釣り場で「停められない…」が無くなる駐車場サービスakippaの使い方

釣り場では、駐車場がなかったり、どこも満車で「停められない…」ということがあります。そのまま停められなかったら同行者との雰囲気が悪くなるし、時合は逃してしまうしで最悪です。

でも、私はずいぶん前からakippaという駐車場予約サービスを使っているのですが、これに出会ってから釣り場で「停められない…」という経験がほとんどなくなりました。akippaなら確実に車を止められるし、しかも料金も安いんです。

もしご存じないのであれば、釣りに車で行く方なら是非とも知っておいてほしいサービスです。使用してみた感想と、使い方について記録しています。

個人間の駐車スペース貸借サービスakippa

akippaとは

【akippa(あきっぱ!)】は、駐車場の予約サービスなのですが、コインパーキングなどの法人がすでに整備している駐車場ではなく、個人の空き地などを貸し出しているところが大きな特徴です。

土地が余っている人が「貸しますよ~」と登録し、車でやってきた人がakippaを通じて予約、駐車をします。料金は全てakippaを経由して支払われます。

車庫付きの家を買ったが、車は持ってない

土地を相続されたが、住予定はない

なんて、これらは私の妄想ですが(汗)、でもそのように余った土地を有効活用したい人が利用していると思われます。

釣り前の「停められないグダグダ」がなくなる!

これです。

あるんですよ。事前にGoogleマップで調べ、「お!こんなにコインパーキングあるんだ!やった~!」と、意気揚々と向かうと、どの駐車場も「満」の文字…。せっかく潮回りまで読んできたのに駐車場を探すだけで時合を逃すことが…。

アキッパ(akippa)は完全予約であるため、当然のことながら、予約ができれば確実にそこに停めることができます

だから着いたのに、「駐車場を探して周辺をうろうろ…」「表示された駐車場がみんな満車だった!」なんていうグダグダ・イライラがありません。

ま、事前に予約できますが、私は結構当日その場でakippaで検索して予約を取っちゃうなんてこともします。意外と取れるんですよね(個人的な体験なので安全なのは事前予約ですよ!)。

土日やアクセスのよい場所など、予約が取りづらいことがありますが、予約は10日前からできます。釣行日が決まったら早めに予約してしまいましょう。

場所も、こんな感じで事前に地図上でチェックできますので、釣り場に近いところに簡単に予約できます。

コインパーキングより安い!

アキッパ(akippa)は個人の土地をそのまま貸し出すので設備投資がいらず、その分貸し出し金額がコインパーキングより安いことが多いです。

例えば隅田川で釣りをする際、コインパーキングなら30分400~600円、2~3時間使えば2500円ほどになります(価格は以下のようにして実際の駐車場の平均を取っています)。

が、akippaで調べると、1日1500円程度で借りることが可能です(2022年3月現在)。

まあそれでも高めではありますが…

価格は変動することがあります。また、akippaでは表示価格の10%(1500円なら150円)が上乗せされますので注意してください。

次は荒川。こちらも有名な湾奧河川ですが、近くのコインパーキングの最大料金の平均価格は1000円。ですが、akippaなら600円ほど

最後にご紹介するのは多摩川。ここは私と友達でよく行く愛すべき河川ですが、よくいく大師橋付近の超優良スポットは1200円ほどの相場です。しかし、akippaはというと、650円~800円ほどで停められます。

ここまで行くと、わざわざ停められるかどうかドキドキしながらコインパーキングを探すのが馬鹿らしくなってきますね。

ただし、深夜や日曜祝日などはコインパーキングの値段設定が安くなっていることがあります。場合によってはakippaと同じか、それより安い場合もありますので夜などに釣行する際は確認が必要です。

かなり豊富な駐車場数!

akippaは個人間の駐車場サービスなので、当然借りる人以上に、貸し出す人がいないと成立しません。「そんなに土地が余っている人いるの?」と不安に思いますが、実際に検索してみるととても豊富な駐車場数に驚かされます。

