タモホルダーなど、ランガンのためのタモ網持ち運びアイテム

タモジョイント

ランガンする際に、たも網をどう持ち運ぶかは悩ましいところです。

スムーズに移動をしてラン&ガンするためには、タモを身体に装着すると便利です。さらに、背負ったタモは魚がヒットした際にスムーズに取り外せることも重要です。

たも網には装着して移動しやすく、そして外しやすいランガンのためのアイテムがいくつも存在します。でも、どれが一番良いのかなどは迷うところかと思います。値段の安さに任せてテキトーに選んでしまうと、取り外しにもたついて、せっかくヒットしたシーバスなどをバラしてしまうことにもなりかねません。

そこで、初めての人でもわかる、ランガンのためのたも網パーツの選び方についてご紹介します。すべて試したことのある4つのアイテムをその感想も交えてご紹介します!

なお、基本的なタモの構造がどうなっていて、タモ本体を含め何を揃えたらよいかについては、以下のページをご覧ください。

スポンサーリンク

タモジョイント

タモジョイント(装着図)
タモジョイント(装着中)

タモジョイントとは、たも網のフレームと柄(シャフト)を接続する部品で、付ければフレームを折りたたむことができるようになります。タモを持ちながらランガンするための必須部品です。フレームとシャフトは直接つなげられるため、ランガンの必要のない場合はこの部品は不要ですが、ルアー釣りには必要です。

タモジョイント
タモジョイント(上記写真とは別物)

悩みは値段。これだけの部品ですが相場は5000円前後と結構するんです。ネットで探すと2000円以下の安いものがありますが、個人的にはしっかりとしたメーカー品をおすすめします。

理由は二つ。機能性と耐久性。

まず、安いものはタモを開閉させるためのスイッチが硬いことが多く、両手で力を込めないとタモが開かないといったことが起こります。以下の画像で言うと、「①」のツマミです。

②をすると、上の画像の状態になります。

シーバスがヒットしてあたふたしているときにこれは致命的です。しっかりとしたものはスイッチがなめらかだったり、開く方向にはロックがなかったりします。実際にヒットするとわかりますが、魚とのやり取りのときはかなり余裕のない状態なので、この観点は非常に大事です。

また、耐久性というのは、あまり粗悪なものを使うとジョイントがランガン中にもぎり取れることがあるのです。個人的な話ですが、私もランガン中に気づかぬうちにジョイントがもぎり取れ、フレーム部分が無くなっていたことがありました。結局見つからず、その日の釣りはパーです。

ネットの口コミを見ても、同様の指摘があります。いたずらに高額なものを買う必要はないですが、ダイワなど有名メーカーのものを私ならおすすめします。あとは釣具屋の店員さんなどに相談して、安心安全なジョイントを選んだほうがよいでしょう。

ちなみに画像でもお見せした、私が使っているジョイントはこちらです。動きはとてもなめらかで、開くときはロックがないので、シーバスのヒット後も滑らかにタモの開きができます。4000円弱とお値段も安いですが、とても丈夫なので気に入っています。

スポンサーリンク

タモを身体に装着する部品

次は、タモを身体に装着する部品です。全部で3タイプあります。ポイントは装着しやすさ、外しやすさ、コストパフォーマンスでしょうか。私はこれにカッコよさを追加しています。笑

一通りすべて試したことがありますのでその感想を交えてお伝えします。

タモホルダー

一番有名なのがタモホルダーという、巨大なクリップのような形をした装着部品がついているものです。使った中で手軽さでは一番でした。ベルトなど、ぶら下げられるものがあれば、任意に取り付けが可能であり、装着するための「受け」の部品は必要ありません。もっともオーソドックスで、セットで購入するとついていることが多いです。

タモホルダーは差し込むだけなので取り外しやすさもピカイチ。単純な構造なので価格の面も群を抜いてよいです。ただ、身体にベルトのようなものがない場合はつける場所に苦労するかもしれません。ライフジャケットなどにもつけられるので大概は困らないと思いますが。

