カヤック(SUP)での釣りの方法(カヤックフィッシング)のやり方と注意点

カヤックフィッシングは、シーカヤック(カヌー)という、手漕ぎのボートに乗って、沖で釣りをする方法です。最近はSUP(スタンドアップパドル)というサーフボードのようなものに乗って釣りをしている人も増えました。

これらの方法は、免許もいらず、手軽に沖の魚影の濃い釣り場で釣りをすることができます。

沖に出るだなんて、ちょっと不安…。金額的にもできるのかな?

そんな疑問を持つ方もいるはず。初めて沖に出るわけですから、何か特別な準備だったり、危険だったりがあるのではないか?

しかし、実際のカヤックフィッシングはとても手軽でだれでもできるものでした。金額的にも無理のない範囲ですし、いくつかのことを守れば、特段これといった本格的なトレーニングなども積むことなく、楽しむことができます。今回はそんなカヤックフィッシングのやり方や注意点についてご紹介します。

スポンサーリンク

カヤックフィッシングの魅力

カヤックやSUPで手軽に沖に

カヤックフィッシングは、カヤック(カヌー)で沖に出て、釣りをするスタイル。乗るカヤックはプラスチックや木でできた本格的なものから、空気を入れるゴム製のインフレータブルカヤックまであります。最近はSUP(スタンドアップパドル)というサーフボードのようなものに立って釣りをする人も増えました。

カヤック
SUP

インフレータブル(空気を入れる)のものにすれば、車に乗せられるほど小さくなります。特段資格が必要であったり、トレーニングが必要であったりする必要はないので、手軽に沖に出ることができます。(SUPは立って漕げるようになるまでに一定のトレーニングが必要です)

魚影の濃い沖まで出られる

沖は魚影も濃いため、普段陸からでは狙えないような魚も狙えます。例えば夏の観音崎ではマダイの釣果がみられます。それでなくても、狙いたい潮目に自分で移動することができますし、魚影そのものが濃いですから、陸からは味わえない大爆釣の経験や大型の魚を釣ることが可能になるのです。

イナダ

釣れたマダイ
スポンサーリンク

必要なカヤック

おすすめは「インフレータブル」

カヤックは木製の本格的なもの、プラスチック製、空気を入れるインフレータブルと3種類あります。このうち、木製は操作が難しく、一定の訓練が必要。価格も高く、持ち運ぶ際には車に特殊な装備を付ける必要があります。

カヤックではなく、カヤックフィッシングが目的ならば、プラスチック製かインフレータブルにすべきでしょう。特に手軽なのはインフレータブル式です。折りたためば軽自動車でも持ち運べるくらい小さくなります。

おすすめカヤック

ここでおすすめしたいのは、チャレンジャーK2というインフレータブルカヤックです。お値段が3万円以下(オフシーズンの冬~5月ごろまでに買えば1万円台!)で買える超お手軽カヤックです。

位置づけとしては、湖畔のキャンプなどでアクティビティをするためのレジャー用カヤックなのですが、大変本格的にできていて、カヤックフィッシングでも十分使用することができます。レジャー用というとすぐに転覆するイメージがありますが、穏やかな日であればそのような心配は全くなく、安定的に漕ぎだすことができます。

ゴム製カヤックなので、フックが刺さらないか心配…という声がありますが、表面はかなり強靭なつくりをしているため、フックを思いきり突き刺したりしない限り破れることはありません。膨らますのが大変そうなイメージですが、専用の空気入れがついており、それを使うとものの10分で入れられます。女性や子供でも楽に入れられるくらい軽いです。

直径2cmほどの大きな穴だから
すごい勢いで空気が入ります。

空気抜きも、ツマミを回せば一瞬で抜けます。浮き輪などでつまようじを指して踏んずけて抜いていた過去のインフレータブル系の製品とは全く違うのです。

スポンサーリンク

カヤックフィッシングのやり方

場所探し

まずはカヤックができる場所を探しましょう。ベストなのは、砂浜です。なぜならカヤックが傷つきにくく、なおかつ乗船しやすいからです。東京湾であれば、金沢八景の野島公園や観音崎などが有名。相模湾は全般的に砂浜が広がっていますが、波が落ち着きやすい三浦半島側からの出船をおすすめします。詳しくは下記記事も合わせてご覧ください。

天候の確認

次にすべきは、天候の確認です。雨でも晴れでも構いません。注意すべきは風と波です。風は強ければ強いほど波が高くなりますが、風があり、波が穏やかでも注意が必要です。カヤックが帆の役割をしますので強い風が吹くと流されてしまうからです。風速2~3m以内で、流されても大丈夫なように海側から陸へ吹き付ける風向の時が理想です。

また、波は0.5m以下を強く推奨します。それ以上だと転覆の恐れがあるほか、波が高いと揺られて釣りにもなりません。これらも詳しい記事がありますので、よければご覧ください。

最初は海岸線から300mくらいを目指そう

もしこれまでカヤックの経験がないなら、最初は300mほどにしておきましょう。あまり沖に出過ぎて戻れなくなると、天候が穏やかでも救助を呼ばなければならなくなります。距離はグーグルマップで右クリックをすると距離を計測できます。大体の目安を測っておきましょう。慣れてきたら1~2kmは漕いでいけるようです。ただ、自分の操船技術と体力を過信せず、可能な範囲で行いましょう。

スポンサーリンク

出船時の注意

ライフジャケットは必須

どんなに穏やかな日でも、自然相手なので何があるかはわかりません。ライフジャケットは必ず着用しましょう。廉価品は劣悪で浮かないこともありますので、それなりのメーカーのものを選びましょう。インフレータブル式だと、雨の日や漕いだ時の水しぶきで誤作動する恐れがあるため、非膨張式、特にスノーケリング用のライフジャケットがおすすめです。