【再掲】荒川周辺の駐車場
多摩川(羽田)周辺の駐車場

akippaは資本金20億の株式会社。設立から10年以上たち、読売新聞や週刊アスキーなどの大手媒体紙だけでなく、民放TV各局にもサービスが紹介されたことのある大手企業です(akippa株式会社公式Webサイト『企業概要』より)。ネームバリューもばっちりで、多くの人から信頼されているからこそ貸出駐車場が多いのではないかと思います。

akippaの良いところまとめ

事前予約制で「停められない」ことがない

コインパーキングより安い

豊富な駐車場数がある

akippaの使い方

では実際に、どうやって使えばよいのか、私の実体験ももとに解説します。とはいえ、akippaは、スペースを借りる(使用者)場合は無料会員登録をして予約をするだけで簡単です。

akippa利用までのステップ
  1. 無料会員登録をする
  2. 停めたい釣り場の最寄りの駅名や地名で検索する
  3. 停められる車種と場所、駐車日を確認
  4. クレジットカードを登録(初回だけ)し、決済
  5. 車を停める

1 無料会員登録をする

まずは無料会員登録をしましょう。

といっても、1)新規登録ページ に使用するメールアドレスとパスワードを入力したら、2)メール画面で届いたURLをクリックする2ステップだけ。驚くほど簡単。

クレジットカードや個人情報の入力はこの段階では不要です。

akippa入会方法
ごちゃごちゃ書きましたが、メアド入力してクリックするだけです。

入会金や年会費もなし。まじで1分で終わります。迷ってい方もまずは登録をしてみてはどうでしょうか?

2 停めたい釣り場の最寄りの駅名や地名で検索

登録が終わったら、そのまま検索をしてみましょう。検索のコツは、なるべく限定した地名を使うこと。例えば市町村単位や川の名前だと範囲が広すぎます。

できれば、その場所の最寄りの駅名や、町名+丁目で検索すると自分が行きたいポイントの駐車場をジャストに探しやすくなります。例えば下の写真は「多摩川」や「大師橋」ではなく「羽田2丁目」。

3 停められる車種と場所、予約できるか等を確認

停めたい場所を選択したら、必ず停められる車種停める場所予約が取れるかどうかは確認しておきましょう。

どれも選択したその駐車場の個別のページに掲載してあります。

自分の車のサイズまでわかっているのがベストです

例えば上記場所ですと、軽自動車や比較的小さな車は停められますが、ワゴン車などの大き目の車は難しいです。私の車は軽自動車なので心配ないですが、釣り人の中には釣り具を載せるために大きな車に乗られている方もいると思います。結構コンパクトな駐車場も多いのでくれぐれも注意してください。

4 クレジットカードを登録(初回だけ)し、決済

予約段階になったらクレジットカードや個人情報、止める車種などの情報を入力します。面倒ですが、これをやっておけば、停められない狭さの駐車場に誤って予約してしまうリスクも避けられます。

入力はこのときだけ。変更がない限り、次回以降は不要なので頑張って入力しましょう。

事前に行う作業はこれまでです。おつかれさまでした!

5 車を停める

車を実際に停めるにあたって、やはり場所については入念に確認しておいた方がいいですね。例えば都内の多くは駐車場付きの物件を買ったが、車は持っていない世帯が貸し出しをしているケースが多く、その場合、普通の住宅街の中に駐車場があったりします。

駐車場はこんな感じの住宅街の一角にあることも

この場合も、下記の画像のように、貸し主の方がakippaに駐車場周辺の風景を写真に収め、公開してくれています。Googleストリートビューの画像と見比べたり、到着後に実際の形式とその写真とを見比べたりして誤って違う民家の駐車場に止めることのないよう気をつけましょう。

プライバシー保護のため写真はモザイク処理しています。

場所さえわかれば(24時間予約なら)、いつ来てもいいし、いつ出てってもよいです。金銭のやり取りなども終わってますし、当日貸し主とやり取りすることも一切ありませんので後はとても気楽に利用できますよ!

