シーバスのタモ網(ランディングネット)についてと選び方【2021年】

シーバス釣りにタモ網(ランディングネット)は必要? 部品がいっぱいあるけど何を揃えればよいの

今回はそんな疑問にお答えします。タモ網は適当に選ぶといざというときに役に立たず、せっかく掛けたシーバスを取り逃がてしまうことがあります。ぜひ自分のフィールドに合ったたも網をご検討ください。

スポンサーリンク

タモ網(ランディングネット)は必ず持っていこう

シーバスの平均サイズは40~50㎝。重さにすると1kg以上あります。このサイズをタモ網なしでぶっこ抜くのは不可能です。最悪ロッドが折れます。

たとえぶっこ抜けるサイズでも無駄にシーバスを傷つけずに済みます。食べるのであれば、鮮度を保ったまま取り込むことができます

「持って行った方が良い」のではなく「持っていくべき」ものです。

スポンサーリンク

タモ網の3部品

タモ網は「網・フレーム」「ジョイント」「シャフト(柄)」と、パーツが3つにわかれています。

少なくとも「網・フレーム」と「シャフト」がなければ機能しません。セットで売っているものもありますが、間違えてどちらかだけ買って満足しないように注意しましょう。

網・フレーム

網とフレームは分離できますが大体1セットで売っています。網は消耗品で、使っていくうちに穴が空いたりしますので、その際は網だけ交換します。

網もシャフトも規格は同じで、基本的にはどのメーカーの物でも「サイズが合わなくて使えない」ということは起こりません

シーバス釣りでのフレームの直径

フレームの直径は45cmがよく売られていますが、当サイトでは60cm以上を強く推奨します。大きいほど取り込みが楽になるからです。

後述もしますが、シーバスとのやり取りの最中は間違いなく慌てます。

そんな中では取り込みが楽になる比較的大きめのネットを用意しておいた方がよいでしょう。

シャフト

たも網の部品では最もお値段が張るのがシャフト。テレスコになっていて、最大7~8mまで伸びるものがあります。長さはよくいくシチュエーションに合わせて選びましょう。

シーバス釣りでのシャフトの長さ

場所推奨長さ(参考)
河川2~3m
堤防・沖堤防4~5m
ウェーディング1~2m
5m以上

上記は参考程度に思ってください。河川によっては川面まで4~5mのところもあります。

シャフトは長ければ長いほど対応できるフィールドが広がり安心ですが、その分重量が増え、扱いが難しくなります

シーバスとのやり取りの最中は間違いなく慌てますので、初めての方はいたずらに長くせず、自分の技量とフィールドに沿ったものをお選びください。

写真は550cm

ジョイント

ジョイントはフレームとシャフトをつなぐ部品です。折りたたむと持ち運びに便利になる、というだけで、フレームとシャフトを直接つなぐこともできるため、無くても大丈夫です。

ただ、河川などでラン&ガンをする場合、コンパクトさが大事になりますので、お金に余裕のある方は検討してみてもよいかもしれません。

安すぎるタモ網は要注意!

タモ網は値段が張るので、廉価品に目が行ってしまう人もあるかもしれません。しかし、そうしたものは選ぶ際には要注意です。まずは下記の写真をご覧ください。

左側はちゃんとしたタモ網ですが、右側は安いもの。2000円前後の廉価品は柄が1~2mしかないことが多く、実際の釣り場では役に立ちません

安物は、安いだけの理由があります。ご注意ください。

スポンサーリンク

おすすめタモ網(ランディングネット)

タモ網はそんなにメーカーごとに違いはありません。難しいのは「どのたも網にするか」というより、「どの部品までそろえればよいのか」ということだと思います。その意味ではセット売りのものをオススメしています。

セットが安心!アルファタックル『ランディングギア 550』

釣りを始めて間もない私は、複雑なタモ網のシステムが理解できず、安いものばかりを使っていました。いったい何をそろえたらいいかわからない…という状態でした。そんなときに見つけたのがこのアルファタックル ランディングギア 550です。

