アジングの始め方【道具の揃え方から釣り方まで】

アジングはアジをルアー(ワーム)で釣る方法です。エサもいらず、タックル全体が小さいので手軽にできます。ここでは、アジングについてと、まず初めに揃えるべきアジングタックルや、釣り方、釣れる場所などについて解説します。

スポンサーリンク

アジングとは

アジングは、アジをルアーで釣る方法です。アジはサビキ釣りなどで狙うのが一般的ですが、プランクトンやシラスなどを捕食するフィッシュイーターな側面もありますので、ルアーでも狙うことができます。

ルアーなので、アジの特性を理解して頭を使て狙わないと釣れませんが、サビキで入れ食いの時があるように、群れが回ってきているようなときは比較的簡単に釣れることもあり、シーバスのように1年間ボウズ…ということも少ないです。

ゲーム性があって楽しいけど、そこまで難しすぎるわけではないということです。

もちろん、深めればどこまでも追求できる釣りです。サビキでも釣れないのにアジングで釣れた!ということだってあります。間口が広く、奥も深いと言った印象ですね!

加えて、同じルアーで狙うシーバスやブラックバスと違ってロッドは1mほど短く、ルアーも軽いです。そのため、手軽に釣りに出かけられるので東京湾奥や仕事帰りなどの釣行もできる良さがあります。

ちなみに、メバルをルアーで狙う「メバリング」も、アジングとほぼ同じ要領でできます。

スポンサーリンク

アジングのタックル

アジングタックルについてはより詳しい記事もありますので、そちらをご覧ください。

ロッド

ロッドは、穂先の特性(チューブラー・ソリッド)と、長さ、軽さを基準に選びます。

ちなみに、ブラックバスロッドなどから転用しようと考える人もいますが、専用ロッドをおすすめします。なぜなら、2cm前後のルアーを細かく操作するためと、アジの繊細なアタリを感知するために、アジングロッドは短く、柔らかく作られているからです。

シーバスロッドとのティップの比較。細さは一目瞭然である

上の画像は私のかつてのシーバスロッド「ハンター」と今も現役のアジングロッド「月下美人」です。これからもわかるように、太さは段違い。2~3cmの小さなワームを操作し、10cm~20cmほどの小さなアジのアタリを感知するために、なるべく専用ロッドを使用しましょう。

大体、予算1万円くらいであればどれも間違いないと思います。長さは6フィートくらい。あまり長いと操作がしづらいので、最初の内は短めのロッドにすることをおすすめします。

できるだけ軽いロッドの方が疲れなくてオススメ。竿先の特性として「ソリッドチューブ」と「チューブラー」がありますが、初心者はソリッドのほうが操作がしやすくてよいと思います。

アジングロッド選定の注目ポイント
  • 長さ:初心者のうちは短めが○(6ft以内)
  • 穂先の特性:操作しやすいソリッドがおすすめ
  • 重さ:なるべく軽いものを選ぶ
  • 予算:5千円~1万円ほど(お好みで)

リール

リールは番手と、ギア比、軽さで見ます。

リールはロッドと違って専用にしないでも平気ですが、比較的小さくなりますので結局はアジング用にひとつ買うことになるかもしれません。ただ、下記リンクのようにバカみたいに高額なアジング専用リールでなくても大丈夫です。

ギア比はハンドル1回転で何mの糸を巻き取れるかを表します。ハイギア(ハンドル1巻きでの糸巻き量が多い)であれば、緩く巻くことでローギア同様のアクションを出せるので人気です。ただ、シーバスや青物のように100mの大遠投をすることなどは少ないため、あまり速く巻けるメリットは少ないように思うため、ローギアでも問題ないのではと思います。

ギア比について詳しくは下記記事をご覧ください(シーバス記事ですが、アジングでも参考になるはずです)。

番手はスプール(リールの糸を巻く部品)の大きさを表しています。数字が少ないほど軽くなって、ロッドの操作性が上がります。というか、2500など大きなものを使うと下糸を巻かなければならず不便なので、1000~1500番台のものをおすすめします。

サイズ的にはトラウトリールが転用できますが、そういうものは海水対応でない場合がほとんどで、場合によってはすぐさびて壊れてしまうことがありますのでご注意ください。

アジングリール選定の注目ポイント
  • 番手:1000~2000番
  • ギア比:ローギア・ハイギアどちらでも(ハイギアが人気)
  • 重さ:なるべく軽いものを選ぶ
  • 予算:5千円~1万円ほど(お好みで)

ライン

ライン(道糸)のは素材、太さで判断します。

素材は「フロロカーボンライン」か、「エステル」のどちらかを使用することが多いです。エステルラインのほうがアジの微細なアタリを感知でき、フロロは傷に強いと言った特性があります(他に、沈下速度などで違いがありますが、最初のころはあまり深く考えなくてよいです)。

エステルはスレに弱く、ショックリーダーと呼ばれるスレに強い糸(フロロカーボン)を直結しなければなりません。暗い中、大変細い糸同士を結ばなければならないため、大きなロスになります。直結に不安のある方はフロロカーボンのみにすることも一つの手です。

太さの単位は「号」と「ポンド」があります。1号=4ポンドくらいです。アジングは大体1~3ポンド(0.25号~0.75号)くらい。細ければ細いほど釣れますが、バックラッシュなどの「糸がらみ」トラブルも増えます。はじめのころは3ポンドくらいの太めで挑戦するのが良いかもしれません。

