【河川シーバス】愛車を安く確実に停められる駐車場予約サイト!

釣り人を困らせる意外な問題が駐車場問題。高い、空いていない、そもそも近くにない…よくありますよね。

海釣り公園など大規模な駐車場併設のところはいいですが、特に首都圏の河川(多摩川、旧江戸川、江戸川、相模川など)は、決まった駐車場がなく、毎度毎度探すのが面倒ですよね。

中にはいいポイントなのに、近くに駐車場がなくて行けない、なんてところもあると思います。

私自身は最近、とてもいい駐車場サービスを見つけてしまいました。

周辺のコインパーキングよりもたいてい安く、そして違法駐車などせずに確実に停められる方法です。

他の釣り場でももちろん使えますが、特に都市部の河川シーバス釣行の際には非常に有効な方法ですので是非参考にしてください!

スポンサーリンク

路上駐車は極力やめよう

鶴見川

まず初めに言っておかなければいけないのは、路上駐車はなるべくやめた方がよいということです。

河川付近ともなると、場所によっては駐車禁止の標識のないいわば「合法的に路上駐車ができる」場所も存在します。

駐車禁止のところに停めることは論外として、駐車OKな場所があったとしても、以下2点の理由で極力停めないほうがよいです。

車上荒らしのリスク

違法化リスク・通報によるトラブルのリスク

釣り人は、装備品がたくさんあるために、貴重品を車においておく傾向があります。これは窃盗犯にも知れ渡っていて、河原の薄暗いところに停まっている釣り人の車は狙われやすくなっています。

また、地域住民が通報をし、警察が来てひと悶着…そんなリスクもあります。ふれーゆ裏などはいい例ですね。最悪釣り禁止になるリスクもあります。

スポンサーリンク

河川シーバスには個人間駐車場サービスがおすすめ

そん中で、コインパーキングもいいのですが、河川で釣りをする人々に対し、大変便利なのが、個人間の駐車場の予約サービス【akippa(あきっぱ!)】です。

akippaのバナー

akippaは、個人間での駐車場の貸し借りができるサービス。土地を有効活用したい人がアキッパを通して個人に駐車場スペースを貸してくれるというものです。

工場地帯や公的機関の中に位置することが多い海釣り公園や港湾では貸し主が少なくこのサービスが使いにくいのですが、住宅街のど真ん中を通る都市型河川や運河については貸し主が多いためにおすすめです。

スポンサーリンク

akippaの3つの利点

この個人間の駐車場予約サービスakippaですが、よい点は3つあります。

コインパーキングより安い(ことが多い)

事前予約制で「停められない」ことがない

煩雑なやり取りがいらない

コインパーキングより安い

アキッパ(akippa)は個人宅をそのまま貸し出すので設備投資がいらず、その分貸し出し金額がコインパーキングより安いことが多いです。

例えば、隅田川で釣りをする際、コインパーキングなら30分400円、2~3時間使えば2000~3000円は行きますが、akippaで調べると、1日1000円程度で借りることが可能です(2021年9月現在)。

ただし、深夜や日曜祝日などはコインパーキングの値段設定が安くなっていることがあり、場合によってはakippaと同じか、それより安い場合もありますので要確認です。

事前予約制で「停められない」ことがない

アキッパ(akippa)は駐車場予約のサイトのため、当然のことながら、予約ができれば確実にそこに停めることができます

だから「着いたのになかなか停められない」「駐車場を探して周辺をうろうろ…」なんていうグダグダ・イライラがありません。

釣りは着いてからの準備に時間がかかるので、着いたらすぐに停めて準備ができるというこの点が個人的には一番お気に入りポイントです。

土日やアクセスのよい場所など、予約が取りづらいことがありますが、予約は10日前からできます。釣行日が決まったら早めに予約してしまいましょう。

煩雑なやり取りは不要

「個人間の貸し借りサービス」と聞くと、「個人間でよくわからない面倒なやり取りをしなくてはいけないのでは」と不安に思う人もいると思います。

しかし、メルカリなどのサービスと違って、やり取りは完全にアキッパとの間だけで、貸出先の人とやり取りをする機会はありません

最初から最後まで、Web上での入力作業のみとなります(事故の場合などは除く)。

もちろん決済もクレジットカードで事前に済ませられますので、当日やることは場所を探して車を停めるだけ。釣り具を置いて、財布を出して、精算機に入力して…そんな作業は不要です。

スポンサーリンク

akippaの使い方

akippaは、スペースを貸す際(オーナー)の場合は写真撮影や審査などが必要ですが、借主(使用者)の場合は無料会員登録をして予約をするだけの3ステップしかありません。

akippa利用までの3ステップ
  1. 無料会員登録をする
  2. 停めたい釣り場の最寄りの駅名や地名で検索する
  3. クレジットカードを登録し、決済する

一般的なマンガアプリやECサイトの使い方などと同じ流れですので非常に簡単。そして便利です。

入会金や年会費もなし。駐車場に支払う料金の何割かをakippaに支払うことで運営されています。

スポンサーリンク

akippaの注意点

場所のチェックは入念に

akippaに登録されている駐車場は、自宅前の空きスペースを貸し出しているというケースも多いため、わかりづらいところにあったり「え?ここに停めていいの!?」というような場所にあったりします。

例えば下記の写真は私がakippaを利用したときの駐車場所なのですが、自販機の前の道を左折だったのです。細いですし、縁石が続いていたのではじめは曲がってよい場所なのかわかりませんでした。

実際見るともっと「普通の敷地」に見えてわかりにくかったです…

このように、カーナビの指示だと近くまでは行けても細い道や登録されていない道を通ることがありますので注意が必要です。看板や目印がない場所もあるため目の前に見えていてもわからない場合があります。

ただ、akippaの公式ページに駐車場所の外観がわかりやすく何枚も撮影されていますので、事前にチェックをして、現地でも確認できるようにスマホにブックマークをしておくなど、対策をすれば大丈夫です。

トラブルなどは個人間で解決する必要性

例えば駐車場内で事故を起こしてしまったなど、トラブルがあった場合、akippaは基本的に事故の責任等は取ってくれません(規約参照)。

ただし、akippa緊急ダイヤルがありますので、そこに連絡をしましょう。対応方法を教えてくれるはずです。

事故の処理は、基本的に通常の事故と同じです。決して貸主とだけで交渉せず警察に通報し、間に入ってもらうようにしましょう。

スポンサーリンク

「停められる」安心感はモチベーションになる

釣りのために釣具やルアーをばっちりそろえていざ行ってみたら満車だった!となるととっても残念な気持ちになります。

特に土日にしか釣りに行けないサラリーマンアングラーなどは、早くいかないと停められないというのは余計な負担ですよね。

事前に駐車場を予約し、「いつ行っても確実に停められる」という安心感は間違いなく釣りへのモチベーションにつながります。

私もakippaを知ってから、河川シーバス釣行が間違いなく楽しくなって、釣行回数が増えています。

その他に電車釣行なども考えられますが、車で行かれる際は是非一度ご検討ください!