初めてのカヤック・ボート・SUP操船で安全のために気をつけたいこと

SUPやカヤックは資格がいらないために気軽に外洋にでることができます。ただ、海は海ですので危険が伴います。とはいえ、初めてやりたいという方はどんな危険があるかも予測しづらいですよね。

そこで、最低限守るべきSUPやカヤックでの注意点をまとめました。完全ではないですが、出船前に是非ともチェックしてみてください。

カヤックやSUP、レンタルボートフィッシングについては下記記事もご覧ください。

スポンサーリンク

出船前の準備

天気の確認

天気は重要!といいつつ、何に注目すればよいかもわかりませんよね。

それに、「波の高さ1m」と言われてそれが高いのか低いのかも見当もつかないのが普通だと思います。

まず、「出船前に確認するとよい天気項目」は、風速・風向、そして波高です。

風速は2~3mが限度です。カヤックなどは帆の役割をしてしまい風を受けやすいです。これより強い風だと意図しないところに流されたり、戻れなくなるリスクがあります。

風向は自分の出船する地域において陸に対してどう吹いているのかを確認します。沖に向かって吹いていると行きは要注意。「行きはよいよい帰りは恐い」で済めばいいですが、疲れて漕げずに帰れなくなれば一大事です。

波の高さは0.5m以下、初心者ならできれば0.2~0.3m以下を推奨します。実は1mというのは手漕ぎの船では転覆もあり得るかなり高い波なのです。

>>>>カヤックやSUP、ボートに関する天気の読み方について詳しい記事はこちら

当日海を確認する

天気予報をチェックしたからと言って、当日の地形や予報違いにより、実際のカヤックの出船場所の風速などが異なる場合は当然ありますよね。

したがって、着いたら必ず海を確認しましょう。確認項目は天気と同じ、風速、風向、波高に加え、「波の向き」もみるとよいです。

ただ、波の向きは浮遊物などを見て観察し、わかる範囲で把握すればよいです。わからなければ、漕ぎ出した後に把握しましょう。

海面は、白波が立つようでは完全NGです。先ほどの0.5mは完全に超えています。

また、海の波は確率上10分~15分に1回大きな波がきます。できれば10分ほどは観察を続け、どのくらいまでの高さの波があるのかまで確認した方が後々慌てないで済みますよ。

理想は上記写真のような湖のように穏やかな海面です。

スポンサーリンク

溺れないための装備

ライフジャケット…くらいしか思いつきませんか? それでも十分だと思いますが、もう一つ大切なこともお伝えしたいと思います。

ライフジャケット

まず、ライフジャケットがあるから100%安全というわけではないですが、それでも生存率を飛躍的に高めます。軽い手漕ぎのカヤックやSUPは横転前提で考えるべきです。

理想は国交省のお墨付き「桜マーク タイプA」のジャケットです。しかし、桜マークに多いフローティングタイプは水につけると誤作動の可能性がありますので注意してください。

>>>>どんなものにすればよい?ライフジャケットについてはこちら

スマホカバー(ケース)

意外と思いつかないのですが、防水のスマホカバーを忘れないようにしてください。

落水・遭難、そうした場面で助けを呼ぶ際にスマホが濡れてしまうと絶望的です。

というか、忘れてしまうといざ出船!となるときに「あれ、そういえばこのスマホとか財布…どうしよう」となります(なりました←)。

ケースは、下記のような水に浮くタイプにしましょう。

こういう定番のケースは首から下げられますし、船上で撮影もできます。何よりもそんなに値段が高くないのが良いですよね。

ただ、財布や車のキーなどほかにも持っていきたい貴重品があると思います。これらも一緒にしたいという方は、下記のような完全防水のビニールバックもおすすめです。

これはウェストバッグなのでお腹周りにつけられます。ライフジャケットとぶつからなくてよいかなと思います。

ちなみに、トートバッグのような手持ちのカバンはやめたほうがよいです。カヤックでは、船だけでなく釣具やライフジャケットなど、荷物が多いから、手が空くようなカバンにする方がよいです。

リンク先のカバンのように、IPXという防水規格をしっかり確認し、完全防水であることを確認しましょう。水につけても大丈夫なのはIPX7以上(8が最高)です。中には生活防水でしかないビニールバッグもあります。

