シーバスロッドで青物は狙える!シーバスショアジギングのやり方

夏~秋になるとSNSの釣りクラスタ界隈をにぎわせるのがイナダやショゴなどの青物です。泳ぎの上手な青物は、30㎝クラスでも相当な引きを味わうことができ、なおかつ美味な青物はいつでもルアーマンの心を魅了しています。

ところで、青物はショアジギングロッドという専用ロッドを使って狙いますが、実のところシーバスロッドでも狙えます。いまいちショアジギングタックルとの違いが分かりづらいですが、今回はシーバスタックルでも十分狙える青物の狙い方について解説します。

スポンサーリンク

シーバスタックルで青物を狙えるか

私はシーバス釣りを始めたころ、ハマチ(イナダ)やショゴ(カンパチ)などを狙う青物釣りと、シーバス釣りでタックルやルアーがわけられていることが気になりました。どちらのルアーでも釣れるのに、どうして分けられているのだろう?と。

もしかしたらシーバスタックルで青物を狙うのは変なのか?というところまで考えましたが、結論から言うと、シーバスタックルで青物を狙えます

シーバスタックルで狙える

シーバスタックルは5cm~15cmほど、重さも5g~30gほどのルアーを使用します。青物も同様です。そのため、ロッドやラインも似通ったものを使用します。

したがって、青物はシーバスタックルで狙うことができます。

青物は釣り物として大変人気の高い魚種なので、専用ロッドや仕掛けがたくさん発売されています。だから「青物を狙うのならショアジギングロッドでないとだめなのでは?」と思われがちですが、基本的にはシーバスとサイズが似通ったフィッシュイーターであるため、シーバスロッドを援用できます。

シーバスタックルを持ってるけど、青物も狙いたいからといって、わざわざショアジギングタックルを買い直す必要はないのです。

ショアジギングタックルとの違い

それでは、青物専用のショアジギングタックルとシーバスタックルは、どこが違うのでしょうか?

青物シーバス
竿の長さ長めが多い(9~10ft)短いのでもOK(7~8ft)
竿の硬さ硬めが多い(MH~H以上)柔らかいのでもOK(L~MHくらい)
ルアーの重さ重い(20~80g)軽い(5g~40g)
ルアーアクション激しめ大人しめ
狙い方基本回遊待ち回遊&居着き半々
シーバスと青物のタックル等の違い

青物の特徴は、泳ぎが上手で回遊個体を狙うことが多いということ。したがって、幅広くサーチできる=重いルアーを遠投できるように、ロッドはシーバスのものより長くて硬めに作られています。

ただ、これらはシーバスも共通した特徴を持っている面もあるため、狭い港湾や河川などでない限り、ショアジギングロッドで沖のシーバスを狙うことも可能です。

要はシーバスでできることは青物でもでき、青物でできることのほとんどが、シーバスロッドでもできるということ。

シーバスを狙いつつ、青物も釣っちゃおう~!という夢の釣りができるということです。

ブリサイズには要注意

イナダは出世魚で80㎝を超えるとブリと言われます。このあたりのサイズになってくると、オカッパリからは本格的なショアジギングロッドで100m等大遠投をしないと確率は極端に低くなります

また、万が一ブリがかかってしまった場合、PE1.0号、ショックリーダー4号など、60㎝程度までのシーバスを釣ることを想定したタックルだとファイティングに不安が残ります。

本格的に青物専門で狙いたい場合は、できるだけショアジギングロッドの使用をおすすめします。

スポンサーリンク

シーバスタックルでの青物の狙い方

シーバスタックルは青物にも転用できると言いましたが、ハイシーズンなどで、より効果的に青物を狙うために、簡単にできる(シーバスと違う)シーバスタックでの青物の狙い方についてご紹介します。

浅いレンジを狙ってみる

青物は浅いレンジを泳いでいることが多いため、まずは浅いレンジを中心に狙ってみましょう。ボトムや中層には絶対いないということはないですが、回遊がきて時合が来ているときは表層中心に探る方が効率的です。

着水後すぐにワームを巻き始めて釣れたイナダ

もちろんフォール中に食ってくることも多いため中層以下の選択肢も残しておきます(シーバスが食ってくることもあります)

ワームを活用しよう

ショアジギングロッドとシーバスロッドの最大の違いはロッドの柔らかさ。そのため、ショアジグロッドではあまりワームは使いませんが、ですが、ワームでも十分(むしろそれ以上に?)青物が釣れます

ショアジギングでよく使うメタルジグよりも、ワームの方がスレた青物に効きます。群れにハマれば1投1匹も夢ではないほど。特にVJ-16はシーバスだけでなく、青物にも大変有効です。

VJ-16に食いつくショゴ

青物シーズンには周りがメタルジグばかり使っている中で自分だけワームで爆釣…ということもあるかもしれません。

潮通しのよいところをラン&ガン

青物はシーバスと違い、特定の場所には居着きません。いわゆる「回遊」個体が中心です(だからおいしいんです)。そのため、基本的には「回遊待ち」となります。ショアジギングと違って遠投力では劣るため、その分足で稼ぎましょう

