【20.09.05】城ヶ島でまさかのシイラ!ヒラスズキを狙っていたのだけど…

こんにちはすずきです!

昔から釣りでお世話になっている神奈川県三浦市は城ヶ島に行きました。ここは県内最大級の釣り場でありながら、ほとんどは玄人向け。私は初心者のころよく訪れて、繰り返される坊主の日々…でした。ですが、今回はな、なんと!シイラ釣れてしまいました! その様子をレポートします。

なお、城ヶ島をルアーで狙いたい方については、参考になる記事を書かせていただきました。まだ行ったことのない方は参考にしていただけると思います。ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

城ヶ島の概要

城ヶ島は神奈川県の三浦半島の先っちょにある小さな島。半島との距離は近く、城ヶ島大橋という橋を渡って徒歩や車で行くことができます。

島には県営の駐車場がそこら中にあり、超ハイシーズン以外は停められないことはありません。しかも、一部を除き、ほぼ全域で釣りが可能! ですが、8割ほどは天然の地磯になっているため、ライフジャケットやスパイクシューズ必須の玄人向き釣り場です。

スポンサーリンク

狙いはヒラスズキ

台風10号の影響で磯は大荒れ

この日の釣行は、数日前の日本列島からみて南東の海上に台風10号があったため、それが起こしたうねりが城ヶ島に到着。波の高さの予報は1m~2mですが、それだけでも磯は4~5mを超える巨大な波が押し寄せる超危険な釣り場に化します。

装備を整えてヒラスズキを狙いに行く!

危険な反面、これだけサラシが広がれば、シーバス(ヒラスズキ)の釣果が期待できる条件が整います。私がこのタイミングで城ヶ島をチョイスした理由もここにあります。

でも危険は危険。ライフジャケットとスパイクシューズは必須です。以前のシューズが壊れたのでAmazonで新調したスパイクシューズとシュノーケリング用のライフジャケットを着ていざ出発です。なお、ライフジャケットはインフレ―タブル式ではないものを選びましょう。詳しくは下記記事をご覧ください。

Amazonで買ったスパイクシューズ。安くて性能は抜群でした。ただ、レビューにあるように確かにちょっと大きめに作られているため、例えば27.5㎝の足の人は28㎝ではなく27㎝で十分だと思います。

釣行ルート

ヒラスズキは磯で、しかもサラシが広がっているところに潜み、ベイトフィッシュを狙います。そのため、広いサラシを見つけ、ストラクチャーの周辺をフローティング系のミノーなどを通すと釣れます。この日は写真のように、全面的にサラシが広がり、狙い放題。風もなく、最高のヒラスズキ日和でした。

今回はキャストエリアの広い城ヶ島灯台のある方、城ヶ島の南西部(地図左下)を中心に磯を歩き倒しました。磯は上ったり下りたりを激しく次の日筋肉痛になるほど険しかったです(苦笑)

シケすぎてどこも入れず…

台風前後のサラシが広がるタイミングがヒラスズキ釣りのポイント、ではあるのですが、シケがあまりにも広い、そしてでかい…! もはや命の危険を感じるレベル

比較的凪いでいるタイミングを狙ってルアーを投げますが、いちいち波を確認しながらやらねばならず、精神的負担が大きい…!ポイントを3~4か所替えてみましたがどこも津波のような巨大な波が来ます。疲労も溜まったため断念することにしました。

間欠泉かな・・・

スポンサーリンク

帰り際見つけた凪のポイントで迷う

帰り際、旧京急ホテル前のポイントを発見。あんなに大荒れだったのに、ここは内側のためとっても凪いでいました。釣り人は二人。

ここなら、泳ぎの苦手なベイトフィッシュが入り、それを追ってイナダが入っているかも?