実際にakippaを使ってみた感想

私は東京・神奈川エリアの釣り場によく行きますが、これまで湘南の海岸、横須賀の海岸、隅田川、荒川、多摩川などでakippaを利用させていただきました。

それ以外で、例えば海釣り公園などは公営の安い駐車場があるので必要ないんですよね。だから特定の釣り場よりも、川や海岸と言った広いエリアに行く際によく使うことになると思います。

現地決済がないのが楽

料金の安さや釣り場の近いところに停められることは良かったですが、個人的に一番良かったのは現地での決済がいらないこと。正直釣りの後の疲れた体で精算機まで行って支払いをするのはキツい…笑

コインパーキングの精算機は高額紙幣やカードが使えないことがあります。私も多摩川の六郷橋近くのコインパーキングに停めたとき、高額紙幣しか持っておらず徒歩15分かけてコンビニまで行ったことがあります。でもakippaなら事前にクレジットカード決済なのでそういうことは起こり得ません

これが本当に楽ですね。

観光地でも使いやすい

akippaは釣りだけではない場面でも活躍します。例えば妻と鶴岡八幡宮に行ったとき、この辺はコインパーキングが高いだけでなく、どこも満車で停められないのですが、akippaを使ったところ、一発で神社近くに駐車できました。

神社周辺を練り歩きましたがどこも「満」「満」「満」の文字。グダグダせずにサクッと停められ、料金も500円ほど安いもんですから妻にもほめられ一石二鳥です。

休日の家族サービスなどでも是非ご活用いただけたらと思います。

akippaをより安心して使うために

私はこれまでも実際にakippaを何度も利用してきました。その中で、本当に便利だなと思った点のほかに、事前に知っておけばもっと安心できていた(もしくはリスク回避になっていた)と思う点もいくつかありました。

より安心して使ってもらうための注意点をいくつか書かせていただきます。

誤駐車しないように!

建売物件などは、似た外観の建物が多いので誤駐車に注意です。誤って隣の建物などに駐車すると自分だけでなく、貸し主さんにも迷惑をかけますので、車を止めてからも一度akippaの写真と突合するなどして、間違いがないよう十分ご注意ください。

ここも結構難しかったです

ぶつけたりしないように!

都合よく空いたスペースを貸し出しているところなどは、非常に狭いスペースであることもあります。登録されているサイズ以下の車なら停められないことはないですが、運転技術に自信のない人は極力広いところにするなどお気を付けください。

個人的に、駐車は慌てず、一回一回車を止めて、ハンドルを回したらどちらに車が動くのかを想像しながらやるといいですよ。

トラブルなどは個人間で解決する必要性

駐車場内で事故を起こしてしまったなど、トラブルがあった場合、akippaは基本的に事故の責任等は取ってくれません(規約参照)。ただし、akippa緊急ダイヤルがありますので、そこに連絡をしましょう。対応方法を教えてくれるはずです。

事故の処理は、基本的に通常の事故と同じです。決して貸主とだけで交渉せず警察に通報し、間に入ってもらうようにしましょう。

akippaで安心釣りライフを!

特に土日にしか釣りに行けないサラリーマンアングラーなどは、せっかく時間を作って釣り場まで来たのに車が停められないとなると、土俵にも立たせてもらえないようなくやしさがあると思います。

akippaで事前に駐車場を予約し、「いつ行っても確実に停められる」という安心感は間違いなく釣りへのモチベーションにつながります。

私もakippaを知ってから、河川シーバス釣行が間違いなく楽しくなって、釣行回数が増えています。

その他に電車釣行なども考えられますが、車で行かれる際は是非一度ご検討ください!