上からIP、ダイソーメタルバイブ、リアルスティール×2

反対に、鉄でできていて不自然なほどに強烈にバイブするため、人が多い活性が低いときなどは反応しません。投げ続けているとその周囲にいるシーバスが怪しみだし、釣れなくなります(いわゆる「スレ」)。そうなったら、VJやこの後紹介するシリテンバイブなどスレに強いルアーに持ち替えましょう。

そのため、釣り場に着いて最初に投げる「サーチルアー」と呼ばれています

ちなみにIPも品薄だったり高価だったりします。私はほぼ形が同じのダイワのリアルスティールなどを使っています。400~500円ほど安いですが、普通によく釣れます

小ぶりなセイゴ
リアルスティール。沖堤防で12月でも釣れました

IPはイワシゴールドなど人気色は早めに売り切れることがありますので、そのような場合はリアルスティールなど他メーカーのメタルバイブを試すのもよいかと思います。

3)シリテンバイブ(シリコン製バイブレーション)

バイブレーションには「鉄板」「樹脂(プラスチック)」が有名ですが、シリテンバイブは「シリコン」でできているおもしろいバイブレーションです。

シリテンバイブの使用場面
  • 推奨季節:全般
  • 使い方:ただ巻き、ジャーキング
  • 使える場所:海、河川どこでも
  • 推奨使用場面:イワシや、サッパ、イナッコパターンのとき

メタルバイブで紹介した通り、振動で誘うバイブレーションはサーチ力に長ける反面、スレに弱いルアーです。しかし、シリコンでできたこのルアーは針の音など魚が違和感を持ちやすい音を消してくれるため、スレた場面でも非常によく食いついてくれるルアーです。

そのため、広い場所、深さのある場所で釣り人が多く、タフなシチュエーションのときに鉄板バイブの代わりで使用できます。鉄板よりアピール力に劣りますが、私には違いはわかりません(笑

豊洲で釣れたシーバス

シーバスがイワシ、イナッコ、サッパを食べているときは、迷わず投入しましょう。イナッコやサッパの時などは「銀粉」系のカラーがおすすめ。

個人的にはナイトゲームでも使えるバイブレーションだと思っていて、夜必ず持っていくルアーです。

4)ブローウィン 165F

ここからはプラグと呼ばれるミノーなどのプラスチックのハードルアーをご紹介します。まず、デイゲームのプラグといったらブローウィン。こちらも、VJ-16並みの人気を誇るルアーです。

ブローウィンの使用場面
  • 推奨季節:夏~秋
  • 使い方:ジャーキング
  • 使える場所:海、河川でも深い場所、広い場所なら○
  • 推奨使用場面:釣り場に着いて1投目のルアー

ブローウィンは、パターンに合わせてというよりは、完全にジャーキングの動きで魚を誘い出すために使うルアーです。ジャーキングとは、竿を大きく振って、ルアーを不規則に動かす手法のこと。

特にブローウィンはこのジャーキングが大変不規則で魚を誘いやすい形をしています。かなり目立ち、そして魅力的に見えるらしく、ボトムに沈んでいるシーバスがわざわざジャークしている層(大体表層)まで見に来るというほどのアピール力です。

ボトムから浮いてきたシーバスを見た!という人はSNSなどを見ていると本当によく見かけます

ジャーキングの仕方は「ブローウィンジャーク」と呼ばれるほどある程度の形があるようです。詳しくは公式が認めた下記動画などを参考にしてください。

逆に、タダ巻きなどでは普通のルアーと変わりません。ジャークあってのブローウィンだとお考えください。

デメリットはVJ-16同様、超品薄であるということ。代替ルアーの候補としては「空海」などがおすすめできます。

5)セットアッパー 145S-DR

デイゲームはワーム・バイブレーション主体の中でも釣果が見込めるのがセットアッパーです。

セットアッパーの使用場面
  • 推奨季節:夏~秋
  • 使い方:ただ巻き・ストップアンドゴー
  • 使える場所:海、河川でも深い場所、広い場所なら○
  • 推奨使用場面:表層やボトムに反応がみられないとき

ロングビルミノーといってリップ(ルアーの口元についている透明の板)がとても長いルアーです。普通のルアーより派手なので使用をためらってしまいますが、初心者でも扱いやすいルアーです。

まず、この形をしているのに、とても遠くまで飛びます。そのため、青物などもよく釣れるそうです。

そして一番は、中層を一定姿勢で泳いでくれる点。シーバスは斜めに上向いて泳ぐルアーよりも、一定姿勢で泳ぐルアーへの食いつきが良いそうです。

そのため、VJやメタルバイブなどを使用し、表層やボトムに反応なかった場合に使ってみるとよいかもしれません。前者に比べ使っている人が少ないために、ハマれば周囲と大きな差をつけることができるかもしれません。

湾奥でセットアッパーを使って釣れたシーバス

大きなルアーのため、ボラパターンやコノシロパターンなど大きめのベイトを捕食しているときにハマりやすいルアーです。逆に、小型のベイトが中心の冬から春先などでは少し難しいルアーかもしれません。使うのであれば晩夏~秋くらいがちょうどよいと思います。

スポンサーリンク

カラーについて

デイゲームであるため、カラーは黒や青、クリアーなど、地味でナチュラルな色を中心に揃えましょう。クリアーなど無難な色であれば1色持っているだけで十分です。

ただ、台風などで増水した後の濁りにはチャート(蛍光色)、東京湾奥の赤潮の出ている海ではグリーンがおすすめ。

>>>>赤潮の時の釣果を変えるグリーンカラーの魅力についてはコチラ

クリアーやブラックに加え、VJやメタルバイブなどの望みが最も高いルアーに関してはグリーンとチャートなど、別の色展開も少し用意しておく…と言った戦略がお財布にも優しいかもしれません。

スポンサーリンク

いずれはオリジナルチョイスで

今回個人的に非常によく釣れるとされるデイゲームルアーを5つ挙げさせていただきました。

どれも大きな特徴は「アピール力がある」という点。夜は遅い巻き速度でとにかくナチュラルさを追求しますが、デイゲームはバイブレーションなど、遠くからでも気づいてくれるようなハイアピールのルアーを選ぶことが多いです。

それでもアピール力が強すぎるとスレて食いつかなくなりますのでその際はスレに強いVJやシリテンバイブなどを使ってみてください。

いずれはオリジナルチョイスでルアーを選んでみてください。

>>>>釣れるルアーのオリジナルチョイスができるようになる方法

コメント