沖堤防などでは表側から裏側に移動するなど、自分から探りに行く姿勢は大切です。

「潮目」や変化を意識する

青物はストラクチャーなどに居着くことは少ないですが、潮目などの海面の変化にはよく潜んでいます。

潮目
潮目(横一線)

ワームやバイブレーションなどを引いていると、重くなる場所と、そうでない場所があります。ここは流れが変わっている場所。こうした変化のある所にルアーを通すとガツンと食ってきます。

正確には潮目や流れの変化に青物が食うベイトがたまりやすいのです。

アクションをつけると◎

シーバスは比較的ルアーにアクションを付けず、ゆっくり動かすことが多いですが、青物は泳ぎが上手で激しい動きのルアーにも食いつきますし、むしろキラキラしたフラッシングによく反応します。

そのため、タダ巻きで食いつかなかった場合、ワームをワインドしてみるなど激しい動きを心がけてみるとよいでしょう。

スポンサーリンク

ルアーの選び方

遠投性能に優れたもの

青物は回遊個体を狙う方法が一般的。回遊個体にルアーが出会う確率を上げるためには、少しでも遠投し、極力遠くから長い時間ルアーが海中にあることです。

したがって、遠投性能に優れたメタルバイブレーションやメタルジグ、ウェイトの重いジグヘッド(ワーム)などがおすすめです。

タックルの重量負荷に合ったもの

ただし、シーバスタックルはほとんどの場合、ショアジギングロッドより柔らかく、おもりの対応負荷が軽く設計されています。もちろんHやMHなどの硬さのロッドの場合はショアジグ兼用でこの限りではないですが、MLやMなど、普段河川等でも使用するロッドを使ってい場合は要注意です。

対応負荷はロッドの仕様に書かれています。ロッドやラインの対応負荷を超えて重いルアーを付けると、不要なラインブレイクや最悪の場合ロッドやリールの破損を招きます。十分にご注意ください。

オススメルアー3選

VJ-28

シーバスのエサとまで言われ、一世を風靡しているVJで、青物もバカみたいに釣れます。重さは16gではなく28gのほうが遠投性能に優れていておすすめ。

ただ最近品薄が問題になっています。VJが手に入らない場合は、柔らかめのワームと20g程度のジグヘッドを使用することである程度代用が効きます

セットアッパー145 S-DR

15cm近いミノーですが、死ぬほど飛びます。そして、中層を一定の姿勢で泳いでくれるため、表層でも食わないときや、スレた青物にも効きます。シーバスにはもちろん効くのですが、青物の実績が非常に高いとのことでピックアップしました。

ビッグベイトなので、リーダーが3号など細めのものを使用されている場合はブレイクに注意が必要です。

メジャークラフト ジグパラ 20g

青物と言えばメタルジグ。中でもジグパラは遠投性能や水中でのフラッシングが安定していて私は気に入っています。

メタルジグはタダ巻きでフラフラ泳がせて食いを誘う方法がありますが、基本はボトムまで落としてジャーキング、もしくはリフトアンドフォールなどアクションさせます。

城ヶ島のシイラ
青物ではないですが、シイラが釣れたことあります

ショアジギングロッドなどでは40g~60gくらいの重いものを使って大遠投しますが、シーバスロッドでは20~30gくらいにしましょう。いわゆるライトショアジギングと言われるものですが、回遊が来ているときは普通に釣れてくれるので安心してください。

メタルジグの留意事項

一つだけ懸念事項を伝えると、メタルジグで激しくジャーキングする場合、シーバスの釣果はほとんど見込めなくなります

活性の高いときなどはこの限りではないですが、上記セットアッパーやVJの場合、タダ巻きでシーバス狙っていたら青物も釣れた!ということは起こりやすいですが、メタルジグではそうした事態が起こりづらい。

でも遠投性能は抜群なので青物やシイラなど、あらゆる魚種を幅広く狙えるのも事実。物は試しです。1度はチャレンジしてみてもよいと思います。

スポンサーリンク

釣っても食べても◎釣りの幅が広がる

シーバスロッドでの青物の狙い方を解説してみましたが、どう感じられたでしょうか。

青物は引きが強く、ファイトがスリリングで楽しいですが、それに加え、食べておいしいのが魅力の一つ。ある日のイナダは漬け丼(甘めの醤油系調味料に漬けたどんぶり)にしていただきましたが、これがプリプリで絶品でした!

ハマチの漬け丼
飲兵衛の食卓 

釣ってもよし、食ってもよしな青物。始めれば釣りの幅は確実に広がります。この機会に是非挑戦してみてください。

ちなみに青物の捌き方はコチラ。記事はシーバスですが、青物にも同じことが言えます。