携帯の防水ケースは必須

携帯電話は沖で何かあった場合の通報手段になります。必ず防水ケースに入れて持ち歩きましょう、防水ケースとともにリーシュコード、もしくは首にぶら下げられるようにしておくことがベストです。

オールや大事なものにはリーシュコードを付けよう

考えてみれば当たり前…な意外な盲点、なのですが、オールや高額なものを持ち歩く際はリーシュコード(体や船体に巻き付けておくコード)を付けましょう。落水・転覆した際に命や船が助かっても、オールだけが海底に…となると、帰船する術がなくなり、即海保に通報になります。実際に「戻れなくなって」と通報してくる人は多いようです。

大きな船には近づかない

当たり前ですが、大きな船には近づかないようにしましょう。大きな船からは波に隠れて小さなカヤックやSUPが見えないことがあります。こちらはそのつもりで「よけてくれるだろう」ではなく、早めに退避することが重要です。また、小型船であっても、立てる波で転覆する可能性もあるため注意しましょう。

向こうに気付いてもらうために、安全旗などを取り付けているカヤック・SUPは多いです。(先ほどご紹介したチャレンジャーK2には取り付けられません)

何事も転覆前提に考えておくと安心

転覆、通報、とびっくりするようなことを書いてしまいましたが、あくまでも最悪のパターンを想定しての出来事です。

個人的な体験談なのですが、それまで順調に漕いでいたのに、浜で、いざ降りようとしたときにたまたま大きな波が来てひっくり返った…ということがあります。幸い、上記の装備を整えていたので、身体や道具はずぶぬれになりましたが、すべての電子機器は無事で、無くした道具もありませんでした。

自然相手のアクティビティで危険が付きまとうことは仕方のないことですが、ここで述べたようなことを十分注意していればかなり安全に遊ぶことができますので安心してください。

スポンサーリンク

カヤックをアレンジ

ロッド立てを付けよう

船上はもちろん立ち上がることができず、長いロッドが漕ぐときや仕掛け作成時などに邪魔になります。これを解消するために、ロッド立てを付けることをおすすめします。プラスチック製のカヤックや高額な専用カヤックであれば常備されていたり、下記リンクのようなものを取り付けることができます(実際はご自身のカヤックを見てご確認ください)。

先ほどご紹介した「チャレンジャーK2」の場合、そのような取り付けは残念ながらできません。しかし、塩化ビニルの配管を購入し、かごに取り付ければそれに近いものを作成することはできます。私は下記のようにしてロッドホルダーを自作しています。

塩ビとカゴとワイヤーを使って
ロッド立てを自作

穴が空いてしまうので、閂のようなもので固定することはできませんが、かごにクーラーボックスや仕掛けなどを入れて重みを付ければ安定感は抜群です。ホームセンターなどで低予算で揃えられるためおすすめです。

この後ちゃんとクーラーをかごに入れました(注釈(苦笑))

足漕ぎパドルやアウトリガーもある

プラスチックのカヤックなどでは、足漕ぎパドルを付けることができる船もあります。こうすると、足で漕ぎながら釣りをし続けることも可能になります。なんといっても腕の筋肉よりも足の筋肉の方が太くて丈夫なので、手で漕ぐより楽です。

また、アウトリガーというフロートを横に付けると安定感が増し、転覆防止になります。水面との摩擦が増えてしまうので漕ぐ力がより必要にはなりますが、転覆が心配な方はご検討ください。

スポンサーリンク

カヤック(SUP)フィッシングで釣果を上げるポイント

タックル

タックルは、いつも陸で使っているもので問題ありません。ただ、船上の取り回しが重要になるため、なるべく短いロッドが良いです。本格的にやることを考えていない限り、わざわざ買い直す必要はないと思いますが、それでも5m前後の磯竿を使用するのはご再考をおすすめします。

一度私も使用したことがありますが、5mもあると仕掛けの交換も取り込みも非常に大変でした。

ルアー

おすすめルアーは当然その釣り場によって異なりますが、基本はデイゲームで、魚影の濃い沖で釣るわけなので、バイブレーションやワームなど、アピール力強めのルアーを考えましょう。青物を狙いたい人はメタルジグなどもおすすめです。飛距離は重要ではないので操作性重視で。メタルジグなら20g前後のものでよいでしょう。おすすめは、付け替える手間をなくすことも考え、汎用性の高いコアマンのVJ-16。

シーバスから青物、マダイまで、幅広く狙えます。

釣り方

カヤック(SUP)フィッシングでは、基本的にナブラやボイル探しをしましょう。小魚を追って表層をバシャバシャやっているところを見つけたら、そこの十数メートル先にルアーを落とし、表層~中層を通します。青物の場合、アピール力強めにジャーキングするとよいですし、シーバスならタダ巻きの方が良いかもしれません。

反応ない場合は、ボトム~中層と探っていくとよいでしょう。特にマダイの場合、ボトム付近で上から弱って落ちてきたベイトを捕食するそうなので、ワームなどを着底させ、ふらふらと弱そうなリフト&フォールをすると食いついてくる可能性があります。

スポンサーリンク

安全を確保してカヤック・SUPを楽しんで

コロナウイルス蔓延の影響を受けて、釣り人口が増えていると言います。その中で、カヤックで手軽に出られる沖は釣り人最後のユートピアとも言えます。大げさかもしれませんが、カヤックを買っておけば沖堤防や乗合船のように高いお金もかからず何度でも出船することができるため、注目したいアクティビティです。

ライフジャケット着用など、策を行えばほぼ安全に楽しむことができます。安全を確保して、是非カヤック・SUPフィッシングを楽しんでください。

【関連記事】

コメント