船舶免許の費用や種類・難易度などを体験を踏まえて解説!

小型船舶の取り方と感想ブログ

船の免許って、とても簡単に取れるのを知っていましたか? そう、小型船舶免許のことです。

しかし、車の免許と違って取得までの具体的な流れや難易度などが謎に包まれている部分が多く、不安に思ったり大変な目に遭ったりしたこともありました。

そこで、これまで調べたこと体験したことをまとめてみました。注意点もまとめてありますので、これから免許を取ろうを思っている方、まだ悩んでいる方などの参考にしていただけたらと思います。

スポンサーリンク

船舶免許は意外と気軽に取れる

一級と二級の小型船舶免許

船にはタンカーなどの大型船、イージス艦や空母などの軍艦をイメージする人が多いですね。私はそのせいで、船舶免許というのは高額で取得までに何年もかかかる難しいものだと思っていました。

確かに今あげたような大型艇は何年間か専用の学校に通ったり実務経験が必要だったりします。しかし、一般の人が通常取れる小型船舶免許であれば、最短で2日で、費用も支払える範囲で取得できるのです。

小型船舶免許の種類

小型船舶免許は全部で3種類あります。

一級小型船舶操縦士全ての海域を操縦できる(アメリカもいける)
二級小型船舶操縦士岸から5海里(9.26km)までの海域を操縦できる
特殊小型船舶操縦士いわゆるイケイケが乗っている水上バイク

水上バイク以外では一級と二級あります。船舶免許の級の違いは操船できる船の大きさの違いではなく、操縦できるエリアの違いです。操縦だけならアメリカにだって行けます

実際は150kmはなれると、六級海技士という免許を持つ人の乗船が必要だったりと条件はあります。まあアメリカに小型船舶となるとかなり危険ですよね。てか、この情報いりませんね…笑

操縦できる船

操船できる船の大きさは一級、二級とも20トン未満の船です。

20トンと言われてもピンときませんが、よく見る小型のモーターボートから、以下の写真のような割と大きめな漁船みたいなのも運転できます。結構すごいんです。

二級で18歳未満の人だと5トン未満だったり、湖沼や河川限定の免許もありますが、それだとほとんど乗れなくなるので普通の二級でいいと思います。

詳しくは国土交通省のWebサイトもご確認ください。

海事:免許制度 - 国土交通省
国土交通省のウェブサイトです。政策、報道発表資料、統計情報、各種申請手続きに関する情報などを掲載しています。
スポンサーリンク

船舶免許取得までのルート

では、受験資格と資格の取得までの簡単な流れをご紹介します。結構イレギュラーな点もあるのでこれから申し込む人は要チェックです。

受験資格(取得要件)

受験資格(取得要件)は超簡単。二級は16歳、一級は18歳以上です。終わり!

びっくりですよね。厳密には二級は18歳になるまでは5トン未満の船しか操船できませんが、18歳になると自動的に20トン未満まで操縦できるようになります。

免許取得要件
一級小型船舶操縦士18歳以上
二級小型船舶操縦士16歳以上
(ただし18歳未満は5トン未満の船など条件アリ)

一応、安全に航行するために一定の身体検査をパスする必要があります。身体検査と言っても色覚障害や身体障害の有無で特殊な訓練などは全く不要です。ただ、色覚障害の方は自覚のない方もいますので要確認です。

小型船舶免許の身体検査合格基準
国土交通省『海事 試験の概要

これは医師の検査を受けるのですが、詳しくは後半の「取得までの流れ(ルート)」をご覧ください。

取得方法

取得には3つのルートがあります。

小型船舶取得への3つのルート
  • 完全独学
  • 講習受講後、受験
  • 試験免除の教習所で取得

基本的には国交省の試験に合格さえすれば取得できます。何日にもわたる講義や実習などを受ける必要はありません。そこに至るまでのルートが3つあるというだけです。

完全独学

完全独学の特徴
  • 安い
  • 合格に不安がある

実は完全独学も可能です。何より費用が受験料の2万円程度のみで安い(テキストを購入は別)です。

ただ実技も独学です。車のように狭い車庫止めなどはいらないので動画やテキストを読めばやれなくもないですが…やはり不安ですよね。

講習を受けた後、試験を受ける

講習受講後、受験」の特徴
  • 完全教習所よりは安い
  • 講師が教えてくれ、質問もできて安心
  • 実技も教えてくれて安心
  • 結局国交省の受験が必要