腰など、低い位置につけなければいけない場合、水に完全に浸かってしまうのでウェーディングするときにも難ありです。そうした点をクリアできるならぜひ。私も最初はタモホルダーを使用していました。

ショルダーベルト

タモにベルトをつけます。そしてショルダーバッグのように斜め掛けにして持ち歩きます。こんな感じ。

ショルダーベルトのメリットは「めっちゃ安い」ことでしょうか。上記のリンクでも1000円と破格。

私は普段使うものではなく、3mの仕事帰りにランガンする用のタモシャフトにショルダーベルトを装着しています。後述するマグネットホルダーではなくショルダーベルトにした理由はタモのシャフトを2本買ったために、あまりお金をかけられなかったからです。

斜め掛けなので、誰でも簡単につけられるところもよいところです。しかし、カバンやライフジャケットを背負っている場合、どうしてもアンバランスになりますし、なによりも取り外しづらくなります。繰り返して言いますが、ヒットして慌てている中で、タモの取り外しがスムーズであることは重要です。

正直言ってランガン用というよりは、遠いところまで歩いて釣り具を運ばなければいけないときにあったら便利、と言ったアイテム。磯を長距離移動する必要のあるウキフカセ釣りなどで活躍しそうです。

マグネットホルダー(リリーサー)

マグネットホルダーは、名前の通り磁石(マグネット)の力でタモを固定する方法のこと。ホルダーの片方をライフジャケットのDカン(“D”の形をしたプラスチック)に取り付け、もう片方をタモのシャフトに巻き付けます。

ライジャケDカンとMGホルダー

「磁石?とれちゃうんじゃね??」

と、疑問に思う方も多いはず。でも大丈夫。まず、マグネットはとても強力。ホルダーだけなら10㎝程度近づけるだけでガチン!と引き寄せられるほどです(なのでスマホなど電子機器は近づけないように)。さらに、受け皿のほうが上を向いているので、持ち運び時など力が下に向いているときはタモの自重で落ちないようになっています。ジャンプして飛び降りたりなどのときにかかる上向きの力もマグネットでしっかりとホールドします。

これのよいところは、まずライフジャケットのDカンのある首元近く、身体のかなり高い位置でタモをホールドできるので、歩く際に邪魔になりにくいです。ウェーディングもしやすいですね。そして何よりもかっこいい(笑)個人的にはこれがめちゃくちゃ気に入っていて、磁石でカチャリと装着できる手軽さがスタイリッシュで「釣り人」って感じがして好きですね。

ただ、磁石が強すぎるため、取り外すときは勢いをつけて外さないといけません。事前に何度か外す練習はしておいた方がいいです。また、一度外すと取り付けにはコツがいります。まあ外すときと違って、取り付けるときは落ち着いている状況が多いと思いますので、同行者につけてもらったり、ライフジャケットを一時的に外したりするとよいでしょう。

ライフジャケットをつけないような場所の場合でも、Dカンやカラビナを腰のベルトひもなどにつければ同様に使用することができます。

オススメは私自身も使っているマグネットホルダーです。これは探せば500円~1000円くらいのものがあるのですが、ジョイントで痛い思いをしているので少しお高めのにしています。

というのも、マグネットホルダーは高い位置で取り付けられるので歩いているときタモの存在を忘れるほどに気になりません。となると、ランガン中に取れてるのに気づかず…なんて事態は避けたいので…。無責任に粗悪なものはオススメできないとこれをセレクトです。

スポンサーリンク

着脱の工程は確認・練習しておくこと

タモを取ろうとしたけど、意外と背中に手が届かなかったとか、接続部が硬くて開けなかったといった事態は頻繁に起こります。いくらヒットしてもランディングできなければ釣果はゼロ…ボウズです。

どうヒットさせるかに意識が向かうため、ランディングのさせ方はどうしても盲点になってしまうのですが、新しいタモホルダーやジョイントを買った場合は想定通り着脱できるのか、その工程は事前にしっかりと確認・練習しておくことをおすすめします。