ライン選定の注目ポイント
  • 素材:エステルかフロロだが、リーダー結束に不安のある方はフロロ推奨
  • 太さ:1~3ポンド(0.25号~0.75号)最初は3ポンド推奨

アジングタックルについてはより詳しい記事もありますので、そちらをご覧ください。

ジグヘッド

ジグヘッドは重さを指標にします。慣れないうちは形は気にする必要はないです。ナイトゲームであれば0.8g~1.2g。軽いジグは飛びませんが、魚にはルアーだと見切られにくいメリットがあります。

初心者の場合、操作のしやすい1.2gなどを使用するとよいでしょう。オーナーから出ているアジ弾丸は標準的な形をしていて、ビギナーが使いやすいジグヘッドに思います。

慣れてくれば、0.6gや1.8などのあらゆる重さ、丸型ヘッドなどのあらゆる形のものを検討してみましょう。ルアーのアクションが変わって釣果に差が出てきます。

ジグヘッド選定の注目ポイント
  • 重さ:0.8g~1.2g
  • 形:弾丸型がおすすめ

ルアー(ワーム)

ワームは形で選びます。大きく分けてシャッドテールピンテールの二種類。尾びれがついている(シャッド)かいない(ピン)かの違いです。ハイシーズンなど活性が高いときはシャッドテールでアピールし、遠くのアジまで引き寄せます。冬など食いが渋いときはリアルさ重視のピンテールというのがセオリー。

カラーはクリアが無難。水が濁っているときは目立つチャート(黄色)のご用意を。

他にもプランくトンパターンに対応するエビ型のワームなど様々な形がありますが、ビギナーであればタダ巻きだけでも済む上記2つの形をまずは取りそろえておきましょう。

ワーム選定の注目ポイント
  • 形:ピンテールとシャッドテール
  • 色:クリア系とチャート系をメインにいろいろ揃える
  • 長さ:2cm~3cm
スポンサーリンク

アジングのできる場所・釣れるポイント

初心者は堤防や海釣り公園を

サビキ釣りの好対象魚であるアジは、堤防など足場の安定しているところからも簡単に釣ることができます。さらに、後述しますが都市の堤防は明暗がはっきりしているところが多く、ポイントが絞りやすいメリットがあります。

磯などでも釣ることができますが、夜は大変危険で、装備も変わってきますので、まずは気軽にできる堤防や海釣り公園を選びましょう。

明暗のハッキリしているところ

釣り場に付いたら、街灯や橋の照明が水面にあたっているようなところを選びましょう。光にアジのエサとなるプランクトンが集まっているからです。

明暗やストラクチャー

水流や海底の形状が変化しているところ

水流や海底に変化のあるところもポイントになります。

水流は水の変化をよく見て、流れが淀んでいたり乱れているところ。地形をみて、水の流れが緩くなっているところなどもポイントです。

例えばこういったところ

海底は根が深かったり大きな岩があったり、船道になっていてカケアガリになっているところなど。

海底の探り方は10gほどのオモリを投げて改定を探ったり、場所によってはインターネット検索などでも見つけることができます。

まとめ:アジングの成立しやすい「3変化」
  • 明暗の変化のあるところ
  • 水流の変化のあるところ
  • 海底の変化のあるところ

東京湾でアジングができる場所

東京湾はアジの魚影が大変濃いため、シーズン問わずアジングが可能です。それでも、おすすめの季節は秋。有名な場所としては若洲海浜公園や東扇島西公園、千葉では検見川浜突堤などが挙げられます。

東京湾の東京・神奈川サイドの詳しい情報は、下記記事もご覧ください。

スポンサーリンク

アジングのやり方の基本

ナイトゲームをメインとすべし

アジングはナイトゲームメインです。デイもできますが、明るい分、ルアーが見切られやすく難易度が高いです。都会ではハイシーズンの沖堤防などでないと初心者には難しいでしょう。

基本はゆっくりタダ巻きをする

ワームのアクションは、1秒間にリールのハンドル1回転以内の非常にゆっくりの巻き方にします。アジの捕食するプランクトンはそもそも泳ぎませんので、あまり速く巻くと見向きしてくれません

トゥイッチやワインドなど、変化をつけるやり方はあるのですが、慣れないうちはこのただ巻きを速度を変えず安定してできるようにすることが優先です。

レンジが大事

レンジ(アジが群れで泳いでいる層)が違うと食ってきません。ワームの形状などの前に、最も重要なのがレンジを合わせる作業です。

レンジを合わせるためには、しっかりとカウントすること。具体的には着水してからい~ち、に~、さ~んと数えることです。

あるレンジでは全く無反応だったのに、5秒深くするだけで爆釣した!ということも往々にしてあります。適当に投げているだけでなく、しっかりとカウントをとりましょう。

手に意識を集中し、軽く合わせる

ワームもラインも極小のアジングは、水中の微妙な変化などがわかりづらいです。そのため、常に手に意識を集中し、水流の変化やアジのアタリを見逃さないようにしましょう。

アジがヒットすると「コツン」という感覚があります。それを感じたら竿を少ししゃくる感じで軽く合わせましょう。

強く合わせすぎると口切れを起こし、バレてしまうため注意してください。

スポンサーリンク

仕事終わりなど空き時間も活用できます

アジングは手軽でルアー釣りの中では比較的簡単。ですがゲーム性もしっかりある面白いゲームです。

手軽でコンパクトな故に、仕事帰りなどに気軽に海に立ち寄って釣りをすることもできます。

そうした空き時間を活用し、腕を磨いてみてはいかがでしょうか。

素敵なアジングライフをお楽しみください。

コメント