所定の学校で講義を受けて、国土交通省実施の試験を受けて免許を取得する方法です。教習所に通うタイプの自動車免許のようなイメージです。

ヤマハさんの教習所なんかが有名ですね。

船舶免許(ボート免許)を取る
自分の操縦する船で魚を釣ろう!ボート免許(小型船舶免許)の取得は二級(陸から5海里)も一級(陸からの距離:無制限)もヤマハボート免許教室で

これのメリットは二つあって、まず実技を講師から実際乗りながら学べる点。やっぱりいくらなんでも必要ですよね(笑)。もう一つはこの後紹介する試験免除のコースよりは数万円安い点です。見たところ大体11万円くらいでした。

試験免除の教習所で取得する

試験免除の教習所で取得」の特徴
  • 講師が教えてくれ、質問もできて安心
  • 実技も教えてくれて安心
  • 手軽
  • 最も高額

教習所に数日通い、その中で修了評価を受けて自動的に免許を取得するルートです。私が受けたのがこれです。

メリットは、数日で取得でき、試験も受けないので手軽な点。サポート万全で修了評価の合格率も非常に高く、講義中寝てたとかがなければ問題なく合格するでしょう。

デメリットは料金の高さですね。13万円~16万円ほどします。ただ国家試験受験料もかからないので、それを割り引くとだいたい負担感は同じです。

取得までの流れ(ルート)

では、免許取得までの流れを簡単にご説明します。ここでは私が取得した試験免除の教習所で取得するルートをご紹介します。ただ他のルートもほぼ同じだと思います。

小型船舶取得までの流れ(一級で試験免除Ver)
  • 申し込み
  • 書類の準備
  • 健康診断(証明書の取得)
  • 講座の受講(約4日)
  • 免許取得

特筆すべきは、健康診断ですね。「小型船舶操縦士身体検査証明書」というものを取得します。内容は至極単純で簡単ですが、初めてなので面食らってしまうわけです。

小型船舶操縦士身体検査証明書について

これは、視力や色覚、疾病などを調べる検査です。特段複雑な検査項目はないので、近くの内科ならどこでも受けられるものです。ただ、存在を知らない医師もいますので、取り扱いをうたうところなら安心です。もし知らなくても電話で聞いてみると対応できるところもあります(法的な制限はありません)。
費用は2000~5000円ほど。大きめの病院などでは内部決裁の関係で即日発効ができない場合があるので事前確認が必要です(私はたまたまそういうところに当たって大変でした)。

小型船舶操縦士身体検査証明書のフォーマット(国土交通省Webサイト)

スポンサーリンク

取得までの期間

小型船舶免許は一級、二級共に実務経験などは必要ありません。そのため、試験に受かればオールOKです。

ただ、私のように試験免除の講習を受講される方は講習や実技に費やす時間がかかります。教習校の進め方によりますが、二級だと2日一級だと4日で取得できます。
私は一級なので4日で取得できました。その詳細はおおむね以下のようになります。

カリキュラム内 容時間(概ね)
小型船舶の船長の心得
及び遵守事項
2級の学科。
港則法など海の上での法令の理解等
4時間
交通の方法 2級の学科
衝突回避のためのルールや
海上標識の理解
8時間
運航2級の学科
ガソリンエンジンの仕組みや天気の知識など
8時間
実技2級の実技
操船方法や人命救助などを習う
4時間
上級運航11級の学科
航海計画・海図の読み取りなど
長期の航海に必要な知識の理解
8時間
上級運航21級の学科
ディーゼルエンジンの詳しい仕組みや
故障時の対応など
8時間
スポンサーリンク

船舶免許取得の費用

ルート別の費用(概算)
  • 完全独学…2~3万円
  • 講習受講後、受験…10万~13万円
  • 試験免除の教習所で取得…13万円~16万円

やはり安いのは独学です。受験費用とそのための参考書だけで済みますから。

一方国家試験免除のコースはそうじゃないコースに比べて若干高くなります。価格が確定しないのは教習所や講座の受講地による違いがあるからです。例えば私が取得したマリンライセンスロイヤルでは、横浜などの好アクセス地は15~16万円ほどで葉山は14万円ほどでした。

月に1万円、約一年貯金しました(笑)

