シーバスグッズ

スポンサーリンク
アジングエントリー

簡単!釣れた魚の締め方と持ち帰り方

釣れた魚を食べることは、釣りの楽しみの一つですが、釣れた後にバケツに水を張って生かしている人がいます。しかし、バケツで魚を生かしたままにするのは、鮮度を落とすばかりか、水質が悪化して魚が死にやすく、夏場などは危険です。 本記事では、...
シーバスグッズ

仕事帰りにシーバスが釣れるアブガルシアのパックロッド(モバイル)を使ってみた!(隅田川)

パックロッドとは、モバイルロッドとも言いますが、だいたい5~6本からなり、仕舞寸法50㎝~70㎝くらいの持ち運びができるロッド。私はアジングのモバイルは持ってても、シーバスは持ってませんでした。アジより重いシーバスを5本継ロッドで釣ること...
シーバスグッズ

シーバス釣りの「ライン」の選び方

ルアーとアングラーをつなぐ「ライン」。道糸とも呼ばれますが、釣果にかなり影響するタックルの一つです。 ラインは釣りものごとに材質と太さなどを変える必要があり、少し複雑です。今回はシーバスルアー釣りにおけるラインの選び方について、最初...
シーバスグッズ

シーバス釣りの「リール」の選び方

シーバス釣りでロッドとともに必要なタックルにリールがあります。 リールは多くの種類があり、LT2500S-XHなど、表示も複雑で迷いますよね。でもシーバス釣りに合わないものを買ってしまうと糸が巻ききれなかったりとトラブルにもなります...
アジンググッズ

釣り人の真冬の服装ってどんなもん?安くて暖かい服装を紹介

釣り場での真冬の格好はなかなかもっさりしてしまいます。デザイン性を極めれば逆に寒かったり、釣り場特有の汚れがついてしまうということもしばしば。 そこで、冬の関東圏で何度も凍える思いをしながら服装対策を考え抜いた私の立場から、「防寒性...
シーバスグッズ

軽い!性能はラテオ以上?シマノ「ディアルーナS90ML」を使ってみた感想【2020年12月】

先日、転倒してシーバスロッドを折ってしまいました。幸い、臨時収入があったため、それを利用しシーバスロッドを新調しました。 購入したのはシマノのディアルーナ。価格帯的には今大人気のダイワ「ラテオ」と同クラスの中価格帯ロッドになります。...
シーバスグッズ

初めてのシーバスのワームの使い方・選び方【2021年4月版】

「ルアー」というと、ミノーなどのハードルアーを思い浮かべがちですが、最近ではシリコンでできた「ワーム」の影響力が大きくなっています。 触感がリアルで、生き物のごとくリアルに動いてくれるワームは、ルアーの見切られやすいデイゲームや渋い...
シーバスグッズ

シーバス(スズキ)の締め方と持ち帰り方

シーバス釣りではリリースする人が多いですが、とってもおいしい魚なんですよ。「スズキ」は、脂ののった白身魚として、その刺身は絶品。他にもカルパッチョやムニエル、フライにしてもフワフワしておいしい魚です。 でも、魚を持ち...
シーバスグッズ

シーバスルアー釣りに必要なタックルと道具【2021年版】

シーバスルアー釣りに必要なタックルと道具を紹介します。「これだけあれば明日からできる!」基本的な仕掛け・道具を一覧にしました。 シーバスルアー仕掛けの必要予算 シーバスルアー釣りで最低限ほしい予算は、3~4万円です。ロッドやリ...
アジンググッズ

初めてでもわかる!釣り人のためのライフジャケットの選び方

ライフジャケット(フローティングベスト)は、安全のために必要なものです。しかし、ライフジャケットは高価で、かつ、種類も多いです。 しかし、価格だけみて安いものにすると、全く浮かない劣悪品を選んでしまうリスクがあるのです。でも、できれ...
シーバスグッズ

シーバスロッド「最初の1本」の選び方!エギングやジギングもできる

シーバス釣りに興味があるけど、シーバスロッドだけ買っちゃってほかの釣りができなくなるのは嫌。 そう考えている方。ご安心ください。シーバスロッドはソルト(海系)の釣りでは汎用性の高いロッドで、これ一本でシーバスだけでなく、エギング...
シーバスグッズ

2万円以下の低予算で揃える有名シーバスロッド6選!【2021年】

こんにちはすずきです! シーバスロッド、何を選んでいますか? 正直、自分に合ったものなら、初心者であるうちはそれなりのメーカーであればどれを選んでも失敗はありません。しかし、「相場観」「有名どころ」を知っていることで「選び方の軸」の...
アジンググッズ

シーバスのタモ網(ランディングネット)についてと選び方【2021年】

シーバス釣りにタモ網(ランディングネット)は必要? 部品がいっぱいあるけど何を揃えればよいの? 今回はそんな疑問にお答えします。タモ網は適当に選ぶといざというときに役に立たず、せっかく掛けたシーバスを取り逃がてしまうことがあります。...
スポンサーリンク