スポンサーリンク

操船中に注意すべきこと

漕ぎ出してみるとわかりますが、広い海で自分たった1人だと、とっても不安になります。「うっかりやらかし」をすれば、最悪遭難の危険だってあります。

そんな不安な気持ちを少しでも打ち消せるように、以下の注意点をご確認ください。

最初は500mくらいで様子を見る

まず、私が最初に漕ぎ出して思ったのは、「どこまで漕いでいいのだろうか?」でした。

意外と誰も教えてくれないんですよね。

本当に初めてという方は、とりあえず500mくらいまでで様子を見ましょう。どんなに体力に自信があっても、1km地点までが限度かと思います。それ以上は戻れなくなるリスクがあります。

場所は前の日などにGoogleマップで「距離を測定」機能で調べておくとよいでしょう。当日船上でGoogleマップのGPSを確認してもいいです。

慣れてきて、流れの特性や漕ぐ速度、疲労感などがつかめてきたら、だんだん沖まで距離を延ばすのが安全です。

自分の「疲労感」を計算する

「どこまで沖に出るか?」の続きでもありますが、カヤックなどは、行きは広い海に出た高揚感で疲労を忘れがちです。しかし、あくまでも手漕ぎ。「帰りの疲労感」も計算した計画を立てましょう。

ちなみに、向かい風や「向かい波」に逆らって泳ぐのはかなり難儀です。

特に夏場などは熱中症にもなりやすいために、あまり無理をしないことが大事です。

小型船舶以上の海域に入らない

漁船など、小型船舶免許がないと運転できない船が通る海域には入らないようにしましょう。

漁船から小さなカヤックやSUPなんて見えません。フラッグを立てても、うねりに隠れて意味を成しません。こちらから見えていても、手漕ぎなので、迫ってくる漁船の速度から逃げることは困難です。

このくらいのサイズでも危険です

この辺は事故にまで至らなくても、領域にいるだけでSNSでさらされるなど、トラブルにもなりやすいので、海を観察し、普段どのあたりまで漁船が来るのかなどを把握しましょう。

ちなみにぶつかれば一発アウト。死にます。本当に注意したほうが良いです。

流されないように注意する

海は川のように流れが速いときがあります。私は釣りの仕掛けづくりで周囲を見ておらず、気づいたら全く知らない海域に1kmほど流されていたことがあります。

幸い、戻ることができましたが、汗だくにもかかわらず、ヒヤヒヤしましたね。もし、沖に流されて戻れなくなれば遭難ですから。

こういった不意の流されを防ぐには以下の点に気を付けてください。

流されないためのポイント
  • 海流の速さや方向を常に観察し、頭に入れておく
  • シーアンカーを導入する
  • 陸地の景色を記憶しておく
  • 慣れないうちは入り江や湾からでない

シーアンカーというのは「錨」のことです。レンタルボートなどでは、あらかじめ10~20kgほどのコンクリブロックでできた錨がついていることがあります。

手持ちのカヤックやSUPの方は、水中で帆のようになるシーアンカーが売っています。思いのほか安いため、ぜひ導入のご検討を。

ちなみに三番目の陸地の景色ですが、あまり当てにしないでください。というのも、大体海岸線というのは似ているので、沖まで行くとどれだったかわからなくなることがあります。大事なのは海流の速さと方向を把握しておくことです。

風を把握する

上記と同じ理由で、風もしっかり把握しましょう。

特にカヤックは高さがある分、船体自体が帆の役割をして、流されてしまう可能性があります。

風速があるときは無理せず取りやめる、出る場合は風向や風速を把握し、流されないようにする、と言ったことを心がけましょう。

スポンサーリンク

注意すれば大丈夫

まさかの釣りブームが到来したうえに、釣り禁止の場所が増える今、カヤックやSUPはにわかに注目を浴びています。

手軽に行けることは確かですが、当然、堤防釣りよりは危険な遊びです。しかし、しっかり危険性を把握し、注意さえしていれば大丈夫です。

最も大事なポイントは「無理をしない」こと。

あ、やばいな、と少しでも思ったら、もう少しやりたいと思っても引き返すこと。慣れるまではあまり沖にもいかず、安全第一でカヤックを楽しんでください。