とりあえずこれだけ!最初にそろえるシーバスルアー【2021年3月版】

シーバス釣りで最初にびっくりするのは膨大な種類のあるルアーではないでしょうか?

多すぎるルアーは上級者の釣りの幅を広げてはくれますが、初心者にとってはかえって釣れない可能性を高めているのではないかと、私は常々思っています。

そこで、この記事では初心者がまずはこれだけそろえればいい!これだけ投げておけばよい!というルアーの種類とその理由、そしておすすめルアーをご紹介します。

スポンサーリンク

初心者がそろえる最初のシーバスルアーはたったの2つ!

端的に言うと、初心者がそろえるべきシーバスルアーはワーム、鉄板バイブの2つです。

これ以上持っていてもよいですが、使い方を知らずに集めても持っているだけになる恐れがあります。

①ワーム

ワームとは、ゴムやシリコンなどでできた疑似餌のことで、ソフトルアーとも呼ばれています。ジグヘッドという金属製のオモリに装着して使用します。シリコンなので傷つきやすく、大体1回の釣行ずつで交換して使用しますが、その代わり10個前後で数百円とハードルアーより断然安いです。

ワーム

初心者は根掛かりなどでルアーロスト(海にお賽銭して失ってしまうこと)が多いため、経済性が優れていることが勧める理由の一つです。

しかし、もう一つおすすめする理由は圧倒的に当てはまるパターンが多いこと、つまり釣れやすいことが挙げられます。硬いプラスチックや金属でできたハードルアーに比べ、タダ巻きでもリアルなベイトフィッシュ(シーバスが捕食する魚)を演出できるため、初心者でも扱いやすくハードルが低いルアーです。

基本的にどのフィールドでも使え、色さえ変えればデイ、ナイト問わず使えます。

オススメのワームはコアマンのアルカリシャッド。特にVJと呼ばれるルアーシリーズは大変優秀。どんな方もお勧めしています。メーカーも「スズキのエサ」を自称するほどのテッパンルアーです。

②鉄板バイブ

鉄板バイブレーションはメタルバイブとも呼ばれています。金属性のルアーで、比重が高く、遠くまで飛びます。バイブレーションといって水中でブルブル震える機能がついており、その振動が遠くの魚の食性を刺激する非常にアピール力の強いルアーです。海などのオープンエリアでシーバスがどこにいるか掴めないときに使用します

とても優秀なルアーですが、アピール力が強すぎるためスレ(エサではないことがバレること)が早く、到着し、十数回あらゆる方向に投げて反応がなかったらワームなどにチェンジしましょう。なお、ナイトゲームでは使えません。

おすすめはコアマンのIP。暖かい時期の東京湾など、濁りの強いエリアではグリーン系の色がおすすめです。

スポンサーリンク

どうして他のルアーではダメなのか

ここまで、初心者向けのシーバスルアーをご紹介しました。ところが、ルアーというと下記写真のようなお魚の形をしたかわいいものを想像するのではないでしょうか。

いわゆるミノーというやつですが、どうしてこれらのルアーではダメなのでしょうか。それを知ることで中級者への道が開けていきますので応用編としてご紹介します。

ルアーは大きく分けて4種類

ルアーは大きく分けて次の4種類あります。

  1. ミノー系(プラグ系)
  2. ワーム系
  3. バイブレーション系
  4. 鉄板(メタルジグ)系

この中にもいくつも種類があり、中にはミックスしたもの(鉄板バイブは3,4のミックス)もあります。ご紹介したのは「2 ワーム」、3,4のミックスの鉄板バイブです。

ミノー系は一番中途半端な存在

ミノーは更にいくつもタイプ分けができます。まだ覚えなくてもよいですが、リップ有り、ロングビル、リップ無し、浮力ではフローティング、サスペンド、シンキングなどなど…。これにカラーが加わると組み合わせは無限大です。

このように、海を構造的にみられていない初心者にとって、ミノーはどれを選んでよいのか複雑すぎて非常に難しいのです。「釣れる!」と書かれていても、それはあるパターンで釣れるだけで、それの見極めが出来なければ意味がありません。

こうしたことを知らずにいたずらにミノーを集めても、お金だけが出て行ってかえって釣りの幅を狭めてしまいます。

鉄板はアクションが難しい

鉄板(メタルジグ)は、形が単純なため、高くても1000円未満ですし、ダイソーでは100円でも売っています。そのため、初心者が手を出しやすいルアーなのですが、メタルジグは重いため、キャストが難しく、さらにはタダ巻きではほぼ釣れません。

本当に始めたばかりだとキャストも安定せず、リズミカルにジャーキングすることも難しいので、使いこなせないでしょう。また、使えるシーズンは真夏の広い釣り場で回遊魚が回っているとき、と非常に限定的なため、最初はオススメできません。

ただ、飛距離はかなり稼げますので、将来的にはルアーケースに忍ばせておきたい定番ルアーの一つです。

スポンサーリンク

ミノーはアクションやパターンを勉強してから

ミノーやメタルジグはチョイスやアクションが難しく、初心者には向きません。これを知らずに買ってしまうと、ただ投げるだけのシーバス釣りが1~2年続く可能性もあります。

しかし、逆にミノーなどを使いこなせるようになることは、シーバス初心者から中級者に進化するための条件でもあります。そのため、普段から、シーバスがよく釣れるポイントにはどのような特徴・条件があるのかなどを探っていきましょう。ただ投げている、たまたま釣れた、ではダメです。

加えて現代はYouTubeやブログがあふれています。あらゆる人がミノーなどを使ってどう釣るかを実際のシーン付きで解説してくれています。こうしたものを見て、釣りの選択肢(○○のパターンではこのルアー、とすぐにわかるような引き出しの多さ)を増やしていきましょう。

スポンサーリンク

要は極端に振れているルアーから慣れていく

初心者におすすめした2つのルアーは「どのフィールドでも効くオールラウンド」「とにかくアピール力がすごい」というように極端な特徴を持っているのです。検討する要素が少ないほうが、何が良いのか、何がダメだったのか判別しやすいためです。

こうしたルアーから慣れていき、何が良いのか、何がダメなのか、分析する力をつけて少しずつ、ミノーなどの「中途半端」な特徴を持つルアーに挑戦していきましょう。

スポンサーリンク

「ルアーの種類」「パターンの引き出し」を増やすことがコツ!

シーバス釣りでは、釣り場のシチュエーションに合わせて釣り方を変化させることがとても重要です。したがって、そのためには様々なタイプのルアーと、それに応じた釣り方(ストラクチャー、ボイル打ちなどのポイント攻めから、タダ巻き、ワインドなどのアクション、低層、中層などレンジの問題など)が自分の頭に入っていなければなりません。

まずはワーム、鉄板バイブ、シンペンの三種類でシーバスの最初の1匹を釣り上げ、徐々にルアーと引き出しを増やして中級者への道を歩んでください!

コメント