色々な釣りができる万能ロッドとは?選び方と注意点

釣り竿(ロッド)を買う、といっても、まだ何を釣りたいかもわからないなかでは「いろいろな釣りができるロッドが欲しい」と考える人は多いでしょう。

ロッドは1本1万円以上する安くない買い物。一つに絞って「やっぱりあっちの釣りがしたかった」なんて思いはしたくないですよね。

今回は初心者の方が損をしないロッド選びができるように、いろいろな釣りができる万能ロッドの選び方や注意点について解説します。

万能竿(万能ロッド)とは

シーバス・エギングが最適!

釣りは、魚のサイズや習性などが千差万別。
だから正直言って「何にでも使える万能ロッド」はないのです。

しかし、「なるべく多くの釣り種に対応できるロッド」はあります。
それがシーバスロッドエギングロッドです。

万能(あらゆるロッドの中間)ロッド
  • シーバスロッド(シーバスルアー釣り用ロッド)
  • エギングロッド(イカのルアー釣り用ロッド)

この二種は、「長すぎず、短すぎず」「硬すぎず、柔らかすぎない」。
あらゆるロッドの特徴の中間に位置するようなロッドです。

他のロッドではダメなの?

趣味なので、何釣りだろうが気に入ったロッドを使ったほうがいいと思います。
ただ、例えば小さなアジ用の釣り竿を大きな魚の釣りに使うなど、あまりにも想定される魚種からかけ離れたロッドを使うと、釣れないばかりか破損や怪我につながる危険性もあるので要注意です。

ここではシーバス・エギング以外のロッドをお勧めしない理由を簡単に一覧でご紹介します。

釣り種ダメな理由
アジ・メバリング弱すぎ。短すぎ(1~2m)
磯竿長すぎ。弱すぎ(4~6m)
ジギング硬すぎ。太すぎで、取扱いに不向き
和竿(カワハギ)硬すぎ。カワハギ専用
ヘチ竿「ヘチ釣り(落とし込み釣り)」専用
他の釣り竿がダメな理由

例えばシーバスロッドと、アジングロッドでは下記の通り太さが全然違います。アジングロッドに60cmのシーバスがかかってしまったら、取り込みはほぼ不可能でしょう。

アジングロッドとシーバスロッドの太さの違い

本当に無難な「最初の一本が欲しい」という事であればシーバスかエギングロッドがよいでしょう。

もちろん、「したい釣り」が明らかなら、迷うことなく専用竿を買うべきです。

万能ロッドの選び方

選ぶロッドの種類が決まったら、今度はそれをどうやって選ぶのか、知っておかなければなりません。

そこで、万能ロッド(ここではシーバスロッドとエギングロッド)の簡単な選び方をご紹介します。ポイントは以下の二点です。

  • 重さ/硬さ/長さ
  • 気に入るかどうか

重さ/硬さ/長さで選ぶ

ロッドは重さ/硬さ/長さの3段階だけ見ておけばOKです。あとは先調子がどうとかガイドがどうとかいろいろあるのですが、そんなの最初は全くわかりませんので、わかるまでは気にしないで大丈夫です。

万能ロッドの選び方
  • 重さ…軽ければ軽いほどOK
  • 長さ…8ft~9ft(2.5m~2.8m)くらい
  • 硬さ…ML~M(柔らかめ)

「扱いやすさ」を優先しよう!

ロッドは長いほど遠投でき硬いほど大きな魚と勝負できます
一方で長すぎ・硬すぎのロッドは扱いにくくなります

なぜなら、棒高跳びでもしなければ、これまで2~3m以上の棒を取り扱った経験のある人は少ないはずだからです。

棒高跳びする女性

正確な位置に仕掛けを投入するルアーを泳がせることができるようになることが初心者がまずしなければならないことです。

それに、例えば「手元に夢中でロッドの先端を壁にぶつけて破損」といったことは最初は割とある事故です。誰かにぶつけてしまうと、最悪ケガの危険もあります。

釣れる/釣れない、の前に、「長い棒」の扱いに慣れるまでは上記の基準に当てはまる程度の「扱いやすいロッド」とすることが大事です。

ちなみに、エギングロッドはシーバスより短め・柔らかめに作られています。その代わり大物が来るとちょっと大変。だから、あまり大きな魚とのやり取りを考えていない方や力に自信のない方はエギングロッドから選ぶのもよいでしょう。

初めは「気に入ったもの」でOK!

いま述べた「重さ/硬さ/長さ」以外に、ロッドはテーパーや感度といったあらゆる指標があるのですが、ぶっちゃけそんなの最初はわかりません(笑)。
だから「かっこいい!」といった理由で選んでしまって大丈夫です。

ディアルーナ(沖堤防)
管理人のロッド『ディアルーナ』かっこよくないですか!

テーパーがなんとかで、ブランクスがほにゃらら…そんな説明受けたところでそれを実感することは最初はできません。

それよりも、「軽いな!」「キラキラしてかっこいい」といった初心者でもわかる点で選んだほうが、大切にしようと思う気持ちと、釣りのモチベーションが芽生えます。そうすれば釣行回数が増え、その分うまくなるでしょう。

うまくなってくれば自然とどんな釣り竿がまた欲しくなるかわかってきます。
最初はあまり悩まず直感で!かっこいいロッドを選びましょう。

趣味なんですから…

おすすめの万能ロッドを5つ紹介!

