アジング/メバリングでの釣り方の基本

アジ

アジング・メバリングの釣り方の基本を解説します。シーバスなどから転向した人はその繊細さにびっくりすると思います。基本的にはほかのルアー釣りとやり方は同じですが、その繊細さゆえの違いや注意点を中心に解説いたします。

アジングのそろえるべき道具も含めた基本的な始め方についてはこちら。

スポンサーリンク

アジング・メバリングの時間帯

アジング・メバリングは基本的にナイトゲームに行います。

お台場水の広場公園

デイゲームでも釣ることはできますが、ルアーを見切られやすく、沖堤防など魚影の濃い場所でないと釣るのは難しいです。よくても、マズメ時の薄暗い時間帯が最初はおすすめです。

デイができなくてがっかりしている方、でも、ナイトゲームではタダ巻きでも簡易に釣れることが多いため、ビギナーの方も楽しめると思いますよ!

スポンサーリンク

アジング・メバリングできる場所

足場の良い都市の港湾がおすすめ

アジング・メバリングは磯でもできるそうです。私は未経験ですけど。だって、夜は暗いので、夜の磯とか真っ暗で足場も悪いし、なのに波が急に来たりするのでとても怖いんです。ビギナーの皆さんも、ナイトゲームが基本なので、最初は明るく、足元の整った港湾エリアをおすすめします。

また、後述しますが、アジング・メバリングは明暗部が最大の狙いどころなので、明るいところの多い都市部、特に東京湾奥部などは実はとてもよい釣りポイントになっています。

具体的な場所はこちら。

明暗部をメインに探る

釣り場に着いたらどのようなところから始めるか、ですが、アジング・メバリングに限らず、潮目やストラクチャーなど、変化のある所にルアーを入れてみる、というのはどの釣りでも同じです。

ただ、アジング・メバリングに関しては特に、明暗部をメインに探るのがよいです。なぜなら、明るいところはプランクトンが繁殖しやすく、それを食べるためにシラスやアジ・メバルそのものが集まってくるから。シーバスなども同じですが、見た目にもわかりやすいので、ビギナー向けのポイントチョイスと言えます。

雨上がりの豊洲ぐるり公園
例えばこういうところ。

明暗のはっきりする場所があったら、まず第一に場所を確保しましょう!

ラン&ガンが基本

とはいえ、明るい場所が釣れることは周知の事実。人気の釣り場ではすでに取られてしまっていることがあります。

それでも落胆しないでください。アジング・メバリングは基本的にはラン&ガンが基本。一か所に固まらず、何投かして釣れないなら、アジやメバルの回遊を待つのではなく、自分で魚を探しに行く姿勢が大事です!

メバル

明暗部がダメでも、アジやメバルは例えばボトムの根が強い(岩や海藻、ストラクチャーがある)ところ、潮目など様々な「変化」にも潜んでいます。

スポンサーリンク

キャストから回収まで

次からは、投げてから釣れるまでの一連の流れをレクチャー! とはいえ、基本的にはほかのルアー釣りと同じですので、なるべくアジング・メバリングで特に注意しなければいけない点を取り上げながら説明します。

「本当に初めてやる」という方向けに初歩から書きますよ!

投げたらカウントを取る

まず、投げたら投げっぱなしではなく、必ずルアー着水後、カウントを取りましょう。なぜなら、アジもメバルも、泳いでいる層(タナ)がその日によって細かく決まっているからです。

5秒沈めると急にヒットする!ということも普通にあります

「いーち、にー、さーん」と、カウントはリズムが一定であれば早さは問いません。ただ、早めのカウントにすると、細かくレンジが刻めるというちょっとしたコツはあります。リズムが崩れるので私は時計と同じ60カウントですけどね。

ルアーはただ投げているだけじゃもったいないしつまらないです。「今日はどの層に潜んでいるの?」と探りながらやりましょう。

基本はタダ巻きで1秒に1回転

アジング・メバリングでは基本的にはタダ巻きでOKです。ジャーキングやリフトアンドフォールというアクションもあります。例えば、寒い時期にプランクトンしか食べていないときはフォール中に食わすという技もあります。

でも、最初はタダ巻きを覚えましょう。特に小さいルアーなので、ルアーが泳いでいる感覚がわからない、という人は多いと思います(シーバス釣りをしている人などは特に)。そのため、まずはタダ巻きでルアーの動かし方や水流を感じることが最優先です。

アジ

合わせは「素早く、軽く」

アジやメバルがルアーを食ったらコン、というアタリがあります。このとき、合わせは素早く入れましょう。倒しているロッドを軽くしゃくるような感覚です。

コツは「素早く、軽く」です。合わせが遅いとバレる可能性がありますが、だからと言って激しく合わせてしまうと口切れといって、フックがアジの口を割いて外れてしまうことがあります。

細いラインのため、思い切り合わせすぎるとラインブレイクの危険があるという理由もあります。

そのような事態を防ぐために、合わせは素早くロッドをしゃくり、パワーはかけずに「軽く」がコツです。

スポンサーリンク

アジング・メバリングの留意点

「軽さ」に慣れよう

アジング・メバリングの特徴はとにかく糸が細く、ルアーが軽いことです。ですから、初めてやる人は「あれ?私投げた?」「あれ?ルアーどこ?」と、迷うことも多いでしょう。

まずはこの軽さに慣れることが大切。どうしてもわからない場合は最初の方は1.2gや1.5gくらいの重めのジグヘッドを使用するのも手。

軽いため、風の影響を受けやすいのも大きな特徴。風があるときなどは知らないうちに糸が絡まってしまっている…ということもあります。そうしたことにならないように手元にも気をつけましょう。

バックラッシュ
ガチでこうなります。

感度が命

対象魚のアジ・メバルは小さな魚です。活性の高いときはぽけ~っとしててもわかる元気なアタリがありますが、場合によっては集中していないと見逃してしまうこともあります。わずかなアタリを見逃さないために、常に気を抜かないことが必要です。

また、アタリのない時間帯でも、微妙な水流や塩分濃度の変化をルアーの巻き感の違いで感じ取ることも重要です。常に思考を停めず、集中しておくことが釣果を上げるキモです。

スポンサーリンク

思考を停めるな!

最後に言いましたが、アジング・メバリングは大変繊細な釣りであるゆえに常に考え、集中することが釣果を伸ばすコツです。

ただただ投げるだけでは飽きてきてしまいますので、常に仮説を立て、カウントを取り、水流とアタリを感じ取りましょう。これは他のルアー釣りにも活かすことのできるスキルです。

足元に気を付けて、皆様の爆釣を期待しています。