「シーバス釣れない」人はまずは「VJ-16」を使ってみよう!

Vj-16

シーバスの最初の1匹が釣れない。本当にルアーで釣れるの? そう不安になるシーバス初心者の方は多いと思います。私もボウズが1年続いたときにそうでした。「なぜ私だけ…」と不安なになるんですよね。

でも、VJ-16というルアーに変えたとたん、釣れる釣れる…! 苦しいシーバス釣行は一転してワクワクするものに。VJ-16こそ最も初心者向きルアーです。シーバス釣り最強ルアーともいわれるVJ-16を紹介します。

スポンサーリンク

初心者がルアーで釣るのは難しい

ルアー釣りは上級者の釣りです。エサ釣りならば、偶然大物がかかることはたまにあります。しかし、ルアーの場合ただ投げているだけでは釣れませんし、放置できないルアー釣りは、エサ釣りよりも根気が必要です。

ルアー釣りは、考慮しなければいけない状況が多くあることが、難しくしている原因です。例えば、夜はチャートカラーが釣れるといって、常にチャートカラーを使うことが正解ではありません。その場の状況によって違う色で釣れるときもあるのです。

1匹も釣ったことがない人が状況に合わせて何をチョイスすればよいかは至難の業です。そこで、この状態を打破するには、ほとんどのシーンで釣れるルアーがあればよいのです。ルアーは間違っていないのだからあとはレンジを変えるか、巻きスピードを変えるか…そんなことだけ考えていればよいわけで、取るべき選択肢がシンプルになります。

そして、そう、その最初の武器となるルアーがVJシリーズのルアー、特にVJ-16です。

スポンサーリンク

VJ-16が釣れる理由

正直、どうして釣れるのか、明確に答えは出ていません。ただ、よく言われている点は以下の通りです。

マッチザベイトを徹底的に追求したフォルム

VJ-16はシーバスが捕食するベイトフィッシュの形を研究し、マッチザベイト(シーバスの捕食するベイトにマッチさせている)を徹底的に追求。特にカタクチイワシが入っているときはとてつもない威力を発揮します

カタクチイワシとVJ。そっくり。

コアマン社長の泉氏も、イワシと似ている点をかなり強調されています。

私は若洲海浜公園にて、カタクチイワシが大量に接岸してきたとき、1投1匹と言っても過言でないほどの大爆釣を経験しました。

イワシが回っているときなどは大爆釣間違いなしでしょう。もちろん、イナッコやコノシロなど別のベイトを食っているときも釣れます。

ワームが柔らかく、可動域も広い

ジグヘッドの仕掛けは他のメーカーもたくさん出しています。しかし、VJと比べるとワームが硬いことがおおく、ジグヘッドも、ワームが取れてしまうことを気にしてか、ワームの可動域が短めになってしまっていることが多いです。

VJの可動域
ここまで曲がるジグヘッドはあまりない

ワームは柔らかいほうが釣れると言われます。それに加えて可動域が広くとってあるおかげで、シリコンのナチュラルな感じが最大限発揮され、シーバスに「本物のベイト」だと思わせているのかもしれません。

スポンサーリンク

もっとある!VJ-16のよいところ

フィッシュイーターなら何でも狙える

VJ-16は、シーバス釣り用のルアーですが、シーバス以外のフィッシュイーターも積極的にアタックしてきます。イナダなどの青物はもちろん、タチウオ、カマス、そしてゴロタで使えば根魚のカサゴ、メバル、オオモンハタ。うれしくないですがフグも食います。静岡などではマグロも釣れることがあります。

これは2019年以前の画像。20年以降、クロマグロはリリース義務があります

青物の回る秋などにつかえばヒットしたときに何がかかったかわからないワクワク感を味わえます。

ワームを刺すのも簡単

VJ-16は、コアマンが制作しているジグヘッドですが、同社のワーム「アルカリシャッド」をつけて使用します。普通ワームは1本のシングルフックにぶすりと刺しますが、VJはトレブルフックが2本つき、ワームは突起に刺します。

f:id:kairsss:20200220220450j:image

(写真は都合上、VJ-22)

通常の形のジグヘッドにワームを刺すのには少しコツがいります。正しく刺さないと釣れなくなることがあります。始めたばかりの人にとって、VJのように突き刺すだけのものは単純でミスが少なく、手返しがよくなるので釣れる確率を高めてくれるのです。

スポンサーリンク

VJ-16の使い方

VJ-16ですが、使い方も簡単です。

VJ-16はタダ巻きで釣れる

ルアー釣りは、アクションが大事です。アクションが下手だとシーバスは食ってきません。ですから、初心者にとってハードルが高いのです。

その点、VJはタダ巻きでも十分OKなルアー。タダ巻きがVJで一番釣れるアクションです。昼ならば1秒間にリールのハンドルを2~3回転、ただただ巻くだけでいいのです。

レンジに気を付けよう

VJは、ただ巻きするだけだと表層に近いレンジを泳ぎますが、着水後カウントをとれば、いろいろなレンジを探ることができます。

例えば、イワシが回っているときなどは表層タダ巻き、逆に表層で反応がないときはボトムまで落としてみる…などレンジだけ意識すると釣りの幅が広がります。

VJ-16につけるワームの色はなんでもOK(と思う)