釣具屋に行ってもどれがどれやら…とならないよう、初心者ならこれ!と思う万能ロッドをご紹介します。超有名で大体最初はこれだよね!という安心できるモデルを選びました。

ちなみに、下記のリンクから買ってくださるとありがたいですが、ロッドは送料もかかりますし、何よりも実物を手で触って握り心地などを体感することも大事です。実店舗にもぜひ寄ってみてください。

メジャークラフト『ファーストキャスト』(シーバス)

シーバスロッドの「ファーストキャスト」はシーバス釣りのエントリーモデルとしては超有名な1本。手に入れやすい本格的なロッドです。ちなみに、エギングモデルもあります。

徹底的に無駄を省」く(公式)ことでコストダウンを実現し、初心者でも扱いやすいのに手に入れやすい価格で提供されています。安いモデルは劣悪な輸入品が多く、ガイドがすぐに取れてしまうなど基本的な性能を備えていないことが多いですが、大手メーカーのメジャークラフトなら安心ですね。

シマノ『ルアーマチック』(シーバス)

釣り具の2大メーカーのシマノ(もう一つはダイワ)が出しているシーバスロッドのエントリーモデルがルアーマチックです。かなり有名らしく、ルアーマンの多い釣り場では必ず1人は持っている(管理人調べ)のを見ます。

また、ルアーマチックは、身元の分からない工場ではなく、シマノの自社工場で独自の品質基準に照らし合わせて製造しており、低価格帯ながら安定した品質を確保しています。最初の1本におすすめです。

ダイワ『シーバスハンターX』(シーバス)

二大メーカーのもう一つ、ダイワのエントリー向けロッド。ただ、こちらは1万円前後するモデルです。1万円以上するモデルの良いところはKガイドが搭載されていることです。

Kガイドとは、ロッドのガイド(ロッドについている糸を通す丸いリング)にPEラインが絡まってしまうトラブルを減らすガイドのこと。投げるのに慣れていない初心者にはうれしい機能です。

特にシーバスハンターはダイワのKガイド搭載モデルの中でも最安です。これより上位種のラテオなどと機能面ではそん色ないです。Kガイド搭載の本格ロッドを考えている方には是非ご一考いただきたいロッドです。

ダイワ『エメラルダス』(エギング)

4本目はエギングロッドを紹介。1万円前後のエントリーモデル。万能ロッドとして使用したいという方でも、エギングを専門にしたいという方でも納得の品質です。

ダイワは洗練されたデザインが特徴。見た目にこだわる方にもお勧めできます。

シマノ『セフィアBB』(エギング)

シマノ製品でエメラルダスとの同価格帯ではセフィアBBが有名。こちらはガイド(ロッドについている糸を通す丸いリング)にSicリングというものが使われています。これ以上の上級ロッドにはすべてついている素材で、ラインの糸がらみがずいぶん減るというもの。

エメラルダスに比べても10ほど軽いため、どちらかで迷うなら、私はセフィアにするなぁという感想です。

万能ロッド使用時の注意点

最後に、万能ロッドを使用する際の注意点をご紹介します。守って使っているとより釣りの上達が早く感じられると思います

「対応負荷・ライン」はよく見る

万能ロッドと言えども、メーカーが想定していない使い方をするとロッドの破損や使用者のケガにもつながりますので注意が必要です。

中でも、対応負荷を超えたオモリやルアーはなるべく使わないこと。ロッド購入時に書いてある対応負荷とラインの号数を守るようにしましょう。

ロッドの対応負荷

例えばMAX WEIGHT=40gと書いてあれば、それを超えるオモリをつけるとロッドの破損の原因になります。厳密には大丈夫な場合もあるのですが慣れないうちはよしておきましょう。

ロッドは擦れ・横の衝撃に弱い

ロッドはしなりに強く…相当曲げても折れないくらい丈夫です。

一方で、こすれや横からの衝撃には極端に弱いです。軽くでも踏んでしまえば一発アウトですし、竿を磯などごつごつしたものに不用心に立てかけるのもNG
傷がついて折れやすくなり、その時は大丈夫でも、魚がかかったり、根掛かりで急な負荷がかかったときにポキっといく(逝く)こともあります。

管理人は粗雑に扱って、根掛かりの際に2万5000円のロッドを折ったことがあります…。

使用時、操作性/感度などを意識する

今は万能ロッドでも、慣れるうちに釣りたい魚が決まって専用ロッドが欲しくなってくるもの。

その時に「違いが判る人間」になるためにも、ただぼんやりと使わず、ロッドの性能を意識して使いましょう。キャストのしやすさ、ルアーの操作感、仕掛けやルアーがどう動いているかを手に伝わってくる振動(感度)で感じ取るようにするなどです。

操作性や感度などを普段から意識して使っていると、別のロッドに変えたときにその違いを強く感じ取ることができるようになります。

初めて10万円近いロッドを触らせてもらったときは気絶しそうなくらいにびっくりしました(買いませんでしたが…)