仕事帰りにシーバスが釣れるアブガルシアのパックロッド(モバイル)を使ってみた!(隅田川)

隅田川で釣れたシーバス

パックロッドとは、モバイルロッドとも言いますが、だいたい5~6本からなり、仕舞寸法50㎝~70㎝くらいの持ち運びができるロッド。私はアジングのモバイルは持ってても、シーバスは持ってませんでした。アジより重いシーバスを5本継ロッドで釣ることに不安があったからです。

しかし、今回、アブガルシアのモバイルロッドを購入したところ、とてもいい!ということがわかりましたので感想をば、記事にさせていただきます。

スポンサーリンク

あ、パック(モバイル)ロッドを買えばいいんだ…

釣りに行く暇がない!

仕事が急に忙しくなり、プライベートでもいろいろやることがあり、なかなか釣りに行けない毎日が続きました。Twitterのフォロワーさんが次々釣果を上げているのを見てもんもんする毎日。

そんな時に思ったのです。あ、パックロッドがあれば、仕事帰りに釣り行けるじゃん…。しかも、上野にある会社は隅田川がめっちゃ近い!  おお! 歩いて無料で行けるじゃないか!

ということで、パックロッドの購入を決意したわけです。

モバイルロッドで検討した製品

パックロッドで有名なのはダイワのレイジーモバイルです。あのラテオに匹敵する性能を誇りながら、仕舞寸法が最小で驚異の49㎝という携帯性。さらにテレスコだからしまうのも楽! 最初に思い浮かび、そして最後まで悩んだ1本です。有名ですしね。

ただ、私が欲しかった『T86ML-6』は大人気。ネットにも店舗にもない。T100M-3や、T76MLならあるのですが、仕事帰りということは、隅田川などの小場所でナイトゲーム主体。

T100Mは小場所のナイトゲームとしてはちょっとパワーありすぎ(あと仕舞がでかすぎ(112㎝))。逆にデイでも少し使いたいな~と思っていたので7.6ftは少し短すぎでは…。

まさにこれが「帯に短し襷に長し」

スポンサーリンク

アブガルシア ソルティースタイル カラーズ

そこで購入したのがレイジ―よりも5000円~10000円ほど安い価格帯の『アブガルシア ソルティースタイル カラーズ』というロッドの、サマーブルー STCS-805MT-SBです。

仕舞寸法53㎝と、驚異の小ささ! 問題なく会社にもっていくカバンに忍ばせられます

青い斬新なデザイン

そして、驚いたのはそのデザイン。サマーブルーの名の通り、透き通るような青で塗装されたロッド。

アブガルシアのパックロッド

同じ製品で「ソウルレッド」という、まさに魂を満たす血のような(笑)赤色のバージョンもあります。私は友人とバスケチームを運営してるのですが、そのチームカラーが青のため、サマーブルーを選択。

はコチラ

5本継でも問題なさそう

つなげてみたところ、しっかりしていて問題なさそう。曲げてもきれいな弧を描くし、心配していたような「継ぎはぎ感」はないですね。

某夢の国のグッズを隠してあります

長さは短いですが、7.6よりは長いので、まあまあ妥協です。デイゲームや大場所での使用は実際には少ないと思うし。

ケースは頑丈で安心できる

このロッドはハードケース付きなので、ネットで買っても傷つく心配がない。満員電車やオフィスの椅子に引っ掛かってもケースに入れとけば大丈夫なくらい頑丈です。しまった状態での持ち運びの多いロッドなのでうれしいですね。

中身は下記写真のように1ピースごとにしまえるようになっていて、他のパックロッドや釣り道具を入れられる余裕はなさそうですが、その分ピースどうし傷つけることがなく、安全性はかなり高いです。

アブガルシアパックロッド・開けたところ

某釣りサイトでは踏んづけても大丈夫…とありますが、まあそれは、その人の体重によるでしょう(笑)

スポンサーリンク

実釣!隅田川テラス

ということで、早速次の日の平日、2021年4月26日(月)釣りに行ってきました。月曜日ですよ!月曜日!