ハードルアーではその場面に応じ、同型のルアーでも色によって釣果が違います。これも、初心者がシーバスを釣れなくさせている原因の一つです。しかし、VJの色は2~3色そろえれば十分です。クリア系で、グリーンなど、何となくベイトに似せた色のワームを2色。夜用にチャート(蛍光)色を1色。もちろん使い分けはありますが、一番スレがすくないクリアー系の色にしておけばとりあえずはOKです。

ワームはコアマンのアルカリシャッドを使用しますVJを購入すると2つついてきますが、ヒットするとすぐに壊れてしまいますので、別途購入しておくことをおすすめします。

イワシパターンなら迷わず使う

初心者ならだれもVJ-16をおすすめするくらい優秀なルアーですが、その特性を最大限生かす方法はあります。それは、シーバスがイワシを捕食しているとき(イワシパターン)を選ぶこと。

冒頭で紹介した通り、カタクチイワシがマッチザベイトで、よく食います。イワシを食っているときは活性が高いことが多く、「入れ食い」の可能性も期待できます。

イワシを食べているかどうかは、当日水面にイワシがいるかをチェックするほか、近くの釣り場のサビキの釣果などを検索やTwitterなどで調べてみるのも一つの手です。

スポンサーリンク

VJの気になる点

褒めたたえすぎたVJ-16ですが、少しだけ留意点もあります。

もちろん、釣れないこともある

他のルアーでは全く反応がないのに、VJだったら食った!というツイートはよく見ますが、一方でVJを投げても食わなかった…というツイートもあります。

相手は生き物なので当然差はあるのです。状況に合わせたルアーチョイスをする、潮目を探る、ラン&ガン、流れの変化を攻める…といったルアー釣りに必要なメソッドは行わないとなりません。

ただ、本当に1つ目に選ぶルアーとしては最も可能性の高いルアーとしておすすめできる点は揺るがないと思います。

ワインドには適さない

ワインドという、ワームをジャーキングさせる手法。サゴシや青物、そしてヘチ際のシーバスなどに効果があります。

VJシリーズは「ワームの可動域が広い」「ワームが柔らかい」というメリットが裏目に出て、ワインドのようなルアーの激しい動きをすると、ワームが後方のトレブルフックに引っかかってしまうことがよくあります。

なれないうちは、頻発すると手返しが悪化しあまり効率的ではないので、ワインドさせたい場合はジグヘッドをVJではなく、ワインドしやすいように開発された、同じコアマンのアルカリダートに変えることをお勧めします。

売っていない

最近は、VJの「釣れる」噂が爆発的に広まり、釣具屋には入荷後数時間で売り切れるという伝説のアイテム。まさにたまごっち状態に。

ネットでは高額で転売がなされ、「定価でなかなか手に入らない」との声も。

ただ、その場合のVJに代わるルアーついては考察した記事がありますので是非参考にしてください。

スポンサーリンク

釣れないとき対策

VJ-16は釣れる確率がかなり高いルアーです。それでも、完全なものはこの世に存在しないのと同じで、釣れないときもあります。そんなときは次のことを試してみてください。

レンジを変える

シーバスの泳ぐ層(レンジ)とルアーの泳ぐレンジが違えば、いくらVJでも釣れません。

フォールして巻き始めるまでのカウントを変えてみるほか、ジグヘッドを16gではなく22gや28gなどのVJ-22、Vj-28に変えてみましょう。ジグヘッドの重さによって泳ぐレンジが変わります。

ストップアンドゴーを試してみる

5~6回巻いては1秒止め、4~5回巻いては1秒止め、というストップアンドゴーを不規則に繰り返すとバイトチャンスは増えます。

ジャーキングなどはワームが引っかかるリスクになりますので、慣れるまではストップアンドゴーを推奨です。

場所を変える

「初心者でも釣れる」のがVJですが、どうしても反応がないときは場所を変えてみてください。いやいや、複雑な理論を駆使した場所探しは不要です。例えば、単に「5m横にずれる」を繰り返すだけでOK。

シーバス釣りでよく言われる「橋脚周り」や「潮目」は、狙った方が確かに効率はいいです。しかし、キャストが慣れていなかったり、ポイント探しが良くわからないのが初心者というもの。

とにかく4~5投して無反応なら移動、移動、とやっているとヒットする場所があるはずです。そしてそこが「シーバスが居着く場所」と考え、どうしてヒットしたのかを考える…すると他のルアーでも釣れるようになります。

スポンサーリンク

1匹でも釣れると気持ちが楽に

『100回釣れない理由を考えるよりも、1回釣れる理由を考えるほうが釣り人を大きく成長させる』という言葉の通り、「魚がいないのか」「アクションが悪いのか」「ルアーの色が悪いのか」「はたまたレンジが悪いのか」・・・

釣れない理由というのは結局のところわかりません。釣れない理由を熟考するよりも1匹釣れた理由を考えるほうが100倍の価値があります。なおかつ、簡単に釣れると「私でも釣れる」という余裕が生まれます。そして、心の余裕は釣れない理由の分析力を高めてくれます。でも、悔しいですけどね(笑

私もVJを使って釣ることができてから、冷静に、楽しく釣りをすることができるようになり、だんだんとVJ以外のルアーでもどうシーバスを釣ればよいのか、わかるようになってきています

そんな不安を持つ方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。