ネット・フレーム、ジョイント、シャフトの3部品がそろっているため、出したらそのまま持っていくことができる商品です。

仕舞寸法(ジョイントを折り曲げている状態)は約60cmともち運びにも便利。価格も15,000円前後と、2万円を超えることもザラにあるタモ網の中では比較的安価な方です。

注意点としてジョイントのネジが少し緩みやすいことがあります。ただ、サイズに合った六角レンチを携帯しておけば締めなおせばよいだけなので安心です。

ジョイント部分

部品ごとに買うなら…

例えばアルファタックルの上記のシャフトだけを購入し、ジョイントを買わず、直にネット・フレームを付ければジョイント部分の4000円ほどを節約することができます。少し不便ですが、経済的です。

多くのフレームは、横幅20cmほどに小さくたためます。少し大きめのカバンに楽々入る大きさです。

こうなると、モバイルロッドを携帯しながら仕事終わりにシーバス釣りをするということも可能になります。

お値段が1000円前後高くなりますが、ネットのおすすめは下記リンクのような、網目が細かくなっているものです。なぜなら、魚を傷つけにくいこと以外に、リールのハンドルやカバンのヒモなどに引っ掛かりにくくなるからです。

網目が荒いと、持ち運び中に風でなびいたネットがリュックに引っ掛かって肝心な時に取れなくなるなどトラブルが増えます。致命的ではないですが、留意点として考えられます。

結構頻繁にこういうことになる。

プロも使うライト付きタモ

ナイトゲームでは、常夜灯のある明るい釣り場でも、水面は非常に暗いです。もしくはシーバスが暗い部分に逃げ込んだ、ということも多くあります。

その場合に重宝するのがハピソンのLED付きランディングネット。その名の通り、シャフトの先にLEDライトがついているモデルで、取り込み時のシーバスをよく視認することができます。小沼正弥さんなどのプロシーバサーも愛用しているそうです。

「220」とありますが、シャフトの長さが2.2mという意味ではなく、しっかり5mあるので安心です。ただ、取り込みの早い段階から照らすと、後述の通りシーバスが暴れてバラシの原因になりますので、ライトの使用タイミングは取り込みギリギリ…がおすすめ。

スポンサーリンク

タモ網の使い方の注意点

タモ網にはちゃんとした使い方があります。知っているようで、意外と知りません。というか、知らないと最悪(私のように)折れて、ランディングができない…!という事態にも陥ります。

絶対に持ち上げない

これです。

よくやってしまいがちなNG動作No1がこれ。タモ網に魚を入れたら、それをそのまま持ち上げようとすること。これは1発で折れます。タモ網のシャフトは5mにもなるため、なるべく軽量に作られています。そのため、横の衝撃には非常に弱いのです。魚を入れたらその姿勢のまま、シュコシュコと、シャフトを縮めるようにして魚を寄せます

私はとある沖堤防で慌てるあまりこれをやってしまいポキっ、ドボン。はずみでラインが切れ、魚とルアーと共にランディングネットが海中におさらばになってしまいました。自然環境にも魚にもよくないので絶対にマネしないでください。

これはマジで反省しています

直前までシーバスに見えないようにする

心配のあまり、かなり早い段階からタモを海上に落とす人がいます。特に別の人がタモ入れをする際は多いです。ただ、タモを見るとシーバスは驚いて大暴れすることがあります。手前にシーバスがいるほど、暴れたときの衝撃がもろにルアーにかかりますので沖で暴れられるよりもブレイクやバラシの可能性が高まります。

タモはできるだけ我慢して、本当に入れるときになったら海上に落とす、というやり方を意識しましょう。

 
スポンサーリンク

タモ網も備えベストな釣行を

タモ網は必要性が感じにくいけど、最も大事なシーンでの必須アイテムです。

でもまずは釣ることができないと「釣れた後」のことを考えなければならないシーバス初心者からしたら不安ですよね。そんな不安を解消するためにこの記事を書きましたがお役に立てましたでしょうか。

タモ網も備えて、どんなシーンでも対応可能なベストな釣行をお送りください!

コメント