タモはリュック、ロッドはユニクロのエコバッグ

アジングは基本ぶっこ抜けばいいのですが、シーバスはタモが必須。なので、3mのシャフトを新たに買いました。3mだと、仕舞が41cmとリュックにも入ります。網はもともと小さくたためるのでいつも使っているのを転用です。

ロッドはリュックに入らず目立ってしまうのですが、ここで、Twitterのフォロワーさんから素敵な情報を寄せていただけました。

素晴らしい…一つのカバンに入れることに執着しすぎてました。会社の人にバレなきゃいいんだから、重くなければカバンを二つにしてもいいよね…ってことで買いました(笑)

隅田川到着!仕事帰りにできるなんて…

隅田川に到着し、早速展開。仕事のリュックから取り出して一つひとつ部品をつないでいくと、意外と時間がかかりました。ただ隅田川は街灯が明るいので、ヘッドライトがなくても楽に組み立てられますよね。

スカイツリー輝く中で…
橋もきれいですよねぇ~

都心のど真ん中に、シーバスの釣れるこんないい場所があるなんて最高ですよね~。夜景もきれいだし、テンション爆上がりです。

釣り場の隅田川テラスについて詳しいことはこちら。

最初はプラグを使うも流れが速くて苦戦

さっそくシンペンを試します。もともと飛ぶルアーですが、このロッドでもしっかりきれいに狙い通りのところに飛んでくれました。

ただ、この日は大潮で、満潮時刻が16時ごろ。そのため、釣りを開始した18時ごろは下げMAXで急流と言っていいほど流れが速かったです。そのため軽いプラグはすぐに流れてしまい苦戦しました。誰かこういう時のやり方教えてくれ…。

隅田川の投げ釣り禁止の看板
こういうところはテクトロしました

ところどころ、橋のところにこういう標識がありますので注意が必要ですね。

コアマン『ミニカリ』で45㎝フッコさん!

流れが速いので比重の高いワームでレンジを刻みながらネチネチ探ることにしました。静ヘッド10gに、ミニカリを使用。最初はチャート系の色を使っていましたがどのレンジでも反応がないため、黒系の色に変えました。

この色なんですが、公式サイトにはないのでもう売ってないのかな・・?(Amazonでは品薄ですがありそう)

橋の上流側に立ち、アップに投げる…流れが速いのでダウンクロスの状態になりながら回収・・・というのを繰り返すと、ほぼ足元に近いところでガツン!

ものすごいエラアライとともに、挙げたのは40~45cmのフッコさん!すごい!購入からわずか2日で入魂!!笑

網がモフモフしてて、正確な計測ができませんでした笑

ダウンクロスだったので、ハクパターンだったのでしょうか? 体は小さいですが表層で食ってきてめちゃくちゃ動く、元気な個体でした。

河川×春先、ということで、なかなか難しい条件での釣りでしたが無事1匹でも釣り上げることができてよかったです。隅田川ランナーの視線釘付け、おばちゃんに「大きい~!」と言われましたが、すましたどや顔を決めました笑。

スポンサーリンク

アブガルシアのパックロッド、使用後の感想

キャストは全く問題なし

糸がらみがしにくいKガイドではない、5本継である…など、心配事はいくつもありましたが、キャストではそれは感じさせないスムーズさがありました。対応できるオモリ負荷も30gまでなので、十分デイゲームでも使えますね。

硬さがMであるため、飛距離も問題なくノーストレスで釣りができました。

硬いため、やり取りに少し不安

逆にシーバスに適切な805のロッドではパワーはM一択。そのため、いつも使っているMLよりも当然硬いです。感度等は問題ないですが、シーバスがかかったときのやり取りで、いつもより竿がしならないため、やり取りに少し不安が残ります。

というか、あの時はがっつりフックが口元に刺さっていたけど、ノガレのような小さなフックだったらヤバいかも…?

いつもMLを使って甘えていた面もありますので、慣れればそんなに気にならないとは思いますが。

軽くはないけど気にならないかな

「重い」とは思いませんが、決して軽いロッドでもありませんでした。でもこれはいつも121gしかないディアルーナというとんでもなくよい竿を使わせていただいているせいでもあります。

このカラーズは約170gと、軽さを売りにはできないくらいの重さではありますが、それでも重さはそんなに気になりませんでした。

スポンサーリンク

仕事帰りにシーバス釣りができるって最高!

いろいろ書きましたが、振り返ってみると、やはり平日、シーバスがこんなに手軽に狙えるのは最高としか言いようがないですね。仕事終わりちょちょいとよって、大きな魚を釣って帰る…まさに私が追い求めていたライフスタイルです。

今回は会社から徒歩で行ける隅田川を狙いましたが、平日であれば海釣り公園なども空いていていいですよね。てことは、若洲海浜公園や東扇島西公園だって寄れちゃうんじゃないのグフフ…

釣りの選択肢がグーっと広がる、良い買い物をさせていただきました!