そうは思いましたが、なんせ疲労困憊。無視して帰ろうか迷いましたが、ここなら波も来ないし、磯に座ってゆっくりと釣りができそう。しかも、以前イナダを釣った実績もある場所だったので、最後の力を振り絞ってやることにしました。笑

カマス祭り

使ったルアーはメジャークラフトのジグパラ20g。最近はダイソーのメタルジグも有名ですが、20g~30gのウエイトはなかなか売ってないですし、ジグパラのほうが飛びます。なので、私はジグパラを気に入っています。

釣り方は至極単純。キャストし、底までフォールさせ、あとはワンピッチジャーク。

何投かしているうちになんかゴミ…?という感覚。あげてみると…

小さすぎてアタリに気づかず、変な食い込み方をしていました(汗。

ここは以前、イナダ以外にカマスも釣れたことがあります。きっとカマスが居着きやすい場所なんでしょう。その証拠にこの後2匹ほどハイピッチで釣れました。20cm前後の小さな個体でしたが、ひとまずボウズ回避で胸をなでおろします。

ジェットバイクに憤慨

小さいですが、ここでカマスを何匹も釣って帰るのもまた一興だな…なんて思い始めていると遠くの方から水上バイクが数台やってきました。通過待ちをしていたら、どうやら停泊し始めます。おいおい・・・そこ、ルアーのフォールポイントなんだけど・・・

しかも、アンカーを下ろし、泳ぎはじめ、岸にわたってどこかに行ってしまいました。

真正面に停めやがって・・・海はだれのものでもないですが、それはバイカーにとっても同じ。ちょっとは周りを見て配慮してほしかったです。

1バラシを乗り越えてついに

仕方がないので、少しキャストコースを変えて投げ始めました。これが功を奏したか、沖のほうでガツン!そして強烈な引き!

思わず「キタっ!」って言っちゃいました。

寄せてくる途中でトビウオのようなものすごい水平ジャンプ!こんなジャンプ初めて見るので、何の魚?シーバスにしては首振らない…と。手前まで寄せると背びれが立派なグリーンの魚。でも正体がわかる前に、取り込みに手間取ってバレてしまいました。

釣れたポイントに同じコースでジグを投げ込むのがセオリー。何投かしていると、今度は着底させるためのフォール中にグググン!!

かなり沖のほうで食ってきたので、寄せるのが大変でした。右に左に。そして極めつけは大ジャンプ!後で知ったのですが、シイラはトビウオのようなどでかい水平ジャンプをするそうで、これがルアー対象魚として人気のワケだそうです。寄せて寄せて、最後にタモ入れ!

200イイネ以上がついて…シイラと城ヶ島のSNSにおけるポテンシャルにもびっくりです。笑

今年は海水温が30度を超えているせいか、まさかシイラを仕留めるとは。Wikiには興奮すると全身が「黄色になる」とありあすが、私には黄金に見えました。

海の神様系のヤバイ魚釣っちゃったかと。笑

サイズは47cm!あとちょっとで50でした。沖の船釣りでは2mになるやつもいるとのことですが、まあオカッパリからでは十分なんじゃないでしょうか笑

スポンサーリンク

まとめ:城ヶ島のポテンシャルにぶち上げ

ツイートもしましたが、城ヶ島はヒラスズキに加え、イナダ・ワカシなどの青モノ、それからシーズンによってはシイラも狙えるとんでもないポテンシャルを持った島だとわかりました。車でアクセスもしやすいので神奈川県民の釣り人なら一度は来てみてほしいです。

ただ、地磯は険しく、先端は危険なため装備はしっかりしましょう。また、シチュエーションを考えて上手にやらないとボウズ、ということもあり得ます(岸壁のほうの釣果もかなりキツイです)。

今回たまたまシイラという大金星でしたが、最初の狙いのヒラスズキは散々でした。波の読みも含め、玄人向けの釣りだなぁと感じました。

釣りのレベルを少しずつ上げて、次はヒラスズキリベンジしたいです!

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

【関連記事】

コメント