初めてのアジングリールの選び方【2021年】

アジングを始めるにあたり、リール探しをしている方向けの記事です。

本記事では、アジングで使用するリールを選ぶための最低限の知識と、5千円台の低予算のリールをご紹介します。

こだわれば無限にこだわれる釣り具ですが、最初はちょっと気軽に始められるようなアジングリール探しのお手伝いをいたします。

スポンサーリンク

アジングリールの選び方の基本

リールは「番手」「ギア比」「軽さ」で選ぶ

リールは番手という糸を何m巻きとれるかを表す数字、ギア比というハンドル1回転での糸の巻き取り量、軽さの3つで選びます。

他にも、レバーブレーキの有無など、こだわりの点はありますが、初めて選ぶ方はこの3つだけ抑えておけばよいでしょう。

『番手』は1000~2500くらい

番手というのは、リールの糸を巻いておく部品(スプール)の大きさを独自の数字で表しています。規格が統一されていないのでメーカーによって若干差がありますが、番手が大きければ大きいほど、太い糸を長く巻き取ることができるようになります。

アジングは、1~3ポンドの糸を150m~200m巻くのが普通なので、対応する番手は1000番台です。ただ、下糸を巻けば、2500番台でも使えます。

2500番のシーバス用のハイギアリール

わからない場合は1~3ポンドの糸が150m巻けるやつ!と覚えておきましょう。

番手は「大は小を兼ねる」わけではないです。例えばアジング用の細い糸を4000番台の番手のリールに巻けば、スプールのふちに糸が引っかかってしまい、ラインブレイクの原因になります。アジングに合わせた番手を選ぶべきです。

ギア比:ハイギア・ローギアどちらでもあり

リールは「ハイギア」と「ローギア」があり、最近ではハイギアの上を行くエクストラハイギアなどもあります。リールの型番の横に「H」という記載があればハイギア(XHはエクストラハイギア)で、なければローギアです。

ハイギアはハンドル1回転で巻き取る量が多いリールです。ローギアが80cm前後/ハンドル1回転なのに対し、ハイギアは1m~1.2m/同と言われています。

メリットデメリット
ローギア巻き感がスムーズ
ゆっくりアクションが得意
巻き取りが遅く、手返しが悪い
ハイギア巻き取りが速く、手返しがよい
ダートなど激しい動きが得意
巻き感が重くなりがち
ゆっくりアクションが苦手

ローギアで速巻きは難しいですが、ハイギアでの遅巻きはハンドルをゆっくり回せばよいだけのため、最近はハイギアがブームですが、アジングではあまりダートをすることはなく、糸も何十メートルも飛ばすことは少ないため、最終的には好みですが、ローギアの方がオススメです。

軽ければ軽いほど◎

リールは軽い方が持っているときの疲労がたまりにくく、長時間釣りができるようになります。価格が上がれば上がるほど軽くなっていきますので、ご自身の予算感でお決めになってください。

他の釣りからの代用はできる?

リールはロッドと違って対応魚種で違いは少ないです。番手さえ合っていればトラウト用のリールやシーバス用のリールからの転向も可能です。

ただ、トラウトやブラックバスからの転向の場合、リールがソルト(海)対応かどうかは確認しましょう。淡水専用だと、サビなどの思わぬトラブルに見舞われるリスクがあります。

スポンサーリンク

5千円台で揃えるアジングリール3選

ここではアジングに使えるリールをご紹介します。5000円台で揃えられるエントリーモデルです。有名メーカーですのでこれを基準にご自身の状況や予算感に合わせてお選びください。

ご紹介するのは基本的に1000~2000番の番手でローギアをチョイスしていますが、リンク先でハイギアや他の番手を選択することもできます。

釣り具2大メーカーの一つ、ダイワのエントリーモデルのブランド名はレブロスです。ダイワのよいところはそのデザイン性ではないでしょうか。

私が長く愛用していたモデルです。機能も高価格帯リールとそん色なく、安心して使える無難なモデルです。

2大メーカーのもう一つのシマノ社の、ダイワ・レブロスと同じ価格帯のリールがこちら。

こちらも保有しているのですが、大手自転車メーカーのシマノ社だけあって、ベアリングの性能がよいのか、巻き心地はレブロスよりも良い気がします。

意外と「ハンドルの形状」がダイワよりしっくりくるんです。

2大メーカーとともに、リールメーカーでは超有名なのはアブガルシア。その中でもカーディアル2は5000円台の中価格帯リールとしておすすめです。

店頭に置いていないことが多く、意外と知らない人が多いのですが、シマノやダイワの同価格帯モデルと同様に使いやすい無難なモデルです。

番外編憧れのアジング専用リール

ダイワの有名なアジングロッドのモデルに「月下美人」があるのですが、その同シリーズのリールが本リンクのものです。

マグシールドという、ボディとローターの隙間に磁性を持つ液体の壁をつくることで、水や埃、異物の侵入をシャットアウトする、ダイワ独自の技術が施され、水や砂などが入ることによるサビ・スレによる故障が格段に減りますほぼメンテナンスの必要がなく、ダイワの高価格帯リールの特徴ですね。

何よりもデザインがロッドのそれと合わさっていてかっこいい。いつか手に入れたいリールです。

スポンサーリンク

アジングのリール選び・使用の注意点

安すぎるモデルは控えること

リールは多くの歯車やベアリングなどの「動く部品」の集合体です。そのため、安すぎる製品は故障が多く、「昨日使えたのに今日はハンドルが回らない」と言った事態も考えられます。

ファミリーでのサビキ釣りなどでは安リールでも問題ないですが、ルアー釣りはリールが最低限機能することが大前提の釣りです。

1000円台から売っているリールですが、なるべく5000円前後の価格帯から始めることを当サイトではおすすめしています。

メンテナンスをすること

リールは稼働する部品の多い製品のため、定期的なメンテナンスが肝心です。さぼると意外とハンドルが巻けなくなるなど、故障が多くなります。

★リールのメンテナンスの仕方★
  • 釣り場から帰ったらドラグをきつく締め、真水で洗い流す
  • 3~4回、もしくは1~2か月に一回油を刺す
  • 年に1回程度オーバーホール(分解して洗浄&消耗部品の交換)※お店に依頼する

オーバーホールは、通常は釣具屋に持ち込んでメーカーに発送するやり方で行います。個人でやると、大概元に戻せないので慣れてない方はやめましょう。

交換する部品やメーカーによっては1回5000円ほどかかることもあるため、そのくらいの価格帯のリールをご使用の方は行わないほうが良いかもしれません。

また、ご紹介した月下美人のようなマグシールド搭載のリールは注油厳禁です!ハンドルなど一部注油できますが、できる場所はメーカーや釣具屋の店員さんなどに必ず確認しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

ロッドやルアーと違って、番手さえ合っていればリールは何でも大丈夫です。あとはご自身のこだわり次第。

まずはご紹介したような標準モデルを使用し、慣れてみるとよいのではないでしょうか。