アジングのロッド、リール、ラインの選び方【2021年2月版】

アジングを始めたいけど、タックルはどうすればよいのか?

アジングは釣り初心者の方はもちろん、シーバスやブラックバスからの転向組の方もいらっしゃると思います。

そこで、今回はアジングの基本的なタックル(ロッド・リール・ライン)の紹介と、シーバス・ブラックバスからの代用タックルについても解説していきます。

スポンサーリンク

アジングロッドの選び方

ロッドの選び方/専用ロッドを選ぼう

アジングは、1g等、軽いワームの動きを感知し、それを繊細に動かすことが必要なため、他の釣りに比べ必然的にロッドは短く、柔らかくなります。そのため、ロッドはアジング専用のものを使用されることをおすすめします。

例えば、シーバス用ロッドはたとえ「L」であっても硬すぎて全く使い物になりません

太さも大違いです。

一方メバルを狙うメバリングロッドは代用可能です。というよりもほぼ同じものを使用しています。こだわらない限りメバリングとアジングは同時に行うことができます。

詳しい選び方に関しては、下記記事をご覧ください。

スポンサーリンク

リールの選び方

リールは「アジング専用」のものもありますが、専用じゃないと使えないということはありません

リールは「番手」といい、4ケタの数字がありますが、これがアジングに適した番号であれば何でも使うことができます。

アジングの規模ならば、番手は1000番~2500番特に、1000番がアジングで便利です。2500番ではいろいろ不便だけど「なんとかなる」という感覚だと思います。

番手以外にも選ぶ基準がありますが、詳しくは下記記事をご覧ください。

スポンサーリンク

ラインの選び方

アジングでは「エステルライン」を使用します。感度が非常によく、繊細なアタリを感知する必要のあるアジングに最適なのです。

ただ、初心者の方の場合、当サイトではフロロカーボンラインをおすすめします。

エステルラインはショックリーダーを直結する必要があるのですが、初心者が暗い中、細い糸同士を直結する作業は30分以上かかることもあります。風があればまず無理でしょう。

f:id:kairsss:20200319235608j:plain

そんな時間を無駄にするのであれば最初からフロロカーボンラインを使用する方が賢いです。

フロロカーボンラインの太さは通常1~2ポンドを使用しますが、扱いが難しいと感じた場合は3ポンドで練習してみるのもありでしょう。

初心者おすすめのフロロカーボンライン

おすすめはフロロマイスターです。

これはフロロを使うブラックバス釣り界では超有名なライン。ラインの耐久度など、その品質の高さはもちろん、リール2回分の長さ(320m)が巻かれて800円台という驚異のコスパ。

スポンサーリンク

コンパクトなアイテムが多く、気軽さがアジングの魅力の一つ

アジングはとにかくタックルがコンパクト。繊細ですが、シーズンによってはとても簡単に釣れることもあり、その気軽さがアジングの魅力の一つと言えます。

ご紹介した5つのタックル以外にも、バケツやナイフなど、周辺アイテムもコンパクトにすれば、仕事のカバンに潜ませて、仕事終わりにアジングをする、なんてことも夢ではありません。

コンパクトな道具をそろえ、気軽な釣行をお楽しみください。

コメント