長雨の日はボトムを狙うと釣れる!?東扇島西公園でのシーバス釣行

2021年8月は2週間前後雨が降り続くという梅雨もびっくりのとんでもない気候となりました。気温も数日間22度前後まで下がりました。

こうなると釣れなくなるのがシーバスです。

以前、真夏に雨が降ると釣れるという記事を書きましたが、あれは瞬間的な雨であってまさか10日以上降り続くなんてことは想定していません。

>>>>そのときの記事はこちら

それでも、こういう時はこういう時で釣る方法はあります!それをやりに、東扇島西公園へ行ってきました。

スポンサーリンク

選んだ釣り場

釣行先は東扇島西公園。釣れる魚種の豊富さや魚影が濃さとともに、混雑しては入れないことでも有名。

ですが、ここ1週間ずっと雨で、しかも平日。午前7時と比較的遅めに来ましたがスカスカでした。

>>>>東扇島西公園の詳しい情報はこちら

驚くべきは先端も開いていたこと。ありがたい。一番魚影が濃いと噂だからです。

先端からは川崎新堤の6番 赤灯台が見えます。

肉眼で見るともう少し近く感じる川崎新堤

>>>>西公園よりも魚影の濃い川崎新堤への行き方についてはコチラ

2021年8月の日本列島は、1~2週間連続の雨が続いていました。その影響で水温が4度以上低下し、赤潮もすっかり抜けて結構クリアな水。

以前、夏に雨が降ると水質が改善されてシーバスが爆釣する…!と言ったことがありましたが、もはやこれでは寒すぎて逆に全く釣れなくなるパターンです…。

>>>>雨が降ると爆釣する?その時の若洲海浜公園での釣行はこちら

スポンサーリンク

実釣開始

VJ-28で表層を適当にさらってみましたが反応なし。やはり、雨で水温が下がり、水温の安定している低層に逃げているのかも…。そのため中層~ボトムを中心に戦略を絞りました。

でも食わん。まあこういう日はもともと渋いのでそんな簡単にはいきませんね。

ところで、ボトムの狙い方って意外と難しくて、ルアーはすぐに浮いてきてしまうのでボトムをさらえてないことが多いのです。

有名な手法はプロシーバサーの小沼正弥氏(おぬまん)が推奨している三度底ですね▽▽

三度底とは、バイブレーションやワームなど、沈む系のルアーをボトムに落とし、2~3巻きしてボトムに落とし…というのを3回ほど繰り返す手法。

ですが、その後は普通にタダ巻きしてきてしまうので、これも手前側のボトムは探れない…。

三度底のイメージのイラスト
人とシーバスの比率おかしい

そこで、この手法をほぼ足元に来るまで試してみることにしました。

狙い通りヒット!

やり方は簡単。巻いてボトム…巻いてボトム…という3度底の手法を手前までやればいいだけ。

ボトムの探り方のイラスト
フックは書き忘れ

東扇島西公園は手前側に若干根やロストさせた仕掛けがあるので、手前側に来たときは根掛かりに注意が必要です。

しばらくするとガツン!ぐぐぐ~!と大きな引き!

おお!狙い通り!引きはすごいけど、重くはないな、と引き上げてみると…

KA☆SA☆GO!

この辺りはカサゴが良く釣れます。沖堤防でこれやっても釣れますよ。写真では20cm超えているように見えますが、ちゃんと測ると19cm。根魚なのでリリースです。

この調子で続けると手前近くでグ、グ、ガツン!と衝撃が走りものすごい勢いでラインが走りました。今度こそシーバス! 狙い通り!!

興奮しながら引き寄せると40㎝程の真っ黒なシーバス。

で、十分フッキングできていたし大丈夫だと思っていたんだけど…嫌な予感の通りタモ入れ直前にポロリ

・・・悔しいから全然関係ないシーバスの画像あげちゃおう

若洲のシーバス
雨の日の若洲で釣ったシーバス

とまあ、悔しい感じになりましたが、手前まで探るというのは雨で冷え切った日、冬の初めの寒いときなどでの探り方の引き出しの一つになります。

スポンサーリンク

ボトム狙いでの注意点

では、この方法、いつでもやればいいかというと、意外とそんなことはなくてデメリットもあります。

根掛かりリスク

一番はこれです。根が強いところなどでは相当に気を付けなければいけないし、磯でやるのはご法度です。

実際に、この日の釣行ではVJとジグヘッドスイマーがお釈迦になりました…。

>>>>ルアーロストを防ぐ方法はこちら

空いている時じゃないとできない

この釣りはブリブリルアーを引いて行く動きのある釣りではなく、落ちたら引いて、落ちたら引いて…と、シーバス釣りではゆっくりな釣りの部類に入ります。

そのため、意外とルアーも流されて、お隣さんとお祭りするトラブルがふえます

今回のように有名な釣り場では、平日で雨が降っているなど空いている場合でなければできません。

空いている場所・時間を狙ってやるようにしましょう。

スポンサーリンク

マゴチやヒラメも狙える

この方法はマゴチやヒラメなど、ボトムにいるフラットフィッシュを狙う方法の一つですので、ヒラメ釣りなどをしたことある人にとっては当たり前だったかもしれません。

ヒラメ

一方であまりボトムを狙わない青物やシーバスしか狙ったことのない初心者の方などは意外と思いつかない方法です。

単純な手法でテクニックといえば、ルアーがボトムに落ちる感覚をつかむだけ。ぜひこの日のようにシーバスがボトムに沈んでいるようなときに挑戦してみてください!