ルアーで安全に夜釣りをするために気を付けたいこと

夜釣りはルアー釣りの定番。VJなどデイゲームで使える優秀なルアーが出てきてもいまだに夜釣りの魅力は衰えることを知りません。夜釣り専門のルアーマンもいるくらいです。

ところが夜釣りは暗いために、昼間とは違った危険性があったり、装備が必要だったりします。そこで、初めて夜釣りを挑戦しようと思っている人のために、ルアーでの夜釣りで気を付けるべきことをお伝えします。

ちなみに夜のルアー釣りのサイトはコチラ

スポンサーリンク

夜釣りと昼の釣りの違い

暗い

夜釣りは当然ですが暗いです。昼間見えていたものが見えなくなります。特に街灯がないところにある漁港や草原の中にある河川などの釣り場は本当に何も見えず、一歩踏み出すことすら恐怖に思えるほどです。

都市部の夜に慣れている人だと、経験したことの無い暗さに恐怖することは間違いないでしょう。ちょっとした小動物の移動音や遠くの車の音などが敏感に感じられます。オバケが苦手な人には一人での釣行は無理かもしれません。

>>>>夜釣りのライトの選び方についてはこちら

夜釣りの危険性

夜釣りでは、足元が見えないためにぬかるみや木材の腐食に気づかずに安易に足を踏み入れ転倒したり落水したりするリスクがあります。夜、足元に気を付けていただきたいのは以下のような点です。

足元に気をつけたい点
  • ぬかるみや障害物がないか
  • 足元の構造物の腐食がないか
  • 藻やコケなどが生えて滑りやすくなっていないか
  • 不審車両・不審者はいないか(女性は特に)
スポンサーリンク

夜釣りにおける注意点

釣り場の選び方

夜釣りを始めてする場合、昼間とは想定外のことが起こることがあります。まさかの事態にならないように、最初のころは海釣り公園など、街灯があって明るく、足場のよい釣り場を選びましょう。

隅田川テラスなどはおすすめの明るさ

もし、多摩川のような整備されていない河川などに行きたい場合は、できるだけ昼間に訪れ、場所の特徴を把握しましょう。上記のリストで示したような、ぬかるみや障害物、コケなどの場所の把握はもちろん、沖に漁で使う網などが浮いていないか、遠浅になっていないかなどのチェックもしたいところです。

複数人で訪れる

夜釣りは孤独で怖いもの。絶対ではないですが、できれば複数人で訪れる方がよいです。心強いばかりか、落水などのトラブルがあった際に助かる確率を上げてくれます。

私のように一人孤独に釣りをする人の場合、せめて同居人や親しい人に行く場所を告げておくのが安全ですよ。

装備について

まず、ヘッドライトは必須アイテムです。仕掛けづくりやルアーの着脱は両手を使いますので、手持ちのライトでは全く役に立ちません。一か所において照らしてくれるライトだと置く場所に困ったり、竿先などライトで照らせない部分を触る必要があるときに不便です。

ちなみに釣り具は本当に細くて小さいので街灯程度の明かりでは全く見えないです

>>>>夜釣りのライトの選び方についてはこちら

ライト以外に、柵のないところならライフジャケットや携帯の防水ケースはもちろん、足場の悪いところに行くのであれば、スパイクシューズを履いていくのも身を守るために役立ちます。

スポンサーリンク

ルアーでの夜釣りで釣果を上げるポイント

最後に簡単に夜釣りで釣果を上げるポイントと釣り人のマナーをお伝えします。

音を立てない

シーバスをはじめ、魚は夜、目が見えない分、側線という感覚器官(いわば「超絶感度の言い耳」)を働かせて周囲の音や振動を聴き取っています。この感覚は昼間以上に研ぎ澄まされていますので、大きな声でしゃべったり、ドタバタ歩いたりすると魚は逃げてしまいます。

多摩川六郷橋
むちゃくちゃ静かですからね…

特に周囲に釣り人がいる場合はトラブルの原因にもなりますのでご注意ください。

水面をむやみに照らさない

水面を照らすと当然ですが魚は逃げます。釣果を悪くしますし、実はこれ、他人にやられるととってもイライラします(苦笑)。トラブルの元なのでお気を付けください。

ただ、ルアー釣り、特にシーバス釣りにおいては水面を照らしてベイトを確認する行為はパターンを知るためにも実はとっても重要です。バチ抜けの時期などはしっかりバチが抜けているか見ないとなりません。

そのため、照らす場合は人がいないところや照らしても釣果に支障のなさそうな手前の浅いところなどに限りましょう。あまりにも人がいる釣り場ではいずれにしてもやらない方がよいです。

スポンサーリンク

夜に釣りができると楽しくなります!

釣り方が異なるだけで、夜釣りと昼釣りどちらか一方が釣れる、ということはないと思います。ただ、夜間での釣りができれば仕事終わりなどでも釣りができるので、楽しみは増えること間違いなしです。

夜となると時間帯が変わるだけだろ?と思われがちですが、全く様相は異なりますので本ページでお伝えしたようなことを参考に、夜釣りをお楽しみください。

夜釣り関連の釣行記はこちら。