スポンサーリンク

船舶免許の難易度

気になる船舶免許の難易度についてお話します。どうしても主観になってしまいますが、参考程度に見ていただけたらと思います。

船の操作よ、安全とルールの理解がメイン

船舶免許と言うと、複雑な船舶の操船方法をみっちり教えてもらうものだと思っていましたが、受けてみると、衝突しないためのルールや海上標識の確認、またエンジン停止などトラブル時への対応といったことに多くの時間が割かれていました。

これは船の操作が車に比べてあまり厳密に求められていないことが要因の一つだと思います。操作は前進・後退はギアを前か後ろにするだけで単純。ハンドル操作は車と同じです。ウインカーもありません。陸上と違って圧倒的に障害物もないので厳密なカーブの仕方なども習得する必要はないわけです。

しかし、船舶は海で世界とつながっているため交通ルールは車と大きく違います。標識も世界共通です。また、車は故障してもJAFを呼べばすみますが、海上での機関故障は遭難や命の危険に直結します。そのため、自動車免許などと比べると操船方法よりも安全やルールの理解に重きが置かれているのではと思われます。

難易度は高くないが勉強はすべし

では実際どうなのか、と言われると、難易度はそんなに高くないなと思いました。覚えなければならないことは多いですが、講師やテキストの内容が全く理解できないという事はなかったです。

強いて言うと、個人的には天気図の問題が少しだけハラハラしました。

結構中学校の理科で習うことなどもやるので、覚えている方は楽かもしれません。いずれにしても、問題のケア含めて講師がサポートしてくれるのであんまり心配しなくてもよいです。修了評価の合格率は9割以上で、講義中寝てた…なんてことがなければ間違いなく合格できます。

ただ、自動車とは全く違う新たな乗り物の免許で、カリキュラムも前述の通り結構なフルコースです。結構な知識量がいるため、講義のある日くらいは自宅での復習も含めて真剣に勉強する必要はあると思います。

モチベーションを持っておくべき

「4日で取れる」というと、とても短期間で取れる印象ですが、1日7~8時間ずっと講義やら実習やらを受け、おまけにテストまで受けなければならないとなると体力や集中力をかなり使うのでかなり疲れます

これを乗り越えるためには何かしら自分の中で船舶免許を取るモチベーションになる目的を明確にしておく方がよいと感じました。

私の場合は2馬力船に乗る際に(無免許で乗れるとは言え)海上交通のルールを理解し、より安全に釣りがしたいと考えたからです。そうした釣行を本ブログでも責任をもって紹介したいというのも理由の一つです。もともと海が好きなので、大変でしたが楽しい4日間でした。

スポンサーリンク

管理人の結果!

はい、ということで、私も修了評価に無事合格したのですが、免許の発行・到着までには3週間~1か月かかるということですので、まだ手元にありません(泣)

届いたらさっそくここにもアップして、そしてボートをレンタルして外洋に出たいと思います…。

受けてみた感想なのですが、とても楽しかったです。

4日間、朝は早いときは8時に来て、19時近くまでやった日もありました。家でも翌日の修了評価に備えて3~4時間復習することもありなかなかハードな日程でしたが、もともと興味のあった船舶の操縦や海上のルール、エンジンなどの仕組みなども学べて非常に有意義でした。学生時代の受験勉強より勉強しましたね(笑)

釣りをする人なんかは持っていて損はないんじゃないかと思います。

ところで、私は葉山で受けたんですが、景色が良くて最高でした。

横浜や名古屋など、都市部の方がアクセスもいいのですが、田舎の方のマリーナの方が景色がよく、自然が好きな方にはそちらの方が飽きが来なくていいかもしれません(個人の感想です)

なんにせよ、免許到着が楽しみです。ここまで読んでくださりありがとうございました。

最後に、私が受講したマリンライセンスロイヤルさんを紹介します(非アフィリリンクです)

船舶免許・ボート免許・水上バイク免許の取得マリンライセンスロイヤル
船舶免許・ボート免許・水上バイク免許・ジェットスキー免許は【国家試験免除】で安心・確実に取得できるロイヤルへ。選べる日程、教員指導、土日も教習、卒業生数も全国1位。東京・関東・神奈川(横浜)大阪・愛知(名古屋)石川(金沢・七尾)広島・岡山・四国エリアを中心として全国で講習中。船舶免許はマリンライセンスロイヤルへ